FC2ブログ

暢気眼鏡の日々

京都市在住のイラストレーター、ナカガワ暢の日記です。

下鴨納涼古本まつり2012

huruhon1.jpg

暑い日が続きますが、みなさん、おげんきですか?
わたしはすっかり干からびております。


私がとってもお世話になっている
京都古書研究会さんの夏の古本まつりのおしらせ。

第25回下鴨納涼古本まつり」
  開催日 :2012年8月11日から16日
  場 所 :下鴨神社糺の森
       〒606-0807 京都府京都市左京区下鴨泉川町59
  営業時間:10時~17時30分(最終日16日は16時にて閉場)


京都古書研究会さんは
春はみやこめっせ、夏は下鴨糺の森、秋は百萬遍知恩寺にて
年に3回、とってもおおきな古本まつりを毎年開催しています。
それぞれナントも言えない良さがあるのですが、
今回は下鴨糺の森の夏の古本まつり。

私は絵描きだけやなくてお手伝いスタッフとしても去年から
参加させていただいたりしています(何でも屋ナカガワ暢)。

下鴨神社糺の森という世界文化遺産に毎年、白昼夢の如く現れる古本市。
その本の総数たるや、八十万冊!ひえー。
たくさんのテントのなかでキャラの濃い、
古本と古本屋さんと古本を求めやってくるお客さん。
ノスタルジックで、ファンタジーで、なんか超コアで、
まあ、つまり、とてもおもろい空間で、
そのなかで働かせていただくのもとっても楽しいのです。

去年、この古本市でわたしは
三密堂書店さんという、易書関係を特に揃える、
でもいろいろな本をとりあつかってはる
すてきな古本屋さんの店番をしておりました。
「豪華本コーナーは特に気をつけてみといてね」
と店主さんに言われ、私は豪華本コーナーに目を光らせながら
店番をしておったのでした。
と、そこに現れる、二人組さん。
豪華本コーナーでなにやらごそごそ。
む?2時間以上もごそごそ。むむ?
これはもしや?二人組ということは片方に目がいってるうちに片方が…?
そんな場面、読んだぞ…。むっむむ!
私はいよいよ目を光らせ、
自分の存在を無駄にアピールしておりました(なんて失礼…)。

と。3時間すぎてしばらく。
二人組のかたはホクホクな表情で
本を抱えお会計処の私のところへ。
見ると易書関係の本ばかり。
「ほかにも欲しいものがあったのだけど、全部は買えないから、
結局占って、この本たちに決めたの」
とのこと。
どう占って決めたかもお教えいただき、
びっくりするやら、わくわくするやら。
非礼の数々をモーレツに心で謝りながら
笑顔が素敵なおふたりとの会話をたのしんだのでした。
私に長く感じた3時間はおふたりには
あっという間の、時間だったんでしょう。
自分のだいすきな本と出会えた
うれしさでいっぱいってかんじだったな。

ワタクシ、
今年は三密堂書店さんのお手伝いが初日、
13-16日は児童書コーナーでお手伝いさせていただきます。
児童書も楽しみだなあ。
ってか絵本とか描いてみたいなあ(脱線)

見かけたら声かけてくださいね。
かき氷とかいろいろ売ってますので、キットたのしめますよ。
遊びに来てくれはるときは蚊よけスプレーお忘れなく!!


ナカガワ暢制作の秋の古本市のチラシも、早くも配られます。
こちらもぜひにぜひにみてください!
血と!汗と!涙の結晶です(おおげさ)。
そんなチラシ&ポスターもはためく、
夏の古本市へぜひおこしやす♪

コチラは去年の様子↓↓
huruhon2.jpg

みなさん、暑い日が続きますが、どうか!どうか!ご自愛くださいね。
スポンサーサイト



  1. 2012/08/04(土) 08:18:49|
  2. 古本市なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<FourHandsGrooveの巻(完) | ホーム | FourHandsGrooveの巻③>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nonkimegane66.blog.fc2.com/tb.php/6-b83e7392
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)