FC2ブログ

暢気眼鏡の日々

京都市在住のイラストレーター、ナカガワ暢の日記です。

mono66-ナカガワ暢・個展に次ぐ個展の案内-

umuowari.jpg


昨日で、花街上七軒での個展「梅と六人の女」、終了しました!
色々と気にかけてくださっていたみなさん。ありがとうございます!

延期になっていた個展の、急遽の開催。
ばたばたであったにもかかわらず
たくさんの人が観に来てくださって
本当に嬉しかったです。

天神さん(上七軒北野天満宮で毎月25日に開催する市)で
偶然意気投合して仲良くなった人。
バイト先の仲間。
FBで仲良し復活した人。
古本市で私の絵を気に入ってくれた人(お会いしたかったなあ)。
ライブでたまたま横に座ってた人。
ライブでいつもつるむお仲間。

ほかにもほんとうに色々な方が来てくださいました。
ナカガワ暢、感謝のきもちでいっぱいです!


present.jpg

■ ■ ■ ■ ■ ■

さて。
そして再び、個展の案内!!
余りにもたびたびなのでどうぞ無理せず
お時間ある方来てくださいね。

なんか。色々デジャブーします。
今朝寝ぼけて起きて
「あれ?個展終わったのに何で個展の準備してるんやろう」
とおもってしまいました。

mono66-2.jpg

mono66-1.jpg


----------------------------------------------------------
ナカガワ暢個展mono66
2013.6.18.tue→7.14.sun
PLACE:ギャラリーRICOさんhttp://www.machiya-rico.net/
〒603-8412
京都市北区紫竹大宮玄以一筋下ル東入ル下竹殿町41
TEL:075-493-9838
個展会期中定休日:毎週水曜日  営業時間:11時~18時
ナカガワは7/6除く毎週土曜に在廊します。
6.30.sun.15:00~ 堀博美(きのこライター)×ナカガワ暢TALKSHOW(要予約500円)
----------------------------------------------------------


全部新作とは行きませんが、なるべく新作を取り揃え、
なんと66作品、白黒世界の個展です。

今回は、難しいこと考えず(いつもアマリ考えてはおりませぬが)
ただ、ナカガワ暢の頭の中のガラクタをたのしんでもらおうという気持ちで
のびのび描いています。
なかなか展示する機会のない作品たちも一部だすつもりです。

ちなみに今回のフライヤーもそんな気分でのびのび描いた、片面はぜんぶ手書きの品。
ここに描かれたふたりのおばちゃんは
「わたしのなかに住むおばちゃんたち」
たとえば、私がお絵かきそっちのけでお菓子食べていたとしても
私が悪いんじゃなくて、このおばちゃんたちが悪いんです。
なあんて。妄想しながら描いた一枚。

そして。

今回は、私がほんとうに心から感謝して敬愛するキノコ界のカリスマ堀さんとのTALKSHOWをします。
また別にお知らせしますが,わたしも参加させて頂く
梅田・阪神百貨店での催し
「どきどきキノコフェスティバル」
http://www.hanshin-dept.jp/hshonten/special/kinoko1305/index.html/

に先駆けてトークショーしてもらえたらなあと
軽い気持ちでお願いしてみたら、じゃあ、ご一緒に、と言われまして。
ああそうか。私の個展だものね。と軽くそうしましょう!と答えて。

でも、ときにキノコ愛に暴走する堀女史と
基本、会話がちゃんとできない脱線野郎のナカガワ暢。

どうなるんだろう。とっても心配なのですが、
なんだかそこをむしろ見たがってくださる、ありがたい方?もうすでに何人かいらして。
きっと珍トークショーにはなると思うのでよかったら是非お越しください。
終わったころには座談会になってそうです(笑)

■ ■ ■ ■ ■ ■

最近私は、作業しながらよくラジオを聴きます。

絵を描いている間に変化していく音楽。
JAZZからクラシックに変わり、
アイドル曲から邦楽に変わり、
パンクから、童謡に変わり…。
あんまり私と趣向が違うと切ってしまいますけど、
大体そのままかけてたりします。

きのうかな。音楽ではないのですが、
山田航さんという若手の歌人の方が出ていました。
その世界観が、とっても素敵。
猫背で下手な絵を描き直し描き直ししながら
うっとり山田ワールドにひたっていました。

「僕らには未だ見えざる五つ目の季節が窓の向うに揺れる」

五つめの季節。
感じてみたいなあ。

  1. 2013/06/01(土) 14:42:04|
  2. お絵かきなのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

