FC2ブログ

暢気眼鏡の日々

京都市在住のイラストレーター、ナカガワ暢の日記です。

今年もありがとうございました!

この一年、本当にあっという間でした。
でも充実した一年でもあり、
お世話になったかたたちもたくさんいて。
恵まれているなあと、ただただ感謝のナカガワ暢です。

今年最後のブログ何を書こうかと迷いまして。

一年を軽く振り返ってみる事にしました。

1月
・月刊Meets at home様ページに絵を描かせてもらえた!

23_201612311300566cf.jpg

Meetsさんにこの一年絵を掲載していただきました。
誰もが知っているMeetsさんに絵を載せていただけること嬉しかったし、
取材もたのしかったです!

at home vox


・福島三春に旅へ
今年はいろいろ旅しました。
三春へは、カッコいいし、おもしろいし、何より超絶絵がうまい寺田克也氏の
トークショーへ。

32_201612311300588e6.jpg

35_20161231130100c6b.jpg

夢枕獏さんのおかげで寺田克也さんとも縁ができ、
もっと絵がうまくなりたい熱が湧き上がったのでありました。
三春だるま絵付けも堪能。

41_20161231131003d25.jpg

あと正月にアップした兄の後姿が怖いと何人かに言われました。
この後姿に似合わず、妹思いのいい兄ちゃんです。

4_20161231131005663.jpg

■2月
・個展 梅と六人の女 其の八 @北野天満宮 上七軒喫茶梅

毎年恒例のわたしの個展です。
喫茶梅の常連さんも優しくてまるで家族のような。
来年は2/20から。

この写真は梅さんでのお菓子女子会記念写真。

22_20161231132150b62.jpg


■3月

・警視庁捜査一課9係 お祓いに初参加
キャスト・スタッフの皆様と東京大泉撮影所でお払いしてきました。
この日はわたしが大好きな吹越満さんは男子トイレの中でポスター撮りをしていました。
仕上がった写真はトイレの中の写真なのにかっこよかったです。
そういえば、青柳はトイレがらみが多いな。

・東女と京女@拾得

25_20161231131704fe4.jpg

29_20161231131845b49.jpg

33_20161231131705991.jpg

最高にかっこよかったエンタテイメント!
これからも一緒に仕事がしたいし、描いていきたい人たち。
(最近たまーにベリーダンスするの?とかいわれます。しまへんがな)
身近に一流の表現者がいるってしあわせだ、わたし。

■ 4月
・屋台ラーメン楽しむ舞妓さん

P5050304_20161231133319dc1.jpg

わたしの中でもチョットお気に入りの一枚なんですが
この絵をかざって下さっていたラーメン屋さん「一神堂」が一時閉店(涙)
でも本店東龍などでも私の絵を使っていただいています。
女性でも食べやすいこってりが胃にもたれない美味しいラーメンです。


東龍


・人生初めてのお茶屋遊び

32_201612311340123a8.jpg

舞いも美しく、憧れのトラトラもできて。
Mさん感謝でした。

■5月

・春の古書大即売会@みやこめっせ

33_201612311350497d2.jpg

線であまり表現せず色で表現してみたり字も手描きに
してみたりといろいろ冒険してみました。
来年はどうなるかな?
いま目下制作中です。乞うご期待!ドッキドキ!

・9係9話漫画イラスト担当&エキストラ出演

漫画を描くのが想像以上に大変でいい勉強になりました。
これ以降、漫画を読むとき自然と眉間にしわがよるのです。
エキストラ出演に関してはみんなが見たよ!と言ってくださってうれしかったです。

ドラマに漫画としていたるところに私の絵が出て、私自身まで出て。
異常、じゃなくて貴重な経験をさせていただきました。
脚本家の岡崎さんとも仲良くなれて。
知れば知るほどキャストの方もスタッフの方も最高。
9係、最高。

Cjwa48_VAAAn-xs_20161231135552260.jpg

P5110319_20161231140001dc3.jpg

P6010332_20161231140002c99.jpg

写真の最後の一枚は仲良し仲間と9係9話をオンタイムで一緒に見たあと、
殺人現場を目撃したときの表情をしてもらったもの。
それぞれなんかズレてる感じが大好きな一枚です。

■6月
・イタリア・サンジェミニへ

13_201612311403410cc.jpg

イタリア屈指の水の産地サンジェミニの「文化のまつり」という催しに参加してきました。
こののぼりがサンジェミニじゅうにたなびいていて。
それが私の絵なもんだからうれしかったなあ。

