FC2ブログ

暢気眼鏡の日々

京都市在住のイラストレーター、ナカガワ暢の日記です。

9係とイタリアと。

P6110446.jpg


変わりゆくこと。
変わらないこと。

鏡みてたら髪の中に白いものがちらり。

うーん。そうよねえ。
と変わりゆく自分を見つめて。
よくみたら、それは、なぜか髪の毛一本に
塗られた白絵の具で。
変わらない自分を感じました。

高校時代。
鼻の頭に朱色の絵の具つけてて
注意されたことあったなあ。

いつどうやったら絵の具つくのやら(笑)。

さて。
たのしかったのしかった9係もあさってが最終回。

実は今月頭に9係打ち上げに参加してきました。

一生の宝物9話「闇のクロニクル」回の田村監督にお礼を言ったり。
FBでもお友達の新村監督にうれしい言葉をかけていただいたり。
音楽監督吉川監督とがっつりビール飲んだり。
明後日の回の六郎監督には(なんていい名前!)「絵が安定してきたね~」なんて言っていただいたり。
毎年おなじみの脚本家皆さんとたくさんお話もしたり(みんなとっても熱くて面白くてやさしいかたなの!!!)。
今年は特に、クロニクル脚本家岡崎さんと♪

こんな素晴らしい縁を作ってくださった金丸プロデューサーの
いつも以上の笑顔が見れたり。

キャストの皆さんの素晴らしいスピーチに泣いたり笑ったり。

少しずつ少しずつ。9係メンバーとして自然になじんできた自分が
何よりうれしく、ありがちな言葉やけど夢のようなひとときでした。

で。

憧れの吹越さん、意外と一緒に撮った写真がほとんどない金丸さんと写真撮ったりもしました。

P6020007.jpg

吹越さんのファンちゅう私のために
マネージャーさんが撮って下さったの。

そのいきな計らいに喜びすぎてとっさに出てきた私の言葉。

そんなそんな、緊張しすぎて、鼻血でますやん、ゲロ吐きますやん。

ああ、だからさ。
言葉えらぼーよ、私。
感動の表現がお下劣すぎ。くう。

すんません。
あまりの感動の瞬間、
私はいってはいけないことをいってしまうようです。猛省。
(金丸さんのおかげでかろうじて感激鼻血と感激ゲロは防げました)

そんな、自分に対して大きな反省はあれども、
うれしい!うれしい!うれしいです!
マネージャーのKさん!あいがとです!めっちゃ感謝してます!
もー。吹越さんにメロメロしていた高校時代の自分にみせてやりたい。
(ぜったい信じない気がするけど 笑)

そして実はこの写真、もう一人素敵なひとが混じってたりします。

P6020007_2.jpg

めがね仲間の新貝文則さんです。
原 沙知絵さん演じる真澄の助手のかたです。
http://ameblo.jp/sinkai-sinkai/entry-12162366042.html

ちょくちょくと私のこともブログにあげてくださり、とってもうれしくありがたくおもっています。
ありがとうございます!!!

いよいよの最終話。

いまからとってもたのしみです!

と。
はしゃいでいて。

言い落としていたこといろいろ…。

■6/24~26
イタリアの小さいけれど温泉で有名な町、サンジェミニでの
日本とイタリア通商150年のイベントに参加してきます。

2_201606131149295fa.jpg

向こうで絵を展示したり、その場で舞妓さんを描いたりしようと思います。

身内にはけっこうイタリア行きは自慢していて(だってうれしいんやもん)
サンジェミニってどんな町?ときかれることがよくあり、
でも私もよく知らないので、
たぶんな、日本の熱海みたいなとこちゃう?
なんて答えております。

ほんまかいな。

帰ったらまたご報告しますね。

こんなご縁を下さったのは
日本とイタリアを行き来しているオペラ歌手倉原佳子さん。
https://soundcloud.com/kuraharayoshiko

その伸びやかな歌声は
聴いてる人を包み込むような、やさしさ、強さ…。
言葉で言うのも野暮なので是非上記のURLで聴いてみてください。
その歌声はもちろんのこと、ひととなりもキュートでやさしくて、だいすきなひとです。

そんな佳子さんとひょんなことから一緒にラーメン食べに行ったとき。
いろんな表現をされる方をつれてイタリア行くという話から
いつのまにか佳子さんに「ついていきます」と。
言ってました(笑)
ラーメンが私とイタリアを結んでくれたわけです。
ラーメンありがとう?!