疲れたら憩(やす)むがよい,でもヤスミスギタラ駄目よ

nonki_o.jpg


「…―― 疲れたら憩(やす)むがよい、彼等もまた、遠くへはゆくまい ――
ロシアのある文学者が云ったというこの言葉を、彼は昔から好きだった。…」

尾崎一雄著 『暢気眼鏡』より

このことば、調べたところ、ツルゲーネフが云ったそうで、
引用しながら誰が言ったか調べない尾崎一雄さんは
やっぱり暢気な人やナアと思います。
この本は今はなき私のBOSS(マスターと呼んでます)の愛読書で、
「ナカガワ暢」の名前の由来のひとつでもあります。
そして私もこのことば結構すきなんです
(この小説自体はじつはそんなにすき!と言うわけでもないんですが…)。

で。
仕事&個展の準備で忙しい毎日。
気ばっかりあせったり、空回りも増えていた折、
出先でかかっていたTVドラマから
このツルゲーネフの名言が、流れてきました。
もうかれこれ5年ぶりのこのことばとの再会。
マスターがいうてくれてるんかな。
と、あったかいきもちになったのでした。


さて。
近況報告をしたいなあ。
と思いつつ、なんだか、いっぱいありすぎて。

なので、徒然なるままに。


4hands0512.jpg

昨夜は琵琶湖ホールまで私がパンフレットデザイン等お手伝いした
佐山雅弘さん×小島良喜さんのfourhandsコンサートにいってきました。
おふたりとも日本を代表するピアニストです。

ながーいフルコンサートピアノが舞台ど真ん中に2台。
そして、佐山雅弘さんはきりっとキメた正装。
小島良喜さんは、ん?部屋着?みたいなラフな服装。

そんなおふたりが対峙して座り、そして巻き起こる嵐。

時に笑いもあり、胸をつんざくバラードもあり、
ホント素晴らしいコンサート。
超絶技巧の奇跡のとき。満面の笑顔で演奏するふたり。
そして暗闇の中、満面の笑みでスケッチブックになにやら描くオンナ。
うーん。わたし、怖いなあ。
でも、おもわず、一緒に笑顔になってしまう気持ちのいいライブでした。

4hands.jpg

琵琶湖ホールに程近い
大津の素晴らしいホール奏美ホールの方たち(いつも応援してくださってるんです)とも
久しぶりに会えて、とてもうれしい一日でした。


★★★★★★

ちょっとさかのぼって、4/30には
神戸まで塩次伸二メモリアルライブへ。
私のわがままなおねがいも優しく受け止めてくれた
今は亡きブルースギターの巨匠塩次伸二さんの追悼ライブへいきました。

8823 田中晴之(g,vo)×山田晴三(b)×堀尾哲二(ds)×酒井ちふみ(v)
永井ホトケ隆(g,vo)

ベースマン山田晴三さんは、人柄と言い、その音楽性といい
私がだいすきなミュージシャンなのですが、ほかの方は、ほぼはじめて。
でも、すんごく楽しくってノリまくってしまいました。
最近jazz三昧でしたが、ブルースもええなあ。また行こう!!

実はこのライブに行くきっかけになったのは
「あきらめないオヤジたち」という、6/7にある
タイムマシンレコード企画のライブの会場でもあったから
(また後日詳細はアップしますね)。
なので、タイムマシンレコード代表五島氏と行ったわけですが、
五島さん、私より大興奮で
私の真横でなんと、ブルースを熱唱!
ころりとしたカラダ、ユッサユッサ揺らして
腹から声だして、私の真横で歌うわけです。
遠くにステージ、真横に座るヴォーカル(お客さんやけど)。
このシチュエーション、どないなっとんねん?!
8223jb.jpg

と、いいつつ、そんな五島氏に、私、大受けして、
パシャパシャ写真とってました(ご覧の通り、ぶれまくりですが…)。
こんなおもろい人と仕事できて、よかったよかった。

そんなこんなでなんだか、絵を描き、ライブに行く毎日。
ほかにもあんなことーこんなことーあったし、
もっといろいろ書きたいこともあるのだけれど
書き出したらきりがないのでまた、別の機会に(笑)

そうそう。
暢気眼鏡って、私小説なんですね。つまり、エッセイみたいなかんじなのですが、
このツルゲーネフのことばのあとを久しぶりに読みすすめていったら
尾崎さん、ヤスミスギタ!!シマッタ!と、強ーく後悔してはりました。
なんだか、たまには休めよ、と言ってもらったあとで
でも、休みすぎるなよ、と釘をさされたような、気持ちになってしまいました。

死して尚、おせっかいやなあ、マスター…。

  1. 2013/05/13(月) 15:22:15|
  2. お絵かきなのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