19_20161231140613789.jpg

9_20161231140615656.jpg

行ったのはイタリア・サンジェミニとローマ。

日本とはまったく違う360度すべてに
カラダがもうとにかくワクワクして何もかもが刺激的で。

こんな感動を私も発信したいい!と思いました。

■7月
・どきどききのこフェスティバル@阪神梅田
そう、わたしはきのこと縁が深い女。

69_20161231141235990.jpg

いろいろな方が来て下さりありがたかったです。

今回はわたしが大好きな絵描きさん大竹茂夫さんも参加していて。
冬虫夏草のコレクションをみんなで見て。

74_201612311412371ad.jpg

いつもにまして打ち上げもおもしろかったなあ。
ライターの堀さんもわたし大好きなので
これまた至福のときでした。

■8月
下鴨納涼古本まつり

49_201612311421307a3.jpg

暑いんですけどねえ。
そんななか、運命の本を探すのがやっぱり楽しいです。
で、やっぱりお世話になってる皆さんに会えるのが嬉しい。

■9月
・信州ジャズ民 藤井学トリオ

34_20161231142714395.jpg

信州までいつもライブの絵を描きにいきます。

うわさには聞いていた藤井さんのドラム、やっぱりかっこよかった!

CD発売はもう間近。
今回より私が全てのデザインをしています。

https://www.facebook.com/shinsyujazzmin.info/

是非お買い求め下さいね。とてもお買い得です。

■10月
それぞれのネコ展

35_20161231143424e0c.jpg

こちらもたくさんの方にお越しいただき、うれしかったです!

36_20161231143640318.jpg

この絵をツリーの形ってわからない人もチラホラいたな。
この絵のような方向性で、描きこむわけでなく、でもチョッとおもしろい絵、も
描いていきたいと思います。

■11月 

・秋の古本まつり@知恩寺

2016秋a4-1

この絵はイタリアがえりでチカラ入り過ぎちゃいました。
いろいろと講演会などなさっていたのに
いそがしくてちっともいけなかったのがチョッと残念です。

・輪違屋糸里

37_2016123114420291d.jpg

おかげさまでグッズ販売の収益の一部で
撮影現場にいろいろと差し入れしたり
余ったお金は製作をしている
銀幕維新の会におわたしすることができました!
ありがとうございました。

映画に関してはもうチョッと目処が立ってから
可能な範囲でまた書いたりしようと思います。

■12月

30_2016123109131969f.jpg


・しあわせを編むクリスマス展 企画等

自分の絵を展示するでなく企画協力するというのは
初めての経験も多く、おろおろし通しでしたが
貴重な経験がいろいろできました。

■ ■ ■ ■ ■ ■

ここに描ききれなかったいろいろ。
まだまだあります。
今年も本当にいい一年でした。

私に絵を描かせてくれるひとがいるから
私はこうして何とか絵を描いて生きられています。

ありがたいことです。

来年もいろいろお話をいただいていて
どきどきワクワク。
どうぞ来年もよろしくお願いします。

みなさまがよい歳を迎えられますように。

          ナカガワ暢








スポンサーサイト
  1. 2016/12/31(土) 15:00:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しあわせを編めたかな?


OH、なんてことだ。
もうひとつ寝るとお正月になってしまいました。

あわわあわわ。

まずは遅ればせながら
567サンにて開催されたKFS「しあわせを編むクリスマス展」。
企画をしたわたし達もびっくりするほど
多くの方にお越しいただき本当にありがとうございました。
26_20161231091312ef9.jpg

今回わたしが企画をした理由は大きく二つ。

・震災をきっかけに気仙沼でお店を立ち上げられた
梅村マルティナさんのことをもっと知って欲しいしわたしも知りたい。

・イラストレーターの私からみても
画力、巧みな表現力、ユニークな人柄の大下裕子さん
を紹介したい。

京都新聞さんが今回のイベントを
大きく掲載して下さり、幸先のいいスタートを切った展示会。

31_20161231094040aeb.jpg

12/23はマルティナさんのトークショー。

マルティナさんはもともと超多忙な方ですが
12月は特にいそがしく、
パリ、東京、山口、気仙沼、と移動の後に
この展示会(ちなみに最終日に再び気仙沼へ)。

そんななかのトークショーであるにかかわらず
本当に素晴らしい内容でした。

27_20161231091314486.jpg

トークショー冒頭では
マルティナさんが受賞されたポジティブプラネットアワーズ2016
ポジティブ市民賞に関連した動画をみんなで見ました。



※positive planetさんは東日本大震災復興支援活動もして下さっています。
くわしくはこちら

そしてマルティナさんが震災直後
祖国ドイツから帰るように言われて心が揺れたこと。
家族の話し合いのなか、日本にいることを決めたこと。
一方で日々報道される被災地の現状にいてもたってもいられず
気仙沼に赴いたこと。
そこでお教えした編み物を
みなが夢中でしてくれてKFS立ち上げを決意したこと。

