FC2ブログ

暢気眼鏡の日々

京都市在住のイラストレーター、ナカガワ暢の日記です。

2015.3.11.

マルティナさんの最初のことば。

「気仙沼のマルティナです」

京都で出会い、そしてまた縁あってお仕事をさせていただいてる
マルティナさんたちと3月11日14時に市役所前にいました。

3.11.を忘れて欲しくない

そういう思いで去年、京都市役所前でマルティナさんの呼びかけで集まったOさんやMさんやそして私。
今年は去年よりずっとたくさんの方が来てはりました。
震災以降、住民票を気仙沼に移し、向こうで会社を興し、
気仙沼のひとたちと寄り添ってきたマルティナさんのことばが
たくさんのひとをひきつけたんやなあと、それだけでなんだか胸が熱くなって。

みんなで歌を歌い、14:46。
さっきまで雪のちらついていたはずの曇り空から
太陽に光がきらきらふりそそぎ、私たちは黙祷しました。

■ ■ ■ ■ ■ ■

「‘私たちは生かされてる‘、って言葉嫌いなんだよな」
といったのは誰だったか。
いつかの酒の席でそういった人がいました。

「自分の意思で生きたくてけつまずいたり失敗したりしてもふんばって生きてるんだよ」

と確かそのようなことをその人は言っていて
なるほど…と妙に納得したりして。
でも昨日、京都市役所前で寒空から日の光が差してきて青空が見えたとき、本当に嬉しくて。
「生かされてる」というのではないけれど。
自然やいろいろな大きなもののなかで
生きる小さな自分…のようなものを感じました。

4年前のあの日。
想像をはるかに超える、たくさんのことが起きて。
以来ふとしたおりに無力な自分を感じます。

どちらかというと身勝手で。
どちらかというとものぐさで。
どちらかというとおつむもよくない私です。

でも、よりよく生きたい。
でも、美しくすばらしいこの島国に生まれたことを誇りにおもっていて
何かできることがあれば力になりたい。

生かされているという、大きな大きな世界の中の小さい自分を自覚する一方で、
自分の力をもっと信じてよりよい明日を探し続けること。

そんなことを思う、3.11.でした。

DSCN5670.jpg
マルティナさんブログ
http://kfsblog.jugem.jp/http://kfsblog.jugem.jp/

■ ■ ■ ■ ■ ■

ずいぶんブログをさぼっていてごめんなさい。
個展は順調で本当に多くの方にお越しいただき、
ありがたくてありがたくて。

きっと近日中にそちらもご報告したいと思います。


スポンサーサイト



  1. 2015/03/12(木) 13:57:19|
  2. 東北なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<個展後ちょっと。 | ホーム | ANNIE HALL>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/03/15(日) 13:01:25 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nonkimegane66.blog.fc2.com/tb.php/129-25d58741
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)