個展が始まりました。

umetoro2013.jpg

みなさん。こんにちは!
GWもあっという間に終わりましたね。
私はもっぱら家に引きこもってお絵かきでしたが…。

さて。
個展が4/29から無事始まりました。

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

ナカガワ暢個展「梅と六人の女/vol.5」
場所:北野天満宮東門前 上七軒・喫茶梅
営業時間:am7:30~pm3:00 日曜定休
4/29~5/31

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

そして。
早速、皆様に謝らなくてはならないことがあります。

上に載せたフライヤーの絵。
古本市会場にも置かせて頂き、
気に入って頂けた方も多かったのですが、
昨日、個展会場の喫茶梅にお越しくださったお客様が
買ってくださり、お嫁に行ってしまい、
会場で見れなくなってしまいました…。
本当はフライヤーに使った絵ですし
個展会期中は置いておくべきなのですが、
お買い上げくださることに舞い上がってしまい
「もって帰るね」と言われ、つい…。

この絵を楽しみに来られる方!
ほんとうにごめんなさい!
封筒付のこの絵のポストカードを
5/11土曜日より用意します。
「フライヤーの絵のポストカードください」
とお店で言ってくださればお渡ししますので
どうか、お許しください!

因みにもう1点、お嫁に行った絵があるのですが、
それは向かいの紅梅庵さん(とても美味しいです♪)に
飾って頂いています。
こちらはオモテからも見れますので、
是非梅さんお立ち寄りの際はあわせて見てやってください。
なるべく早く差し替えの新作を用意したいと奮闘中。
こんなときこそいい絵が生まれるかも!
常に変化する個展?!しております(笑)

喫茶梅さんでの5回目の個展。
上七軒というまちに可愛がってもらえて幸せデス。
花街の雰囲気も楽しみにいらしてくださいね。


最近、なんだかとっても忙しい、近況報告は
次回、お伝えできたらナと思います。

たとえばこんなフライヤー作ったり。
わたしもぜーんぶ、あきらめないぞ!

taiyahiro_0607-1.jpg


  1. 2013/05/09(木) 13:53:52|
  2. お絵かきなのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

個展のおしらせ

よくしゃべるひとでもお話が上手な人もいれば
ぺちゃくちゃたくさんおしゃべりする割に
要点がよくわからなくって結局なにがいいたかったん?
て人いますよね。
そんなひと、困りますよね。
でも私、ソンナヒトです。

なので
先に告知をしようと思います。

ようやく開催の運びとなりました。
ナカガワ暢 個展 梅と六人の女 其の⑤
4/29(月)~5/31(金)
am7:30~pm4:00
日曜定休
@上七軒・喫茶梅(北野天満宮東門前)
TEL075-463-3070
ナカガワは毎週土曜在廊しています。
タイトルに梅とありますが
なるべく季節を感じられるものをだそうと
今ヒッシノパッチで制作中。
お時間合う方是非お越しください。

ume_2.jpg

よし。
以上。告知おわり。

では。
だらだら駄文コーナーへと突入しましょう。
どうかお付き合いくださいな。


meganeamigasa.jpg

こないだの日曜日。
キノコの会@万博記念公園
へ参加してきました。
キノコはジメジメがだいすきなやつ。
だけどここ最近のいいお天気で
キノコウォッチングには悪条件な日だったんです。
でもはるばる万博公園に来て
キノコを見ずには帰れんワイと
みんな必死に下向いて道の端っこを
のろのろ前進。
はたから見るとカナリ怪しい団体だったと思います(笑)
幸い、キノコの達人のエスコートで
ちらりほらりとキノコたち発見。

amigasaz.jpg

ちょっとぴちぴち感?は足りないものの、
可愛いアミガサタケちゃんにテンションあがりまくりです。
地面にはいつくばってみんなで黄色い歓声をあげていました。

dokinkinoko.jpg

私のラッキーNOの「6」を掲げたどきんちゃんも猫背下向き歩きの道中で発見。
思わずキノコと一緒に記念撮影。
その後、キノコと見まがうクッキーどきんちゃんとも遭遇。

dokin2.jpg

どきんちゃんには無関心なキノコ人のなか、
わたしひとり、「また!また!どきんちゃんだよう!」
とどきんちゃんにまでテンション上がってパシャパシャ。

自然のなかを下向いてのろのろ歩く。
とても楽しく心癒されるひと時でした。


ベルシア

で。
京都に帰って大丸にて開催していた
ベニシアと仲間たち展へ。

素敵な生き方を実践されているベニシアさんに
感動しながら会場を進んでいくと
私の古くからの知り合いで
でも長くお会いしてなかった
マルティナさんという方が仲間として紹介されていました。