マルティナさんが持ってきてくれた当時の写真を一緒に見ながら
そんな話を聴き、思いを共有し、
胸が熱くなる、そんなおはなしでした。

そしてお話終盤にかかったときジャーンと出して下さった
昔々のマルティナさんのお子さん達の似顔絵。

10年前。
マルティナさんはやっぱり
ドイツのOpal毛糸で「靴下を販売し、その収益をアフガニスタンへ」
というプロジェクトをしていて。
その日は確かマルティナさんの誘いで梅小路公園で
マルティナさんの隣で似顔絵描きをしていましたワタクシ。
そんなときに描いた一枚。

時空を超えて再会したかつての私の絵。
この日のためにかいた描いた一枚なんだな、
なんておもっちゃいました。

どんな絵かはトークショーに来てくださった方たちとの秘密。

28_20161231091316a0f.jpg

大下裕子さんの原画等の展示について。

まずは大下さんとの出会い。

編み物手帖というものを作成することになり、
マルティナさんに呼ばれた私。
でも編み物なんてテンでできないわたしは
構成・デザインでお手伝いすることになり、
ほんというと、かなりブルーでした。

だって、わたし絵描きやもん。

でも、大下さんに会って、そのなんだか飛びぬけたキャラ、
一方でとてもこまやかに気を使って下さる人柄が一気に大好きになり、
この人となら、やりたい、とおもいました。

そんな大下さんの未来のイラストレーターとしての
ブレイクのきっかけを作れたことは本当に光栄です。

だからこそ、ほんといいいますとね。
もっと大下さんの素晴らしさを上手に展示したかった。

たとえば…
編み物手帖の大下さんの説明カットを引用して
より具体的な編み方の紹介展示スペースをつくればよかったな、とかね。
大下さんの絵に興味ない人も
編み方がきになって吸い寄せられるような、ね。

28_20161231091316a0f.jpg


とあとからブチブチ、あーしたらよかったこーしたらと
思っちゃったりしています。まあ、大人気ない(笑)

そんなわけで。
大下さんはこれからも応援していきたいと思います。
わたしとは違い、お母さんでもある
大下さんに無理がないように。
かえって負担にならないように。

ゆっくりとね。

29_20161231091316a32.jpg

こんなこといってると
「頭の上の蠅もおえないクセに!」
と昔よく母に言われたナ、なんて思っちゃいますが
いっしょにいつか頭の上の蝿をおえたらいいな。

25_20161231090112ed7.jpg

だらだら書いてしまいましたが
わたしの知人友人も多くお越し下さいました。
師走のべらぼうにいそがしい中お越しいただき本当にありがとうございました。
いろいろとご協力いただいたMさんもありがとう!
そしてKFSの皆さん、大下さん、アートステージ567さん、
ありがとうございました&おつかれさまでした!

なんだかいろいろややこしかったり、
実は映画撮影直後でヘトヘトだったりしましたが
いろんなことぜーんぶ含めて楽しかったし、
反省点は多々あれどもやり遂げられたことに達成感を感じています。

ダンケシェーン!!


追伸■ ■ ■ ■ ■ ■

クリスマス展最終日12月25日。

世間はクリスマス。

わたしは北野天満宮終い天神で
にぎやかな上七軒喫茶梅のお手伝い。
のあとの終い展示@アートステージ567。
とドタバタ。

で、上のサンタクッキーを下さったのは
山村祥・巍夫妻。
ちなみにだんなさんはミステリー作家
故 山村美紗のだんなさんでもありまして。

おふたりはただいま上七軒喫茶梅にて
絵を展示されています。

独特の空気感が観ていて心地いいです。

24_20161231122947c3c.jpg

会期 12/25[日] 〜1/25[水]
日曜休 12/30〜1/3 休
年始は、1/4より 営業

◆喫茶営業時間 7:30〜16:00

是非みにいって下さいね。

ナカガワ暢は2/20より喫茶梅さんにて恒例個展の予定です。


  1. 2016/12/31(土) 11:00:34|
  2. 暢気な日々なのだ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しあわせを編むクリスマス展&大下裕子イラスト展

22_20161217152740503.jpg

21_20161217152738337.jpg


いよいよ明後日からは私が企画からいろいろとお手伝いしている

しあわせを編むクリスマス展&大下裕子イラスト展
12/19(月)~25(日)11:00~17:00
@アートステージ567 京都市中京区夷川通烏丸西入巴町92(地下鉄丸太町駅)