ま、武者修行のような。
単なるお気楽旅行のような。

今のところ暢気に構えています。

向こうで展示するものは、イタリアの方が喜ぶような、
舞妓ちゃんや着物姿美人!と思ってました。

でも、ある方から「それ、なんかベタすぎひん?」
と言われギクリ。

「もっと暢のいろんな画風持っていったらええやん」
と言われ納得。

人の意見は素直に聞こうと(単に流されやすい?!)
いまはいろんな絵をがさごそ検討しています。

illust2_20160613120240ebe.jpg

現地では私のこの絵のTシャツとも会えるみたい。
この絵のような賑わいになるといいな。


■6/21~6/26

13230225_1195551903788670_2022525831204456708_n.jpg

567扇子展【 白南風 -shiro hae- 】
時間:11時~18時半
会場:アートステージ567
京都市中京区夷川通烏丸西入巴町92
参加作家
 畦地 拓海
 小野村 勇人
 国栖 晶子
 立花 沙知
 ナカガワ暢
 横山 さよ子
 大角 拓央(企画運営)

私のイタリア行とがっつり重なってしまい、
初日の夕刻(15時~18時すぎ)しか在廊できませんが
たくさん面白い絵を描いたと思うので
是非観に来てくださいね。

たとえばこんなにゃんこちゃん。

13407235_805256922943194_7706834084218334138_n.jpg

■ オマケ

そんなわけで?!
はじめてスーツケースなるものを買いました。
サイズは吹越さん演じる青柳が入るサイズ!とおもってましたが
http://www.tv-asahi.co.jp/9gakari_10/contents/story/0009/

青柳はいるサイズは高くて手が出せませんでした…涙。

私も晴れてあのゴロゴロ…ちょっと低音で…耳にのこる感じ…ができると思うとちょっとうれしいのでした。
わかります?ほら、あの、スーツケースのゴロゴロ~って音。
あの音、ちょっとならしてみたかったんです。
…時代に遅れてそうやな、私。

  1. 2016/06/13(月) 12:35:03|
  2. 警視庁捜査一課9係なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

闇のクロニクル③

Cjwa48_VAAAn-xs.jpg

みなさま、9係9話。
ご覧いただけましたでしょうか。
ご覧いただけてないかた、
最近はテレ朝サイトから有料ですが見れるようですのでえ
下記ネタバレ含むのでえ
是非ともご覧になってからお読みくださいまし(笑)。
http://www.tv-asahi.co.jp/douga/9gakari_11

そう。
前のブログで告知しましたように、
私、9話で出てくる劇中漫画(バンパイアもの)&アニメの作画をさせていただき、
さらには、エキストラ出演させていただきました。

P5110314.jpg


私の作画、私自身ともに想像を越えて出ちゃってまして、
嬉しいやら恐縮やら衝撃やら、でもやっぱり嬉しいやらで
興奮さめあらぬ感じで今、ブログ書いています。


暢気にエキストラ出演までさせていただいたわけですがメンバーがまた最高でした。
9係公式Twitterでも上げてくださったとおり
(私をドラマの世界にいざなってくれた)プロデューサー金丸さん。
この台本を書かれた脚本家岡崎さん。
そして私の3人でカメオ出演。
設定はコスプレパーティー。
金丸さんはシルクハットが似合いすぎ。
撮影終わったらそのままふわりと宙に浮いて
「じゃ、打合せなんでッ」とか言って普通に飛んでいきそう。
岡崎さんは、シルエットが美しいシンプルで上品な赤いドレス。
あまりに素敵で、大人の女になりたくばせめて一着はドレスを持とうと私、思ったほどです。

この二人はカメラをむけられても堂々としたもので
軽く役作りまでして話してはって。
私は緊張で喉カラカラ、小道具のジュース、ノミタイとか思いつつ相づち打つので精一杯。
殺人現場を目撃したシーンでも
私は顔がにやけそうで必死にあたまんなかでお経を唱えてこらえたり。
オンエアを見たらお経をいかにも唱えてそうな顔をしてましたわな。トホホ。

P5110311.jpg


撮影中、殺人犯さんが実は別サスペンスの打ち上げでお会いした役者さんで、
すんごく丁重にご挨拶してくださり。
殺された漫画家のゴースト絵描きとしてはやや複雑な気持ちになったり
(嘘!まいど豊さん最高!因みにわがチチも名前は豊っ!)。
書き出せばきりがないほどに楽しい撮影で、
当然、オンエアへのワクワク感は高まるばかりで。

オンエア日の6/1。身内を集めて、9係9話鑑賞会をすることにしました。

P5110318.jpg

せっかくだからドレスコードは「黒」。
事前に6名の容疑者の詳細をメールでお送りし
見事当てた人には9係瓦せんべいプレゼント。
コスプレパーティーにてメイクさんから
分けてもらったタトゥーシールをみんなに貼ってもらって。
色々私なりに会が盛り上がるようにと工夫?してみたりしました。

