FC2ブログ

暢気眼鏡の日々

京都市在住のイラストレーター、ナカガワ暢の日記です。

平原誠之さん「くまたんの恋」

くまたんは、とうとう決心した。
勇気を出して、お花を持って、くまさんに声を掛ける事にした。
…しかし、いざくまさんを目の前にすると、何を喋っていいかわからなくなり、頭は真っ白。
取りあえずベンチに座れたものの、長い沈黙が続き、ふたりとも、ぎくしゃく、
くまたんはあまりの緊張に、心臓がもう止まりそうになった。
平原誠之さんCD「くまたんの恋」より

20140427_1.jpg


昨日、京都・青山音楽記念館バロックザールで催された
ピアニスト平原誠之さんのオリジナルコンサートを聴きに行ってきました。
ハナミズキが綺麗に咲いてたなあ。

20140427_5.jpg


以前のブログでもちらっと書きましたが
わたしは平原さんのCD「くまたんの恋」をいっしょに作らせていただきました。
このCDのブックレットは「くまたんの恋」という平原さん作、私が絵の、本になっています。
冒頭の文章はその解説文の一部です。

平原さんのなかでだいじにだいじにそだてられた、「くまたん」そしてその物語。
形にするために、平原さんと何十回ものやりとりをして、
生まれ出た、わたしとしても、本当に思い出深い、「くまたん」です。
やりとりのなかで、平原さんは常に私への気配りもしてくださり、
だからこそ、わたしも、たくさんのやり取りのなかでも、
とてもここちよく描くことができました。

さて。

久しぶりに聞く、平原さんの音楽。

ほんとうによかった。

平原さんのピアノの音は、たった一音だけで、もう、ひきこまれます。
私たちの心の奥に隠している
「想い」に、語りかけてきます。

日常に追われ、いつもは気恥ずかしすぎて、
目を向けていない、そんな、
純粋すぎて、もろい、想いに、平原さんの音楽が
すっと浸透していくのです。

20140427_4.jpg

そして。
わたしは個人的にはやっぱり
「くまたんの恋」
の演奏にぐっときました。
だって、CD作成時、
平原さんの見ている光をみたいと
繰り返し繰り返し聴いた曲ですしね。

そんな、強さとやさしさにあふれた
音楽のシャワーでさっぱりして、
幸せいっぱいな私にさらなる喜び。

なんと。
絵本から飛び出してきてくれた
「くまたん」フィギュアとの夢のご対面!!
平原さんの魅力で
名古屋のかたがつくってくださったそうな。

20140427_3.jpg

私は、くまたんにあえて幸せ。ホント幸せ。
もう。くまたんにメロメロ。です。メロメロ!
そんな私を横にくまたんの汗は、どちらかというとびびっているように…?!


公演後でいろいろな方とお話をされてる平原さんにもわがままを言って
一緒に撮って貰いました。
うん。こっちのほうがくまたんがリラックスしてる気がする…。

20140427_7.jpg

すばらしい演奏はもちろんのこと、人柄もあって、
会うたびに、平原さんワールドは、大きく、豊かになっていて。

すごいなあ。

いい刺激をもらえました。

皆さんもぜひ。
ライブ、コンサート。足をお運びくださいね。

平原誠之さんwebサイト


1459951_1411592742407895_2037695426_n.png







スポンサーサイト



  1. 2014/04/27(日) 10:48:13|
  2. ライブなのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<春の古書大即売会@みやこめっせ | ホーム | KBSラジオ桂塩鯛さんのサークルタウン、いってきましたデ!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nonkimegane66.blog.fc2.com/tb.php/90-5f781bc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)