FC2ブログ

暢気眼鏡の日々

京都市在住のイラストレーター、ナカガワ暢の日記です。

フクオカきのこ大祭!11/25

4_20171205113125a36.jpg

今回はフクオカの話。

今年で4回目のフクオカきのこ大祭
きのこ好きの間ではもう、知らぬものはいない、
きのこのイベントです。

といっても、フクオカは京都在住の私には遠く、
今まで行ったことはありませんでした。
今年こそは行こうかな、どうしようかなと思っていた折のこと。
九州北部豪雨により、イベントの主催者川村さんの、きのこ組合が壊滅状態に陥ったと知り。

FBでつながる川村さんのアップしてくれる情報。惨状。
ひとつひとつゆっくりと復旧していく、日常の電気。ネット。生産ライン。
際立つ川村さんの聡明さ。
私であれば足のすくむような「絶望」(といってしまうであろう)の淵、
彼女はひとつひとつをときに友人に知恵を聞き、
提案し、告知し、歩んでいました。

なにもできんが、川村さんの顔を見たい、と
出場を決意(のあと、モタモタしてかえって川村さんに迷惑かけつつ!滑り込みセーフ)。

前泊してフクオカ入り。

8_20171205131340dcb.jpg

設営1時間前に会場近くの喫茶店につきモーニング。ところがどっこい。
会場である神社が、わたし、間違えていて、タクシーに飛び乗るという(で、タクシーの兄さんに愚痴る)、
ナカガワ暢恒例のポカをかましつつ、無事に何とか会場入り。

会場入りするや否や、川村さんが
満面の笑顔で駆けつけてくれてハグ。
うれしいやら、感動やらで、私はニッタニタしてました(オッサンか!)。

6_20171205124054ce9.jpg

川村さんの壇上のことばで、
私はこの通り、元気です!的な事をおっしゃっていて極上スマイル。
逆に勇気付けられ、涙ぐむ私。

7_201712051240563ec.jpg

川村さんも驚いてらしたけど
東峰村の村長さんまで来られてスピーチ。
ここでも涙ぐむ私(←もはや単に目から体液が出やすい人)。

終始、本当にたくさんの方がお越しになり、
しかも、きのこマニアが集結した感があって、感動しました。

私のブースは、やっぱなれない出展、下手だなあと反省ばかり。

でも、Nocco姫は好評でした。
なんとフクオカのローカルテレビに出たらしい、私。

2_20171205113122481.jpg

好きなきのこは?
―えっとおお、ベニテングタケですかねええ。
ブリッ子気味にフクオカデビュー。

1_20171205113120425.jpg

レポーターさん、モデルのベリーダンサーminoriちゃん本人の画像見せると
鼻の下を伸ばしていました。きっとminoriちゃんのおかげでOA。

※動画を送って下さったNさん、ありがとうございます!
見れてよかった!!

3_20171205113124b75.jpg

お客さんがいないときは、ずうううっと、ずううううっとぷるんぷるん揺れる
しいたけ帽子を見てました。いつまで見ても飽きることのない揺れるしいたけでした。
かぶってみたかった。

打ち上げも楽しかった!!

日本唯一のきのこライターであり、
きのこブームの火付け人であり、
私をきのこ道に導いた堀博美さんの横席ゲット。

一人ひとり自己紹介ときのこクイズを言っていく、なんてことがあり。

9_201712051342516c6.jpg

クイズを速攻で当てていく、さすがの堀さん。
見たことのない真剣な表情のきのこ探偵、ともいうべき、堀さん。
打ち上げに参加している、人たちもみんな
菌が、はじけ飛びそうなほどに?きのこ的な人ばかりで。
クイズもまた、難易度も切り口もさまざま。
きのこが好きであり、きのこが好きなひとが好きな私的には
もう最高の打ち上げでした。

ちなみに私の出したクイズはサスペンスときのこのクイズ。
意外と、よく、きのこネタはサスペンスに出てきたりするんです。
折角だから1度9係だけでもきのこネタどれだけあるか調べてみよう。

そんな?フクオカきのこ大祭でした。

で。番外編。
フクオカ、観光。

5_20171205123145639.jpg

びっくりするほど珈琲屋さんがおおく、
街並みも洗練されていて、歩けども歩けども楽しい。

11_201712051346102fb.jpg

菅原道真が左遷された太宰府天満宮。
北野天満宮もいいけど、こちらもいいやん。
なんでココが気に入らなかったんだろうと、道真の気持ちを考える。
私的にはとってもお気に入りの場所になりました。

12_20171205134911326.jpg

大宰府から歩いてすぐ。
九州国立博物館もよかった!
山の中にある博物館。
天井が高く、本当に居心地がいい。
一日かけていたい、と思いました。
でも一番博物館で感動したのは特別展で展示されていた
とってもメジャーな長谷川等伯の松林図。
京都国立博物館以来久しぶりの再会。
空白の美。立ち止まる人、多数。
なんどみても、この絵は人に突き刺さる。
こんな絵を描きたい、なんて大それたこと、ぼんやり思ってしまいました。

14_2017120513572161a.jpg

川村さんのいる東峰村。
とても美しい村だそうで、去年、寺島しのぶさんが主演でドラマ化されています。
今回の集中豪雨での甚大な被害をあらたにドキュメンタリーとして制作。
今週末NHK12/9午後3時よりドラマ、ドキュメンタリーと放映されるそうなので、
是非見てください。
http://www.nhk.or.jp/fukuoka/drama/takara/index.html

来年もフクオカ行くバイ!
スポンサーサイト



  1. 2017/12/05(火) 13:58:04|
  2. きのこなのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<個展「暢気眼鏡」 4,5日目 両親と珈琲 | ホーム | 個展「暢気眼鏡」 3日目 Nocco姫登場!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nonkimegane66.blog.fc2.com/tb.php/258-bfcf17f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)