P60103262.jpg


↑タトゥーといえば総合格闘技団体・修斗元フライ級世界チャンピオン生駒純司さんには
おでこに流血タトゥーシールをつけてほしかったんですが、
試合でナンボでも流しましたやんッと却下されて鼻の頭に闇クロしたはりました。チッ。
…せやからおもろいんやん…
(鑑賞前の、ポン酒チャンプ)

知り合いの部屋のテレビを囲んで10人ほどの鑑賞会。
昔昔テレビがあまり普及されていない時代は
テレビのある家に皆が集まって力道山の試合とか見たりしたとかいいますよね。
そんな感じのシチュエーションになってました(笑)

P6010329.jpg

私の絵が出る度。私が出る度。
みんな凄く喜んでくれて。私はキャアキャア暴れ。
犯人探しもみんな予想以上に真剣。
いちばんみんなが怪しんだのは衆議院議員柘植葉子。
犯人でないとわかるとエエッ誰なのよお~。
ひょっとしたら編集者?えっ、ちがうの~。私ニヤニヤ。

ラストのテロップに私のクレジットが出ると
みんな自分のことのように喜んで下さり。
もう本当に楽しいひとときでした。

P6010332.jpg

鑑賞会の解散前にみんなで記念撮影。
殺害現場に居合わせたらこんな顔をする、
というお題を出して記念撮影。
リアルなひと、おおげさなひと、むしろ犯人なひと、そんなん関係ないひと。
それぞれに面白い、大好きな一枚が撮れました。

そしてオンエア見ている間もメールがひっきりなし。

こんな不思議で素敵な機会をくださった金丸さん、
田村孝蔵監督を始め9係の皆さん、
一緒に見てくれた皆さん、沢山見たよ!メールをくれた皆さん…。

ありがとうございます。

まだなんだか夢心地ですが、
絵を描いていくなかでまたきっと楽しいことに出逢えたらいいな、きっと出逢えるよね、
もっと色々絵を描きたいな、とかとか改めて思う私なのでした。

警視庁捜査一課9係残りあと2話。
是非ご覧くださいね。

P5110319.jpg

素晴らしい現場、素晴らしいドラマ、ですよ。
  1. 2016/06/04(土) 17:25:34|
  2. 警視庁捜査一課9係なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

闇のクロニクル②

さて。

実はわたし、明日の9係。
漫画家が殺されるという話。
漫画家さんの絵を描かせていただいてる上にエキストラ出演しています。
といっても私は死にませんよ。あくまでエキストラです。
ごく親しい人にはエキストラ出演のこといってたりしたんやけど
そうすると。
私の説明が下手なんだろうな、え、のんチャン死ぬの!
とよく言われます。笑顔で。

Cjwa48_VAAAn-xs.jpg

あああ。うおおおおお。
それだけですんごくうれしいのにさらに、
9係公式twitterにのせてもらいました。
https://twitter.com/5drama9gakari/status/737494016715980800/photo/1

P5110320.jpg

エキストラ、ナカガワ暢♪
みつけられるかな?

明日は仲良しの皆さんに集まってもらい、
みんなでわいわいオンエア見ることにしました。
仲良しのおうちで見るので
部屋の大きさの都合上
お誘いできなかったかた、ごめんなさい。

お付き合いくださる皆さん。
ありがとうございます!

わーい。たのしみだなあ。

アットホームな9係なのであります。

  1. 2016/05/31(火) 16:10:23|
  2. 警視庁捜査一課9係なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

闇のクロニクル①

ウパッパウパウパウパ…

頭をぐるぐる回るメロディ。
池野恋さん原作アニメ『ときめきトゥナイト』主題歌が
頭を回っています。

大好きだったんですよねえ。
って共感してくださる方がどれだけいることか…

ヴァンパイアである主人公蘭世の恋物語。
相手役真壁君のかっこいいこと。
思い出すとちょっと恥ずかしいくらい、
はまって、夢中になって、胸キュン(このことばは古いのか)して。
とうに忘れていた感覚がよみがえり。
あー、私も人並みにこういうのにはまったことあるんやなあと
懐かしく思い出していました。

illust2.jpg

というのも実は、警視庁捜査一課9係9話で起こる事件にかかわる
ヴァンパイア漫画「闇のクロニクル」の作画をさせていただいたんです。

9係twitter

漫画内登場人物の服の色指定がすべて黒。
ただひたすら、黒。さすが、「闇の黒にくる」とつっこむ。
それぞれのキャラクターデザインづくり。
慣れない作画戦争(笑)
秋里和国さんの漫画etcを見たりして参考にしつつ
ひいひいいってなんとかかきあげ、
改めて漫画家さんのすごさ、偉大さを実感しました。
自分の未熟さも痛感しました。トホッ。

本当にいい経験をした。

もともとやっぱり絵を見るのが好きなんで
わたしごのみな絵をかかれる漫画家さんの漫画しか
手元にないんですが、
あらためて、ね。

その描写の豊かさというか。
端的さというか。
細やかさというか。
うなるほどに。感動しました。

そういえば、このおもいを
知り合いの漫画家さんにメールしたら
「ウケる」とかえってきました。

ウケていただけてよかった。

のか?