今日はクリスマスツリーにオーナメントをかざってきました。
このオーナメントはずべてKFSさんが輸入しているドイツの毛糸オパール毛糸で作られたものです。

華やかできらきらなオーナメントに感動することはあれど
こんなにかわいらしいあったかい心こもったオーナメント、はじめて!!
全て手づくり!
作ってくださった方の優しさが伝わってきてうれしいしかわゆいし。

なんだかもうクリスマスプレゼントをもらったようなあたたかい気持ちになりました。

20_201612171527361fa.jpg

わたしは19、21、23日の13時からいる予定です。
是非おたちよりくださいね。

ちなみに最終日25日は、わたしは上七軒北野天満宮東門前
喫茶梅にて臨時ウェイトレスをします。
北野天満宮の「しまい天神」。こちらも師走独特の賑わいがあり
おもしろいです。
梅さんでは朝8時から閉店までお手伝いしているので
展示会とはしごなんてして下さるとなおうれしいです!!

たまにはあっさりと。

おしらせでございました~。

23_20161217154119de1.jpg

  1. 2016/12/17(土) 15:45:16|
  2. 暢気な日々なのだ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さあさあ、東北行こう!

12_20161112110001987.jpg

19日からはじまります、
梅村マルティナ気仙沼FS株式会社主催
しあわせを編むクリスマス展&大下裕子イラスト展【京都】
12/19(月)~25(日)11:00~17:00
アートステージ567 京都市中京区夷川通烏丸西入巴町92(地下鉄丸太町駅)
お問い合わせ:アートステージ567 tel. 075-256-3759

ドイツから日本にやってきたマルティナさんが
震災をきっかけに気仙沼にを立ち上げたおみせ、KFS。
http://kfsatelier.co.jp/

マルティナさんのイメージを素敵な絵と構成で
手帖を作り上げた才能溢れる大下裕子さん。

わたしがずっとデザインのお手伝いをさせて頂いていたKFS
編み物手帖の原画(大下裕子さん作成)中心の展示会です。
この展示の企画協力、お手伝いいろいろしています。
わたしは19,21,23日の13時より在廊予定です。
よかったら私の顔みがてらお越し下さいね。

13_20161214142030e2e.jpg


で、急遽、クリアファイルをつくることになりました。

大下さんの美しい色鉛筆ワールドが
広がる超お勧め商品。
ひとりでも多くの皆さんに手に取っていただきたく
お得な1枚200円での販売予定。
こちら初日に間に合わせることができず
22日より発売されますので
是非お買い求め下さいね。

クリアファイルの柄の配置をどうしようかと
大下さんテトリスみたく格闘中。

12_2016121413432580f.jpg

手には展示のための「みどり足りない」のメモ書き。

11_20161214134324ae5.jpg

もうこの写真2枚だけで大下さんの熱意が伝わってくるでしょう??

でもってその大下さん
「暢さん、プロデュースに向いてるんちゃいますかあ??」
なんてうれしいこというてくれはる。
いえいえ、ポカもしょっちゅうやし、いろいろ振り回してますやん。
自分は横から口を出されるの、
いやなくせについ人にはしちゃうんですねえ。
そんなわたしの言葉をいつも汲み取ってくれる、大下さん、ありがとうございます。

あ、、そういえば展示会場の567さんでの打ち合わせにて、
ワタクシ「自分の展示にはここまでがんばらないかも…」とつぶやき。
567さん、大きくうなずいてはった。赤面。
もちろん、自分の展示会においてナカガワ暢、絵の制作は一生懸命がんばります。
でも、展示の配置とかはその場で決めちゃったりしちゃう。
今回は、マルティナさんのKFS、大下さんのよさを少しでも伝えたいと
わたしなりに全力投球、ある意味、
展示…配置…自体がわたしの作品、な気持ちではあります。
(あ、でもこれからは自分の展示も、もっと練ろう…)

