FC2ブログ

暢気眼鏡の日々

京都市在住のイラストレーター、ナカガワ暢の日記です。

特捜9

20_20180314175056009.jpg

この写真はちょうど一年前の
東映京都撮影所の写真です。

妙な偶然で、わたしは、
渡瀬恒彦さんが亡くなった一年前の今日。
東映京都撮影所にいました。

当然と言えば当然ですが
わたしは渡瀬さんとはほとんどお話をしたことはなく。
あえて言うなら渡瀬さんの70歳のお祝いのパーティーで
プロデューサーの粋な計らいで、ほんの一瞬だけ、隣の席に座ることが出来ました。
目の前には、みるからに上等な牛タン。
渡瀬さんが私を気遣い、勧めてくださり。
でもそのときには、すでに食べちゃってた私。
何枚もがっつくこともためらわれ、
引きつり笑顔を返すことしか出来ませんでした。
もっと素敵な会話を、スターとしてみたかったけれど。
でも、でも、なんだか、情けなくも卑しい私が、
ほんの一瞬だけスターと共にいることが出来た
大事な大事な思い出です。

渡瀬さんの死は、
思い切り頬をぶたれたように悲しくて苦しくてたまらなかった。
こんなにも、渡瀬さんが好きだったのかと
自分でも驚いたほどで、今でも、涙がにじみます。

去年、9係の撮影を見学していたとき、
誰かが言ったことばがずっと心に残っています。

「9係の現場はみんな死ぬまで現役だからね」

21_201803141750580ac.jpg

今年も、あってほしいと
祈り続けた1年でした。

特捜9
http://www.tv-asahi.co.jp/tokusou9/#/?category=drama

宜しくおねがいします!!!!!!

スポンサーサイト



  1. 2018/03/14(水) 18:12:03|
  2. 警視庁捜査一課9係なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Japonský folkový festival 2018

某日(少し前回のブログのつつきです)。
バロン吉元さんの画侠伝、想像以上に面白く、
確かな画力に昭和独特の香り、ほとばしるエネルギー。
頭からしっぽまでシッカリアンコの入った鯛焼きのような充実した内容。
で読み始めてしまった昭和柔侠伝。
バロンさんをご存知の方には、何を今さら!かも知れませんが、
画力の凄さ、センスのよさ、物語の重厚さ、面白さ。
すっかりバロンさんに魅了された私です。メロメロ。
たまらず仕事をエイヤッと切り上げて(…たつもりになって笑)ホイサッサと
襖絵制作中のバロンさんにサインしてもらいに高台寺、再訪。

15_20180308220104953.jpg

とても柔和でチャーミングな方でした。
そして、写真みると、顔が似ている気がしました。笑

そして寺田克也さんにも再会でき、少し歓談。
距離感も近づき、ホホッ浮かれてたら、が、しかし、
靴下、穴あきそうやでー
とご指摘いただきまして、見たら確かに危なくて、
穴があったら入りたかったけど穴があかなくて良かったです。
もー、恥ずかしいやら、いいネタもらったやら。

まあ、私の穴はともかくとして。

とても力ある作品群です、ぜひに。

◎ 春の特別展「バロン吉元/寺田克也 バッテラ展」

 期間:2018年3月9日(金)~5月6日(日)
 場所:高台寺 方丈・北書院

さて。

14_20180308220103dc3.jpg

実は3月3、4日とチェコ・プラハにて行われた
日本の祭りという催しのポスターデザインをさせていただきました。
この仕事の依頼を受けたのが年末。
実際制作にかかったのは新年早々。
新年から、こんなにもワクワクできる仕事にありつけて、
本当に嬉しかったです。
新年早々、やったるでーー!ってね。

831_2.jpg

依頼を下さったのは、一昨年、イタリアでの催しを企画されて、
私も参加させていただいたJFFさま(上の写真はそのときの写真です)。
今回のプラハで開催された催しの主催もしてらして。
縁がこうして続くことにただただ感謝です。

今年はチェコ建国100周年の節目。
またチェコはアルフォンソ・ミュシャの故郷。
100周年を祝い、またアール・ヌーヴォー、ミュシャをイメージして。
とのリクエストでした。

16_20180308221448146.jpg

ミュシャことムハは
(ミュシャはフランスでの呼び方でチェコではムハと言われているそう)
私がとても好きな画家です。
卓越した画力で描ききる、装飾的で躍動感ある絵の数々。
私にとってミュシャは、
とても同じようには描けない、でも、ずっと影響を受け続けたい、
遠い異国の、永遠のスタ-。

依頼を頂いて、喜んだあとに、不安になって笑。
真っ先に連絡をしたのが
私のサラ・ベルナール、ダンサーのminoriちゃん。
イメージをわかせるために
何枚か写真を撮らせてもらいました。
結局描いてるうちに女神は表情を変えていき、
また情報がかなり多かったので
小さくしか描けなかったのですが、
minoriちゃんの写真が手元にあるだけで
なんか不安は薄まり、やれる!っていう気になれました。

minoriちゃんいつもありがとう。

13_2018030822255337b.jpg

JFFさんも、私の的外れな質問等々にも
ほんとうに丁寧に付き合ってくださり、
まーーーーーったく意味がわからない
チェコ語の壁にも、割とすんなり挑むことが出来て
果てしないやりとりの中で
それはもちろん大変でしたが
充実したとても愉しいひとときで…
ポスターはできました。

で!

3/3、4と無事にプラハにて盛大に開催されました!
日本人とプラハの方たち総勢150人の催し。
残念ながら私はプラハまで行くことはできませんでしたが
今回のお祭りの参加者であり、私のあこがれの女性
琉球舞踊の木村清美さんが忙しい中
ポスターの写真を送ってきてくれたーー!

17_20180308225025873.jpg

イタリアで、たくさん笑いあった
笑顔がひまわりのような、木村清美さん。
ありがとうございます!
いつか清美さん、描きたいな。

14_20180308225346c14.jpg

プラハにて。
私の描いた絵が。ポスターが。
あったこと。

わすれません!
ああ、うれしい!!

18_2018030822502723c.jpg

JFFのみなさま、参加者の皆さま、
おつかれさまでした!!

19_20180308231006cfe.jpg

原画、只今個展にて飾っていますので
是非みにきてくださいね。

  1. 2018/03/08(木) 23:06:10|
  2. チラシつくったのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0