FC2ブログ

暢気眼鏡の日々

京都市在住のイラストレーター、ナカガワ暢の日記です。

2013.3.11

救命


今日は2013年3月11日。
あの日からまる2年。

つい最近、こんな本と出会いました。
「チーム・バチスタの栄光」などで
大活躍の海堂尊さんが監修された
「東日本大震災、医師たちの奮闘-救命-」
震災の混乱の中、闘った医師たちのルポルタージュです。

読んでよかった。

結びにこんな言葉がありました。

ある高名な医師が米国から帰国後、
日本のシステムはなっていないと口を極めて罵るので
どうして日本に戻ってきたのかと尋ねた。
するとこう言ったそうである。

「日本は、官は最低最悪だが、‘民(たみ)‘がいい」


-------------------------------------------

去年の年末に
京都古書研究会・S書院のKさんが、
私のデザインした京都古書研究会・古本市配布用カレンダーをどっさり持ってきてくれました。
私が石巻で出会ったひとに送ってはどうかしらと。

当たり前だけど、作成費だってそんなに安いものではない。
だけど、私が石巻の方と仲良くしているのを知り、持ってきてくれたんです。

そして、即、送りました。
ちゃっかり、私のイラストレーターのチラシ名刺もいっしょにして。

そしたら、1月中ごろ。
石巻で仲良くなった青木さんからメール。
「名刺、作ってよ」
私にお仕事を下さったのです。
それから青木さんと私のたーくさんのメールのやり取り。
どうやら向こうではお客さんやら奥さんやらと
名刺のデザイン会議をしてくださってるらしく、
データつきのメールをおくるたび、
色々リクエストとか提案が帰ってくる。
「名刺を配れば、石巻でも暢ちゃんの仕事が来るかもよ!」
とはるか石巻で『被災者』であるはずの青木さんが
私の営業をしてくれてはるのです。

CIMG3041.jpg


自分のチラシ名刺を同封しといて今更やけど。
いかん。なんか、あべこべになっている。
私が支援されてどないすんねん…。

と、青木さんご夫婦の優しさに
胸いっぱいになっているとき、
私が大好きなサックスプレーヤー登敬三氏が
東北ツアーで石巻に立ち寄ることを
知ってしまったのです。

CC08F014.jpg


私はいつも、軽率なんですね。

「よし、ノボリサンにデリバリー頼もう」
と軽い気持ちですぐに登さんに電話したんです。
なんか映画『ブルーインザフェイス』のマドンナみたいに
Music Delivary(音楽をお届け)できたら、粋なプレゼントだなあって。
(ってほとんどご存じないですよね…)

ところがそこからが大変。
のぼりさん一人で…と謙虚に考えていたら、
ファンファーレ・ロマンギャルドなる大所帯(このツアーだったんですね)が
https://www.facebook.com/romangarde#!/romangarde
青木さんの店でミニミニライブを敢行してくださることになったんです。

予想外の展開に私もびっくり。
青木さんはたぶんもっとびっくり。
どんな音楽?どんだけ場所とるん?
きっと青木さん、色々考えさせてしまったと思います。

でも、そんなどたばたのなかで、
音楽は無事、届けられ、
「楽しい演奏でした。
生は迫力あるなあ。いい思い出になりました!
ありがとうね」
と青木さんからお礼のメールをいただいたのでした。
私のめちゃくちゃな性格を知っているのに
いつもやさしく受け止めてくれる登さん、ありがとう!
ファンファーレ・ロマンギャルドさん、ありがとう、ほんと、ありがとうございます。
京都おかえりの際は絶対行きます!

と。
なんだか。
まったく私自身はなーんもしてなくって、
なんだか、むしろ、「漁夫の利」的なチャッカリ感が
我ながらかなりお恥ずかしい…。
いまのままでは、周りの人に迷惑かけまくって、
気のいい、石巻のアオキさんを巻き込んで
いろいろとしているだけではないか。
と、チョット自己嫌悪もありますが、
すみません。へこたれません。
『ヒ(非か否)・被災者』として、ゆっくり、
3.11が日本に残した爪あとを忘れず、
でも、3.11が引き合わせてくれた縁には感謝して
時に迷走しながらも、歩んでいきたいなあと思っているんです。

話が前後してしまうけど、
前述の本を読み終えて
「津波というより茶色をした巨大な壁」
「医者も被災者なんだと不眠不休で働いていた医者がつぶやいた。彼は妻を津波で失っていた。」
いろんなことばが今更ながらあたまのなかをぐるぐるしています。
この本は2011.8.30に刊行された本。
こんな文章もありました。
「これからの戦いは困難を極めるに違いない。そうした戦いを
さらに熾烈なものにするのが、被災しなかった人々の無関心と鈍感さなのだ」

私になにができるのか。
私になにができたのか。

わからない。

いま、私はもう支援をしたいとかはおもっていません。
ただ、ちょくちょく、石巻へは行くつもりです。
出会う人たちのきもちがあったかいから。
ちかいうちに青木さんに名刺を渡しにいきます。

たのしみだなあ。


石巻

追伸:
救命という本に興味もった方、
読んでみたいなあ、でも買うのはなあという方。
お貸しします。

----------------------------------
追記(2013.3.15)

こんなすばらしい演奏をしてくださったみたいです。
もう最高!!
ありがとう!!




スポンサーサイト



  1. 2013/03/11(月) 18:30:26|
  2. 石巻なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<珈琲中毒 | ホーム | 去年のことなんだけどね。>>

コメント

こんばんは、

アマゾンで発注かけました!。
  1. 2013/03/11(月) 22:16:00 |
  2. URL |
  3. 洒洒落落、 #-
  4. [ 編集 ]

ひゃあ…、お貸ししたのに…。
ありがとうございます。
うれしいです。

もうじきMD追悼ライブの録音、しあがってきますので
楽しみにしていてくださいね!

  1. 2013/03/11(月) 22:27:14 |
  2. URL |
  3. non #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nonkimegane66.blog.fc2.com/tb.php/48-b3bac653
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)