FC2ブログ

暢気眼鏡の日々

京都市在住のイラストレーター、ナカガワ暢の日記です。

机上の絵空事の買いもの袋

その晩遅くなってから我が家に火事があり、近所の家まで焼けてしまった。
警察では漏電だといったが嘘だった。ほんとは俺が机の引き出しにかくしておいた
一匹の蛍が原因だったのだ。

寺山修二・映画「田園に死す」より

CIMG2955.jpg

私はいま、「机上の絵」を描いています。
古本市の買いもの袋に使われる絵なのだけれど、
古書店の方とたくさんお話して、アドバイスをいただいて、
ただいま奮闘中。

で。ふと私の狭い部屋に所狭しと貼られているチラシを
眺めていると、この寺山修二記念館のチラシの文が飛び込んできたわけなのです。
机の中にかくしておいた一匹の蛍。
いつ読んでも、心がざわつく、寺山修二節。
このチラシの文を読んでいると
「テーブルの荒野」という詩集も出しているらしく、
寺山修二は「机」をこのんで題材にしてはったみたい。

たしかに、「机」って、イイ。

私の毎日は、机にへばりついている毎日。
いつしか、机が自分の一部になっている。

「机上の空論」という、言葉があるけれど、
たとえば、「机上の空論」を描いてみるとしたら、
素敵な素敵な絵が生まれるような気がする。
むむ?!となると、机上の空論は、
机上の空論で無くなってしまうかしら?
なんて、これでは、机上の空論についての机上の空論ですね(笑)

CIMG2961.jpg

というわけで?!
古本市の買いもの袋が
いままでのビアズリーのイラストから
私の絵へ、リニューアル。
わたしにとっても今まででイチバン
大きな仕事、といえるかもしれません。
わくわくのどきどきです。

ただいま制作中ですので、絵はお見せできませんが、
ここでこのたび使用している
画材をお見せしましょう。

CIMG2958.jpg

ふふふ。
ただいま、私にとって断突!イチバン!お気に入りの画材!
つけペン、made in ITALY。

これはうちがウェディングボードを描かせて頂いたCちゃんが
新婚旅行にて買ってきてくれた、おみやげ。
今回は、私の絵のいたらなさをこのペンが救ってくれるだろうと?!
使ってみました。
ベネチアングラスの美しいガラス細工。握った具合もいいし、描きやすいし。
あとは、ボキリとやっちまわないように注意しなくては。
ほんとほんと注意しなくては。
オンナ赤塚不二夫、女バカボンみたいないでたちが私の家着。
女バカボンがベネチアングラスのペンで描いてるなんて
チャンチャラおかしいのですが、
なんだか、不思議とやる気も倍増しちゃったりします。

そんなこんなでただいま、
古書店のかたがたと力を合わせて、
買いもの袋のデザイン、考えています。

長く、かわいがっていただけるような、机上の絵。
きっと描きますので
皆様楽しみにしていてくださいね。

CIMG2962.jpg














スポンサーサイト



  1. 2013/02/13(水) 14:26:30|
  2. 古本市なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オーガニックレストランSalute | ホーム | 個展が延期になりましたっ!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nonkimegane66.blog.fc2.com/tb.php/44-104e9335
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)