FC2ブログ

暢気眼鏡の日々

京都市在住のイラストレーター、ナカガワ暢の日記です。

春のチラシ色々フェスティバル

10_2018040517430035e.jpg


  
萩原朔太郎「月に吠える」より

林あり
沼あり
蒼天あり
ひとの手にはおもみを感じ
しずかに純金の亀ねむる
この光る
寂しき自然のいたみにたへ
ひとの心霊(こころ)にまさぐりしづむ
亀は蒼天の深みにしづむ

大学時代に友人に教えてもらったとてもすきな詩です。
森の奥深くにある、深いアオ色に広がる沼、見上げると木々の間から見える蒼天。

さて。
ここ最近、ひたすらライブのフライヤーやCDデザインをつくる日日。
感性がそれぞれに豊かなひととの制作は時になかなか大変で、
フラッフラになることもしばしば。
例えるなら、憧れのひとと付き合えて幸せだけど、
いいかっこしたくて無理してヘロヘロ。
でもヘロヘロになっても、好き。幸せ。というかんじ。
なんてヘロヘロロ自慢?を生意気にもしている私ですが
個展に来てくれた人と仕事の話をしたりすると
当たり前の話なんだけど、みんな色々な思いをしながら
なにがしか抱えながら、働いて、生きているわけで。
こうして好きな仕事で充実した日々を送れていることに感謝だなあと
改めておもう日々です。

さて。
というわけで最近の仕事をゴゴッと出します。
ここ最近の仕事は、「色」にこだわった仕事が多かったです。

日吉くんの「蒼」
Exchange of Courtesies 〜師弟のようなライバルのような谷川賢作&日吉直行、2手と4手の一夜~
谷川賢作p 日吉直行p

4_20180405173741933.jpg
5_2018040517374348b.jpg

谷川賢作さん×日吉直行さんのDUO。
谷川賢作さんhttp://tanikawakensaku.com/
ピアノ×ピアノのバトル。
天からピアノの才能がもらった二人がどんな火花を散らすんだろう。
演奏にそんなドラマ性もあって、必見必聴だと思うな。

大前チズルさんの青。
ZeN ×3 Blue “善禅然青”
大前チズル(P) 中島教秀(Wb) 芳垣安洋(Ds) TeN(歌) 和サブロー(歌)

7_2018040517425685c.jpg
6_20180405174254c18.jpg

チズルさんのおかげでボーカルに中毒化。
和サブローさんもTeNさんも、色々な意味で最高の歌手です。
あっという間に引き込まれるうたのチカラ、演奏と見事にからみあう表現力。
ボーカルの良さはライブに不馴れなひとにも分かりやすいこと。
きっと素晴らしいので是非。
メンバーも実力派の凄腕ぞろいです。
敬愛してやまない粋なピアノ弾きのチズルさんにこうして仕事をいただけるのが、ただただ嬉しいです。
そして私もチズルさんのように好きな表現者と自然に交わっていきたいな。

再び日吉くんの「群青」。
Naoyuki Hiyoshi TRIO
日吉直行(piano)水谷浩章(bass)芳垣安洋(drums)

2_20180405173739ca7.jpg
3_20180405173740f75.jpg

ただ音に生きている日吉くんが選んだ珠玉のメンバーのライブ。
日吉君のイメージを会うたびにリスニングしていて水面を描きたくなり
あたまでどうすればわたしのおもう水面が描けるか構想を練って、ババッと描きました。
描いた時間は割りに短かったけど、なんか完成した途端、どっと疲れたな。

山村有佳里さんの「紫陽花色」。
山村有佳里 無伴奏コンサート

9_201804051742587de.jpg

精力的に色々なところへ赴き活躍するフルート奏者山村有佳里さんのソロコンサート。
聴く人を引きこむさまざまな音色を持ったフルートです。

朗読劇。赤と白と黒。
Art Dance 朗読劇 【身毒丸】

1_201804051737373a3.jpg

昔少しだけ芝居してたのでめちゃくちゃ懐かしかったお題目。
個展に来てくれた友人とテラヤマトークに盛り上がりました。
※テラヤマとは劇作家寺山修司のことです
会場も演者も素敵。
テラヤマワールドは特異な世界だけど
拒絶反応起こす人もいるかもしれないけれど
一度は体感してほしい世界です。
美しくはかない女性、美少年を描くことはとても楽しかったです。

佐津間純さんの「黒」
LIVE@PICNIC vol.7
佐津間 純 / g 小島のり子 / fl 澁谷盛良/ b

8_2018040517425757d.jpg

ギターとフルートとベースというのが
私には珍しい組み合わせで面白そう!
このチラシもなかなかに難産でした。
ジャズのフルートもいいよね。
近ければ行くのにな。

亀  

林あり 沼あり 蒼天あり
ひとの手にはおもみを感じ
しずかに純金の亀ねむる
(純金の亀てなんや)
この光る寂しき自然のいたみにたへ
ひとの心霊にまさぐりしづむ
(手の上におるんやろかこころにおるんやろか
沼にいちばんおるっぽいけど)
亀は蒼天の深みにしづむ
(蒼天の深み?え?え?)

と実はちっともこの詩を理解できないのですが、
突っ込みだしたらとまらないのですが、
でも好きなのでした笑
詩って不思議。

相も変わらず久しぶりの更新が、とっちらかっていてスミマセン。
ではまた。

インスタグラムはじめました。
FBはよく投稿しているのですが
見ることができない方もチラホラ。
気ままに更新して行きますので
よければフォロー下さい。

https://www.instagram.com/nonkimegane6_6/


スポンサーサイト



  1. 2018/04/05(木) 18:58:07|
  2. チラシつくったのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<梅と六人の女 其の⑩ 閉幕 | ホーム | 特捜9>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nonkimegane66.blog.fc2.com/tb.php/268-fe85a3f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)