FC2ブログ

暢気眼鏡の日々

京都市在住のイラストレーター、ナカガワ暢の日記です。

福島!絵を描いてまする旅~三春

48.jpg

翌日は高柴デコ屋敷という張り子人形の名産地へ。絵付け体験もできるということで行ってきました。

44.jpg


【三春張子】
福島県郡山市西田町高柴でつくられる郷土玩具。三春人形の名で古くから知られている。江戸初期に、当時の三春藩主が、江戸から人形師を連れて人形製作の技法を農民に習得させたのが始まりという。江戸中期以後最盛期を迎え、全国にその名声を知られた。高柴には往年の木型約2000個が残されていて、その一部は福島県文化財に指定されている。

46.jpg

茅葺き屋根の家々、畑、木々、竹林、遠くに連なる山々。
その景色は、日本に生まれ育ったはずの私が見たことのない、
だけど頭ではずっと思い描いていた、「日本の風景」でした。
はらはら粉雪の舞うその風景にうっとりしていたら
後ろにいた同じく観光であろうおばちゃんが
「暖冬でゴミカスみたいな雪しか降らんわッ」て言ってるのが聞こえ
やや興ざめしましたが、そんなんもまた面白くて。
お店兼ギャラリー兼仕事場兼たぶん自宅屋敷(笑)。

43.jpg


どのお屋敷も素晴らしいんです。そして伝統あるお面たち。
木型。趣ある屋敷。神棚。なによりそこにいる方たち。
「これください」とお会計言えば張り子を作る職人さんがひょこひょこやってきます。
どこも家族でやってるらしく、中には95才のおばあちゃんも。

45.jpg


手はずっと動かしているんだけどお話も上手。
「からだのどっこもいたくないんだよお」
ひとつひとつに感動がつきないのでした。
そうして散策しているうちにひとつのアイデアが浮かび。

この旅。
じつは仙台経由にしたのは石巻の青木さんの顔を
ちらっとでも見れたらな、と思ったから。
青木さんは去年デジカメを無くし困っていた私に
ひょいとデジカメを「くれた」驚異的に優しいかた。
http://nonkimegane66.blog.fc2.com/blog-entry-144.html

お会いするのを楽しみにしていたのですが、やむを得ない事情で結局会えなくなり。
散策しながら、そうだ、青木さん一家に私が絵付けした干支を送ろう!と思い付いたのでした。
早速青木さんに電話したところ
「干支俺ウサギだからヤダナア。じゃあ俺の似顔絵描いて」

思ってもいない返答に困った私は
じゃあ青木さんを達磨に描いてみます、といってしまったのでした。
大黒屋さんにて絵付けスタート。
http://www.dekoyashiki-daikokuya.co.jp/index.html
デコ屋敷の一室でひとり達磨とにらめっこです。

47.jpg

一発勝負だからラフをスケッチブックに描いて。
緊張しながらも筆を進め。
達磨をベースに達磨じゃない題材を描く…。ワクワク…。

あ、結構うまくいったかな?
んじゃいつも心配かけてるチチハハを。

修斗元世界フライ級チャンピオン生駒純司さんも描こう。
寺田克也さんに夢枕獏さんに
9係クッキーを渡してくれたり天使のような?チャンプ。
あのひとこのひと…
気が付けば3時間ぶっ続けで8個も描いてしまったのでした。

51.jpg

デコ屋敷のかたもびっくりされて。
今まで8個もかいたひとはいないらしく。
みなさんで私の描いた達磨を見てくださいました(笑)


49.jpg

皆さん優しい方たちで
お茶まで出していただき。
仕事のあとの一杯みたいな雰囲気だなーと思いつつ
なんだか職人仲間気分でデコ屋敷の方とほのぼの話していて。

ふとね。

イラストの仕事の息抜きに旅をしているはずが
また旅先で絵を描いているなあ私。
これからも絵を描いて生きていきたいなあと
改めて思っちゃいましたとさ。

旅はいいもんだヴぇ♪

50.jpg

追伸

似顔絵だるまやおにゃんこだるまは
いまんところ、大好評!
チャンプ生駒さんはこんな笑顔でもらってくださり。
プレゼントし甲斐がありますな!
※こんなにへらにへらしてるチャンプですが、
すごいひとなんですよ。
生駒さんいつもありがとうございます!
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E9%A7%92%E7%B4%94%E5%8F%B8


52.jpg

ちなみにかんじんの青木さんに贈ったはずのダルマ。
あて先を間違えて私の実家にあべこべに送ってしまい、
今また私の元へ帰ってきてしまった。

私の脳みそ、どうにかしてくださいまし。
しくしく。



スポンサーサイト



  1. 2016/01/20(水) 08:37:20|
  2. 東北なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<梅と六人の女 其の八 | ホーム | 福島!絵を描いて生きていく方法の旅へ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nonkimegane66.blog.fc2.com/tb.php/164-83e44a92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)