マルティナさんはとても素敵な編み物をされる方で
息子さんたちが私を描いてくれた絵は
ずっとわたしの部屋に飾っています。

マルティナさん懐かしいなあ。
あいたいなあ。
と思って会場を出ると…

なんとそこにマルティナさんがいはったのでした。

マルティナさん

お互いの近況を報告する中で
今、気仙沼で会社を作り
編み物で被災地の力になろうとしているとのこと。
驚くし、感動するし。
そこには気仙沼のスタッフの方もいて
「先週、気仙沼いきましたよー。」
「えー。」
「今度、宮城行くときは伺いますね」

またひとつ。
ふしぎな扉が現れたのでした。

マルティナさんのサイトはコチラ。
http://kfsatelier.co.jp/
上の写真にはその日買わせていただいた首巻。
青は気仙沼の海、緑は丘をイメージしているそうです。

こんな
とても素敵な日曜日。でした。
  1. 2013/04/17(水) 00:28:46|
  2. お絵かきなのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ハルはせっかち

CIMG3104.jpg


みなさーん!
もう、ハルですね。
分厚いコートは用済みです。

毎年思うことなのですが、
おハルさんてせっかちやと思います。
先月まで
梅はまだ咲かんなあ。
まだつぼみやなあ。
といっていたのに、
このたった一ヶ月で
梅はさっさと咲いて散って、
桃も咲いて散ろうとしてて、
今まさにサクラが待ってましたとばかりに
咲こうとしている。
そない、せっかちに咲いて散って咲いて散って
せんでもいいやん、
こっちは、三寒四温にひきまわされて、
ぼんやりしてる間に、
さっさと、ピンクリレーも終盤です。

と。
自分の暢気さを棚に上げて、ぼやいてみました。
ぼやきたくもなるんです。
当たっちゃったんです!
いいほうじゃなくて悪いほうの大当たりっ。

前回、珈琲中毒と豪語した後、
えらいことになりまして。
食あたりなのか、なんなのか、
理由がよくわからないのですが、
ただひたすら食べたものを戻してしまう
地獄に見舞われてしまったのです。
といっても地獄の苦しみは1日ほど、
2,3日で回復していき、でも今でも
大好きなコーヒーは一日1杯がやっと(飲むんかい!)
食いしん坊の私が人生においても珍しく、小食な日々です。
でも…。

CIMG3110.jpg

何とかごはんも食べれるようになって、大体回復したのが昨日3月25日。
北野天満宮の天神さんの日です。
ああ。せっかくだし、私が個展する予定の喫茶梅のお母さんの見舞いにも行きたいし、
よし。いくぞ。

で。
真っ先にいったのは
喫茶梅のお母さんの元!
ではなく、上七軒屈指の美味しいうどんや、ふた葉さん。
だって、ここのけいらんうどん(あんに溶いた卵が絡んで上にしょうががポテリ)
ほんまにおいしいんです。
うちのお腹のなかでふた葉のけいらんは
「おつかれ、暢!」とやさしくいってくれました。たぶん…。
相席になったすてきなマダムとずるずる、うどんをすすりながら、
たのしくおしゃべり。
「北野をどり、はじまったんやねえ」
「そうですねえ」
「何してはるかたなん?」
「イラストレーターです」
「○△×」「○△×」…
たべて、しゃべって、たべて、しゃべって。
相席もたのしいものです。

CIMG3083.jpg

そして、お腹も満たされたところで
いざ、梅のお母さんのところへ。

私の大好きな梅のお母さんは、
先月末、足の手術をしました。
http://nonkimegane66.blog.fc2.com/blog-entry-43.html
それはそれは痛かったそうで
見たくなかったのですが
傷跡も見せてもらい。
これは、痛いにちがいない…、
という、傷跡で、怖がりの私は身が縮む思いでした。
でもお母さんは、笑顔。
がんばってリハビリに励まれており、
今月末に退院するそうです。

CIMG3085.jpg


長くお世話になっているお母さんなので、
お母さんの都合に合わせた日にちに
延期になっている個展をしようと思っています。

楽しみにしていてくださった方。
ほんとうにごめんなさい。
今年は、かなり変則な喫茶梅での個展になってしまいました。
私も、どう絵を飾ることになるのかわからなくなってしまってます(笑)。
今年の梅さんの個展に関しましては
梅のお母さんの足を一番大事にこじんまりさせていただこうかな、と考えています。
会期中はなるべく、ヘルプでウエイトレスもするつもり!
詳細決まり次第、アップしますが、
その折は無理せず、お近くお寄りの際にお越しくださいね。

CIMG3093.jpg


また、
6月中旬頃、私の昔ながらの仲良しギャラリーRICOさんでの個展が決まりました。
こちらは、私の周りを巻き込んでオモシロくしようと悪巧みしております。
こちらも、詳細固まり次第アップしますのでお楽しみに!

ギャラリーrico
http://www.machiya-rico.net/

P1000816.jpg







  1. 2013/03/26(火) 17:05:18|
  2. お絵かきなのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