暢気眼鏡の日々

京都市在住のイラストレーター、ナカガワ暢の日記です。

CDデザインした!

ナカガワ暢はよくライブでひっそりこそこそ絵を描いています。
鍵盤の上を走る指、覆いかぶさるように搔き鳴らすベース、
手の本数疑うようなドラムス。
そんなミュージシャン達の残像を刻むように描くのが好きです。
それは昔からの、くせ、のようなものでした。

でも、しばらく、その、くせ、を忘れていた時期がありました。

そんなわたしの、ひっそりこそこそ描く「ドローイング」を
再発掘してくれたのが
TIMEMACHINE RECORDの五島さん。

-TIMEMACHINE RECORDとは-
「音のタイムマシンでライブ会場へ時間旅行しませんか??」
オーディオDCアンプの神・金田明彦氏、開発・設計・製作の
【金田式バランス電流伝送DC録音システム】で収録した究極のライブ音源で、
あなたをジャズクラブへいざないます。

以来、たくさんのライブをともにし
たくさんの仕事を共にしてきました。

rogo.jpg

そんな五島さんとの最近のお仕事。

■LIKE SOMEONE IN LOVE
岩佐康彦トリオ

岩佐康彦 (p)
荒玉哲郎 (b)
TARO OKAMOTO (ds)

1.Blue Monk
2.Like Someone In Love
3.But Not For Me

7月12日発売予定
録音:2016年11月13日@レフトアローン(芦屋)

iwasa_1_new_ol.png
1_20170602113132500.jpg


渋い、音と音の重なり。
日本のジャズのカッコよさ。

その音をおおう空気のようなものさえ、五島さんの録音では
感じることが出来ます。

そしてこのCDは、写真が素晴らしいのです!

写真家 岡タカシさん。
http://zero-graf.net/

岡さんの写真のおかげで
まるで昔のJAZZJIANTSのCDのような仕上がりとなりました。

私はデザインと盤面のイラストを描かせていただきました。

■Naturally

yukari.png

西村有香里(Ts)大野綾子(P)山本久生(B)齋藤洋平(Dr)

1.The Water Is Wide  2.Night Blue  3.The Good Life
4.My Cherished Car  5.For All We Know  6.Lament
7.There Will Never Be Another You  8.Close To You
9.Manhattan  Bonus Tracks [Live] 10.雨  11.Just At Daybreak ~夜明け~

テナーサックス奏者として絶大な人気を誇る
西村有香里さんのセカンドアルバムもデザインさせていただくことが出来ました。

有香里さんのテナーサックスの包み込むような音色が心地よく、
他メンバーも関西トップの名ミュージシャンばかり。
収録曲のバラエティも豊かで、何度聞いても飽きの来ない内容になっています。
こちらはTIMEMACHINERECORD名義のCDではありませんが
録音等五島さんが大活躍。

3_201706021119495d2.jpg

このCDでは私のイラストを要所要所にちりばめることができ、
しかも、そのひとつひとつのテイストが異なっていたりして、
なんだか恥ずかしくも楽しい一枚となりました。

どちらもお勧めの作品ですのでよかったらお買い上げ下さいね。

yukarin.jpg








スポンサーサイト
  1. 2017/06/02(金) 11:32:55|
  2. CDなのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Ky Musique Vagabonde au Printemps au Japon 2017 | ホーム | 5月の記憶がないままに。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nonkimegane66.blog.fc2.com/tb.php/233-50d0e2ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)