FC2ブログ

暢気眼鏡の日々

京都市在住のイラストレーター、ナカガワ暢の日記です。

Im drawing!

というわけで、続けます。

10_20180228180316e9e.jpg

おとといは尊敬するイラストレーター
寺田克也さんの高台寺での公開制作を拝見しました。

◎ 春の特別展「バロン吉元/寺田克也 バッテラ展」

 期間:2018年3月9日(金)~5月6日(日)
 場所:高台寺 方丈・北書院

 北書院では先生方の作品や襖絵を展示。
 方丈には、実際に北書院にて公開制作された襖絵が入ります。

9_20180228180314c87.jpg
(公式写真より)

公開制作では、ばかでかい襖絵と対峙して
絵を進めていく工程を満喫。
寺田さんがヘッドホンしてはったから
うちも、好きな音楽をかけて、じいいいーっと見ていました。
手を止めて、絵のバランスとかを考えてはるときとかが
手に汗握ります。
PCと違ってやり直し聞かんし
私などドローイングとかで何十枚も目の位置だけで描き直したりするから
で、結局諦めたりするから(あかんやん)
自分に置き換えるとホント、凄いなあと脱帽しきり。
ちゃんと絵の整合性があっていくなんて。
こんなに素敵に描けたらいいなあ。
うちももっと鍛錬しないとな。

まずは 寺田さんの名著

絵を描いて生きていく方法?

もう一回読み直そうと思いました。

でもって、ここぞとばかりにバロン吉元さんの
バロン吉元 画侠伝 Baron Yoshimoto Artwork Archives
も買っちゃったもんね。届いたらサインもらいにいかなくっちゃ。ウハウヒャ。

12_20180228185913572.jpg


で、寺田さんとお話が出来て。

私のドローイングをね、なんとね、ちょっとね、褒めていただきましたヨ。
そのときの私の表情はきっと、顔面緩んで、ヨダレたれてたな。
うひょひょー。

思い返せば、私がイラストレーターになったきっかけも
仕事サボってせっせと描いていたドローイングを
CDに使いたいと言ってくれた天才ドラマー小山彰太さんのおかげでした。
私はショウタさんのドラムにメロメロだったので大喜び。

で、いそいそCD用にドローイングを描いたとき

いいね、いいね、でも、もっと
「ヒャヒャッ」としたかんじで

と言われ、さすがハナモゲラ語を操る人(分からないひと調べてね)、
「ヒャヒャッ」てなんやねんと思いつつ、
がしかし、その「ヒャヒャッ」が何を指してるのかが
私、ちゃんと理解できてしまったりして。

そんなこんなが愉しくて。
超絶カッコいいミュージシャンたちと接点持つためにも、と
せっせと描いたりしてたわけで。
そのおかげでいまは、イラストレーターとして
タイムマシンレコード五島さんをはじめ
いろんな方の縁でびっくりするくらい多くのミュージシャンを
描いてたりするわけです。

そう。

でもって、去年作らせていただいた、「ハレルヤ
と言う川村結花さんのアルバム。
川村結花さんに気に留めてもらえたのも思えば私のドローイングでした。

CRCP405311_4_ol.jpg

このアルバムは川村結花さんにとって50歳の節目の特別なアルバム。
私にとっても画業10年の節目に携わったアルバムで
歌詞にも共感することが本当に多くてこの先もずっと口ずさみ続ける、アルバムになりました。
ハレルヤに関しても語るととまらない。ので割愛。

と。
振り返れば振り返るほど
ナカガワ暢と「ドローイング」は縁深く。
今回の個展では、すこしだけ挑戦もしてみました。

只今開催の個展
「梅と六人の女.vol.10」。

4_20180124104505b3b.jpg

ミュージシャン達を描いてきたドローイングとは違うかもしれないけど
筆でザザッと描く感じの絵をふやしてみました。

ナカガワ暢 個展
梅と六人の女 其の⑩
2018.2/17sat-4/7 sat
7:30-16:00 日曜定休
上七軒 北野天満宮 東門前 喫茶梅
梅花祭(2/25.日)は営業しています
私は毎週土曜日10時より在廊予定です。

是非お越し下さい!

寺田さんが私のドローイングを褒めてくれたこと。
イラストレーター・ナカガワ暢の絵の方向性として
ドローイングの方向性、伸ばしたらいいよ、という、
アドバイスとして私は勝手に受け止めてましてね。

寺田克也さん。
トップを走る人気イラストレータであるにもかかわらず
そういう気配りも出来る、素晴らしい方でした。メロメロ。
あこがれる存在の人が人間性も素晴らしいと、とても嬉しいな。

まだまだ色々なところが未熟だけど、
だからこそ、愉しいッちゃあ、愉しい、
11年目の、暢気な幕開けです。

楽しんで邁進していきますね。

でわ、みなさま。

今日は 川村結花さん「ハレルヤ」より

ロウソクの灯が消えるまで 

で、おわかれしましょう~。

**************

そうだよ いつでも あきらめかけた頃 
神様は不意に振り返って 笑いかけるから

人生に 音楽に 恋し続けて幾とせ
赤いブドウはしずかに熟して そろそろ味わい頃

めぐりあって すれちがって そしてもいちど出会って
謎解きはまだまだ終わらない 物語の真っ最中…


是非ハレルヤ、買ってくださいね~。


スポンサーサイト



  1. 2018/02/28(水) 19:39:05|
  2. 暢気な日々なのだ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暢気もののブログ…

7_20180228164930fee.jpg

さて。
長らくも長らくも。また、ブログ放置やらかして、ほんとうにごめんなさい!

あれやこれや、てんやわんやで、
でも、無理せずにいこう!と思っていたら、
もうこんなに時間があいていました。

かきたいことはいっぱいあるのです。

2/17から始まった個展「梅と六人の女vol.10」のこと。
東北の旅のこと。
さかのぼるけど、去年の10周年の個展での自画像のこと。
9係が名前を新たに特捜9として4月から始まること。
3月頭にチェコプラハで行われる日本の文化のイベントのポスターを描いた事。
これからもずっと好きな音楽家川村結花さんのレコ初ライブに行ったこと。
線に命が宿る、ラクガキング、イラストレーターの寺田克也さんに会えたこと。

さあ、何から書くべきか。

続く。(オイ!)


  1. 2018/02/28(水) 16:59:07|
  2. 暢気な日々なのだ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0