いろいろ未熟な私ですが、
9係という大舞台で
漫画家デビュー?できてよかったです!

ともあれ、自分の絵を
違う視点から見ることができ。
ちょっと成長したような気がします。

私の中に新しい視点が芽吹いたような。
そんなきっかけを作ってくださったお仕事でした。

といいましても9話は6/1放送。

まずは8話5/25放送です。

8話もとっても面白そう。

ショッピングセンターで事件は起こり、
9係のそれぞれのメンバーが
ショッピングセンターで捜査を進めていく一日、という、
なんだか映画のようなストーリー展開です。
こちらも少し撮影見学させていただいたのですが
ロケーションがまた最高。

いまからこちらもオンエアがたのしみ!

さあ、9係!
これからもお楽しみに~♪

追伸
ときめきトゥナイトのエンディング曲、
主人公蘭世がなぜか裸にマントで踊っていて
今見るとなんだかとっても刺激的。
  1. 2016/05/20(金) 09:40:16|
  2. 警視庁捜査一課9係なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

お江戸でござる

1_20160513185146e38.jpg


チラッとお江戸行ってきました。

新幹線で隣に座った細身のお兄さん。

幕の内弁当と冷麺同時に飲むように食べ汁も飲む。
クレープでなんか包んだコンビニデザートも食べる。
で、まだなお、鱒オニギリ食べてはって。
生で大食い選手権を見たような気分になりました。

すごい人がいたものだ。

2_201605131851461f2.jpg


毎年恒例、警視庁捜査一課9係撮影見学にいきました。

毎度同じこと書いてるかもしれないけれど。

ものすごいスピードでシーンがとられていく姿は
本当にすごい。
たくさんのスタッフ、機材で、さくさく撮っていく。
すんごい連携プレーです。
いいものを作ろうという気迫に溢れている。

キャストの皆さんもまるでジャズセッションのごとく
場面に応じて阿吽の呼吸でシーンを面白くつくっていく。
でも必死という雰囲気でもなく。

かっこいいな~。
しびれるな~。

とホシヒューマのお姉さん(あくまで自分の中での感覚…)のごとく、
うっとり感心しながら看板の裏に隠れて撮影見学をしていたんです。
ロケだったのでスタッフの方ならともかくも
私は特に、通行する方の邪魔になったらあかんとおもって。

したら青柳刑事役・吹越満さんに声を掛けられました。

!!

看板の裏?笑 みたいな事を言われて
とっさに「看板娘です…」と答えたところ
監督に呼ばれて颯爽と私の前から消えた吹越さん。

ああ…

…娘って…。

そして看板娘って実はそのちょっと前にメイクの方に言われたことばをパクってたりするし。

ドラゴンボールがいま、7個あれば言ったことをなしにしたいなあ。とそのときおもいました。
というのは冗談ですが。

そう。
待ち時間の羽田さん津田さんとも少しお話をさせてもらえて。

デレデレ。

6話にでてくる超能力者のお姉さんの役者さん。
かなり個性的な感じのあの役者さんを羽田さん、なんと。
「のんさん?!」とおもわれたそうです。
あの面白い感じなら私…。演じられるかもしれない…。
ナカガワ暢をわかってらっしゃる(笑)

scan_0001.jpg

そんないろんな楽しい出来事のこれは一部。

また後日書くのでつきあってやってください。

そんな楽しかった東京から今は帰り
京都でお絵かき。

言い忘れてはいけないのが!

東京駅テレ朝ショップではなんとこんなものが売ってました。

うれしいな~。
3_20160513185149f88.jpg

4_20160513185144e5e.jpg

ニヤニヤ歓喜しながら見ていたら隣の方が
おみやげにしよーっと買っていってくれて。

私が描いたんです!

と話しかけたい衝動を抑え、
ただひたすら満面の笑みでその人たちを見ていた私は
さぞかしきもちわるかったろうな。

私信→東京ではTさん、晩御飯ありがとうございました!

■ ■ ■ ■ ■ ■ 

そうそう。今月のMeetsにも私の絵がチラッと出てますので
こちらもチェックくださいね。

1_20160513184822dda.jpg

焼肉上等!
なんがいこと焼肉食べてへんなあ。



  1. 2016/05/13(金) 19:28:28|
  2. 警視庁捜査一課9係なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