FC2ブログ

暢気眼鏡の日々

京都市在住のイラストレーター、ナカガワ暢の日記です。

MUSIC DELIVERY NIGHTS 其の③

UCHIWA_2


MUSIC DELIVERY NIGHTS -UCHIWA-…

昨夜の宴は、本当に、本当に、素敵な宴になりました。

かつての私の心の住処、MDカフェ。
マスターがなくなり、閉店して早6年。
私がいまあるのはMDカフェのおかげ。
久しぶりにMDカフェのみんなに会いたい。
そんな思いで企画したライブだったのでした。
勿論、私は絵描きであり、企画屋とかではない。
だから、ああしたい。こうしたい。
思いだけが膨らんでいく。
メンバーのみんなやMDスタッフだったみんなや
果てはマスターのお母さんやお姉さんにまで
無理難題をおしつけて暴走。
でもこんなワタシのわがままを
みんながまるまる受け止めてくれて
実現した、LIVEでした。

当日会場入りしてまもなく。
宅急便が届きました。
なんと、新宿ゴールデン街
深夜プラス1より差し入れのウイスキー。
深夜プラス1といえば、北方謙三氏など多くの小説家の
応援団長として活躍、
日本冒険小説協会会長であり
コメディアンとしても「ハードボイルドだど」の
文句で一世を風靡した内藤陳さんのバー。
陳さんは去年の12/28にこの世をオサラバしてしまったのですが、
陳さんの直弟子、須永氏からの差し入れだったのでした。
陳さんの愛した酒、fourroses と
writers tearsというアイリッシュウイスキー。
これは、物書きの涙と訳せばいいのでしょうか。
もうコレを受け取った時点で、ちょっと目頭が熱くなってしまいました。

そしてあっと言う間に開場。
うまくいくだろうかという緊張は続々現れる
顔なじみたちに自然とほぐされていきました。

SCN_0004-9.jpg

1st stageでは登さんのウチワなおしゃべりを交えながらのJAZZ。
登さんの、こころのまんなかにドンと響くsaxはやっぱり最高。
そして、久しぶりに聴く私の10年来の友、日の下さんのpianoも、最高。
彼の温かい人柄と確かな技巧。包み込むような音にpianist日の下さんの凄さを
改めて体感できたのでした。

2stage。
べリーダンサーYUMAさんの妖艶な舞。
決して広いとはいえない空間で、だけど、奔放に舞い、みんなを魅了するYUMAさん。
相変わらずの圧倒感でした。
そして。なんと。ナカガワ暢、歌手デビューしました。ぎゃあ。
は、はづかしい。
ワタシの大好きなVOCALであり、MDカフェの姉御、おきゃんさんに
歌を歌ってよとねだったところ。
一緒に歌おうかということとなり。歌ってしまったのでした。
来てくださった皆様、ごめんなさい。
というわけでみんなをまきこんでワタシまで歌って踊ってしまいました。

UCHIWA_5

ほかにもブルースハープが飛びいったり、YUMAさんも歌ってくれたり、
もう何がなんだか分からん、でも、そんな乗りも含めての、特別な一夜。

私はもう最高に最高に楽しくて、
みんなの笑顔を見ていたら、たぶん、みんなもきっと楽しんでくれていて、
本当にスバラシイ一夜をみんなの力で、つくりあげることができたのでした。

ああ。しあわせ。
ああ。しあわせ。

一夜明けた今も、昨夜の余韻がまだ残って
なんだか体が火照っています。

でも、絵描きナカガワ暢。
描かなあかん絵が、いつのまにか、こんもり。

本業。がんばらねば。

大事な人、大事な空間が、今、ないのは、寂しいことだけど、
その人、その空間が残してくれた、縁が、今もこんなに人の気持ちを温かくする。
限りある命。
こういうしあわせを大事に歩んでいきたいです。

UCHIWA_1

追伸

この日来て下さってた方のひとり。
古本市で知り合った方が、この一夜をブログにアップしてくれはりました。
MDカフェを知らない方が、こうやってMDライブに思いを重ねてくれる。
とても素敵な文章に綴られて、感謝感謝です。
ぜひご覧ください!
洒洒落落さん、いつもほんとうにありがとうございます!

http://ameblo.jp/obbakonkon3/entry-11423603665.html

この日はワタシの大好きな写真家さんにもお願いしていたので
そちらも楽しみ。
スポンサーサイト



  1. 2012/12/09(日) 15:41:45|
  2. ライブなのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<素晴らしきかな、人生 | ホーム | MUSIC DELIVERY NIGHTS UCHIWA 其の②>>

コメント

こんばんは、

あらためましてこんばんは。

このブログの暢さんのイラスト、シンプルな線なのにあの場の空気が見事にとらえられていて「凄いな」って感じています。

身の程をわきまえず「負けないぞ!」って気になりました。

これからも暢さんの作品に触れていきたいと思っています。

おゆるしください。

あの日のライブはとても居心地のいい空間でした。

重ねてありがとうございました。
  1. 2012/12/11(火) 23:04:18 |
  2. URL |
  3. 洒洒落落、 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nonkimegane66.blog.fc2.com/tb.php/34-9d6eee8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)