FC2ブログ

暢気眼鏡の日々

京都市在住のイラストレーター、ナカガワ暢の日記です。

滑り込んで今年はお世話になりました。


PA187227.jpg

先日、お世話になっているデザイン会社の忘年会に行きました。
およそ40人でつつく鍋。
360度見渡す光景は、ビール注ぐヒト注がれるヒト、
立ち話が止まらないヒト、百戦錬磨鍋奉行、椎茸ばかり狙うヒト(私)、
みんな赤ら顔でワイワイ、これぞ、ザ・忘年会。
社員体験のない私は、ビール注ぎアイっこプレイが楽しくって、
ついついのみ過ぎてしまいました。ヌハハ。
スーパー戦士ぞろいの会社の皆さんはスピーチも粋で面白くて楽しくて。
一方、わたしは、スピーチにて日頃お世話になってる方の面白エピソードを暴露して
自分で言って自分でヒイヒイ大爆笑。
あかんやつです(苦笑)。そんな私も優しく包んでくれる、最高の忘年会。
〆の社長の、はにかみながらの社員のかたや私たちへの
愛ある言葉にこころがほっこリと温まった夜でした。

さて。
日々、にやにやSNSをサクッと更新するようになってから
見事に、ブログが途絶えてしまいました、軟派な私です。
いやいや、だからこそ、大晦日にサクッと更新しちゃおうぜ、
という魂胆が、さらに軟派だな。すみません。

ブログに綴りたかったことはいろいろあって、

祇園Rinkenさんでの個展のことや
京都新聞カレンダー2019のイラストを描かせていただいたことや
映画「輪違屋糸里」パンフレット裏表紙に私のイラストを載せていただけたことや
ほかにもいろいろ。

今日全ては書ききれぬので、
Rinkenさんでの忘れがたい思い出だけでも書きたいとおもいます。

Rinkenさんの個展では多くの方がお越し下さってうれしかったのですが
そのなかにAさん、私の大学時代のバイト先の店長が来てくれました。
割と厳しい店長さんだったけど、ナイスガイでキレモノ若店長だったAさんは
バイト先では結構モテて、バイト仲間のメヒョウちゃん(笑)が
目をギラギラネトネトさせていてびっくりした覚えがあります。
全く相手にされておりませんでしたが。
私がバイトをやめた後も個展に顔を出してくれたり一緒にごはん食べたり
いつも気にかけてくれてご夫婦で仲良くしてくれました。
この個展では久しぶりにお会いできて、しみじみと
「もう、中川は、だいじょうぶやなあ」と言ってくれて、
なんかじーんときました。
そんなAさんが「今日はいっとかなあかんことがあるんや」と
ちょっと真剣な顔で話を切り出しました。
私より少し上のAさんは、先日、会社を辞めて
ある島にご夫婦で引っ越して、島の林業を手伝いながら
自給自足の生活をして生きていく事に決めたそう。
年齢的にも、スタートするなら、一刻も早くと。
だから、もう個展はなかなか来れないな、と。

Aさんご夫婦は、自然が好きで
自分の歩みを大事にするおふたりで
でも、それは大変な決断と言うことはわかりました。
「リスタート、するわ」という言葉が耳に残りました。

いつかきっと、その島に行くね、と約束をして別れるとき。
私は唐突に、あることを思い出しました。
大学時代、新人イケメン店長のポケットに納まっていた
ポ-ル・スミスのカラフルでオシャレな財布。
わー。おしゃれだなあ、なんて思っていた財布。
いま、Aさんの使う財布はポール・スミスなんてこじゃれた財布ではない気がする。

「今、どんな財布使ってるんですか?」

Aさんが笑いながら出した財布は使い古されて茶色くなった
遠い昔に私が見た、その、ポール・スミスの財布そのものでした。

最高やん。

と思いました。

今年もまた、いろいろな方に本当にお世話になりました。
本当に本当にありがとうございました。
個展ではひげをつけたり、ベリーダンサーminoriちゃんとコラボしたり、たくさん遊んだりもしました。
人とつながることで自分だけでは生み出せない色々があることをあらためて実感した一年でした。
去年無事迎えることができたナカガワ暢画業10周年。
今年は11年目ということで身に余るお仕事も色々と頂きました。
でも、割といっぱいいっぱいギリギリセーフと、いう感じの一年だった気がします。
来年は私にとってもあらためて「リスタート」の一年として、よりお仕事にガッツリ向き合っていけたらと思います。
もっと、一つ一つに寄り添えたらな、と思います。
暢気さは忘れずにね。

来年もどうぞ宜しくお願いします。

ナカガワ暢





スポンサーサイト
  1. 2018/12/31(月) 13:00:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0