FC2ブログ

暢気眼鏡の日々

京都市在住のイラストレーター、ナカガワ暢の日記です。

東北ツアー!其の③

CIMG2412.jpg


東北ツアーのおはなし。
つづき。

散髪屋青木さんは、ど厚かましい私にニコニコ笑顔で
お店を開けてくれはりました。
棚には、去年私がプレゼントしたお店を描いたイラスト。
うれしかったなー。
「コーヒーは、砂糖いる?いらん?」
「あ。砂糖いらないデス。」
またまたもてなしてもらうばっかりの私。
とご主人、なにやら、外へ。
ピ、ピ、ゴトン。
戻ってきはったら、缶コーヒーブラックもってはる。

「オモテの自動販売機がうちの冷蔵庫やねん!(関西弁ちゃうはずやけど、そんなかんじ)」
「…あ、ありがとうございます…」

で。缶コーヒー片手に青木さんは、私に、現状をやさしく、
でも力強く、教えてくれはりました。

青木さんのすんではる湊町はもともと高齢者が多く、
震災後はこの地に戻って来たいと思うヒトが少ないということ。
一方で仮設住宅の造りはとても甘く、長期間住めるものではないということ。
また、湊町地域一帯に防波堤を作る予定はあるものの、
まったく進行しておらず、何年もの先になるだろうと思われ、
そこに住みたいと思っていたひとも、万が一の津波の恐れを思うと、
あきらめる人が増えているということ。

生きのこったという思いを強く感じた震災直後。
でも、震災から1年半たち、ボランティアの方も去りつつある今。
これから先、どうして生きていけばいいのか、と、
頭をもたげている人たちが多くいる。

津波にもふんばった青木さんのお店。
そして、青木さんは、ゴーストタウンになりつつある
その場所で生き続ける覚悟を決め、改築までしたのです。
「もしも、もしも、津波がまたやってきたときは、
その波に自分から突っ込んでやる!」
笑いながら、話す姿には、何も返す言葉が見つかりませんでした。

CIMG2425.jpg

私は、これから、ずっと、毎年、石巻を訪れ、
義捐金を収めたいと青木さんにお話しました。

でも。
青木さんにやめてほしいと言われました。

もらって当たり前。

被災者の方たちの中の一部で、そんな思いが芽生えているのだと
青木さんは言います。
その思いはやがて、人の性根を腐らせる、と。

「じゃあ、私たちは何をすればいいんですか?」

という問いに、青木さんは
具体的なことは何もいわはりませんでした。

今、目の前にある早急に片付けるべき事項に手をつけない政府。
腹が立つことは山ほどある。でも、人任せにしていてはいけない。

被災者の方たちも、
遠い地に住む私たちも、おなじ。
行動にでること。
やるか、やらないか。
だと言いました。

人の行き来もまばらで、
津波の傷跡もいまだ生々しい湊町。
それも、来年の今頃には、平地になるそうです。
それでも防波堤もなく、痛々しい記憶の残る湊町の未来は
決して明るくはない。

「だからこそここで、店を続ける」

青木さん夫婦の覚悟は私の心に強くしみたのでした。

「……とりあえず、うち、帰ったら、私なりの文章で
青木さん夫婦のこと、ブログに書くわ!」


というわけで。

今、とりあえず、
青木さん夫婦のことを書いています。

私にできること、
ただいま探し中。

絵描きでしかできないこと。
なんか考えたるわいな。

近くに石ノ森章太郎の石ノ森萬画館があって、
そちらは11月かにopen予定。

東北に観光に行く人がいたら、
青木さんに会いに行ってください。

缶コーヒーでもてなしてもらえます(笑)

ぜひ、多くの人に会ってほしい、魅力的なご夫婦です。

青木一典さん
石巻市湊町1-3-17

CIMG2413.jpg











スポンサーサイト



  1. 2012/10/07(日) 18:27:04|
  2. 石巻なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Music Derivery cafe-音楽をお届けするカフェ- | ホーム | BERT SEAGER TRIO >>

コメント

こんばんは、

いつか行ってみたいものです。

  1. 2012/10/09(火) 23:05:25 |
  2. URL |
  3. 洒洒落落(しゃしゃらくらく) #-
  4. [ 編集 ]

写写さん、いつもおおきにです。
いつか、ぜひ、行ってみてください。
ぴかぴか輝く?笑顔で出迎えてくれます。
写しゃさんとの出会いもそうですが、
偶然の出会いが、こうやって、あたらしいかたちを
紡いでいく…。いきるって奇蹟だらけだ!
  1. 2012/10/11(木) 22:34:17 |
  2. URL |
  3. non6-6 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nonkimegane66.blog.fc2.com/tb.php/24-5bcd33b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)