■ ■ ■ ■ ■ ■

東北旅行つづき。

14_20161214143012477.jpg

朝の気仙沼漁港が好き。

チョット寝坊して漁港の朝のセリはほとんど
終わってましたが、それでも
たくさんの漁船の横を歩いていると
たのしくてしょうがない。

そして気仙沼を後にし、
震災復興のため兵庫から
派遣されている知人のいる
山元町へ。

移動中のバスからの風景もすばらしかったです。

17_2016121414390627b.jpg

18_20161214144033813.jpg

仙台でお昼を食べて山元町へ。

http://www.town.yamamoto.miyagi.jp/

わたしが山元町に行ったときはバスに乗り換えなくてはいけませんでしたが
先日めでたくJR常磐線の運転再開で、行き易くなったみたい。

16_2016121414301664f.jpg

19_20161214144954d2f.jpg

のどかな町で、
木々の紅葉が美しく、
2時間ほど、ぶらぶら歩いてました。

役場には秋に咲く桜もあり、ほっこり。
桜は日本人にとって特別…なんだなあ…。

15_20161214143014bc8.jpg

よるは知人Kさんと待ち合わせ。

兵庫から派遣されて被災地で活動をされているKさん。
山元町を豊かにするためにいちごやリンゴなどの特産物のPR活動や
興味を持ってくださる企業とのマッチング?のようなことをしていることをなさってるらしく。
「復興」という2文字では表せないいろいろな困難にむきあってるKさん!
かっこいいとおもったよ!ほんと!!

と。
いう話を聞いてる居酒屋にてずっと流れるなつかしソング。

ゴダイゴからモーニング娘まで。

Kさんはもともとハモリ部だったそうで。
わたしもかなり懐かしい。

ゴダイゴはモンキーマジックかなあー。

大黒マキ、歌うと気持ちいいよねえ。

ペッパー警部おどれるのおおお??

ロマンスの神様、ウラ、そんなかんじなんだ、
うっわー、けっこう歌詞覚えてるもんやなあ…

いつの間にやら、居酒屋で歌ってましたの、わたし達。

でもって帰りはKさんの車で仙台まで送っていただいたのですが、
じつは小学校のころ(早いよねえ)サザンフリークだったわたし。
初期サザンのCD、車内で流してくれるもんだから
たのしくてたのしくて。
声が枯れるほどふたりで熱唱。
まさか、「C調言葉にご用心」や「匂艶 THE NIGHT CLUB」を
殿方と熱唱する日が来るとは。…いいのか??
ともあれさいごは、またハモりましょう!
とかいってわかれましたとさ笑
Kさん、いろいろ本当にありがとうございました。

東北旅行2016秋も本当にたのしかった。

被災地に行くと、私はいつもガッツをもらえます。

あのたいへんな震災と向き合い、いきている様は
自分もがんばらなくちゃという思いにさせてくれます。

さあ、みなさんもぜひ、東北へ。
自然も豊かで、食べ物も美味しく、
何よりひとがあたたかい。

ぜひぜひ、行って下さいね。
  1. 2016/12/14(水) 15:33:55|
  2. 東北なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ねえ、東北に行こうよ

1_20161208214305e78.jpg

石巻いがらしみきお・ぼのぼの原画展「ちいさきものよ。」に
行ったことから、いま、もいじーちゃんにはまっています。
それにしても、もいじーちゃんの本名はなんなんだろう。
まったく予想できないんだが。

■ ■ ■ ■ ■ ■

2_20161208215753444.jpg


26_201611241351091b9.jpg

早朝石巻出発して気仙沼へ。

そして、勇気を出して堕ちてみました。
朝っぱらから電車、女、ひとりビール笑

25_20161125094034331.jpg

しあわせでした。へへ。

気仙沼に行くのもこれで4回目なのでちょっと
土地勘も出てきてなじみの店もできて
まずは移転した「茶色い小瓶」さんへ。

51Li1yRYzdL.jpg

荻野アンナさんのこちらの本でおおく紹介されている名物マスターがなさっているお店です。

大震災 欲と仁義

名前はなんだか仁侠映画みたいな凄みがありますが
中身は震災直後の気仙沼をはじめとする被災地での荻野さんの体験やおもいをやわらかい言葉で
つづっていて、とても読みやすい名著です。
売り上げは震災への一部募金となりますので
興味もたれた方は是非お買い求め下さい。

3_20161208222455766.jpg

「茶色い小瓶」さんでジェイソンのお面を愛でつつ
珈琲のみつつ、ひとしきり森進一「港町ブルース」を
聞かせていただいた後、ランチに
渡辺謙さんがオーナーのK-portへ。

9_20161124135406a3f.jpg

謙さんから毎日送られてくるファックス。
この日は博多でのあの陥没事故について書いてはりました。

8_20161124135404de6.jpg

絶品シーフードカレーをいただき、珈琲。
チョット仕事の絵も描いたりして。
店内ではお子さんが遊べるスペースもあったりして。
気仙沼の地元の方にも好評の様子。
K-portから見える眺めもまた美しい。

4_20161208223048845.jpg

そしてなにより気仙沼といえば
梅村マルティナ気仙沼FSアトリエ株式会社。
http://kfsatelier.co.jp/

6_2016120822352508e.jpg

気仙沼駅前にマルティナさんのお店はあります。
これで3度目なのになぜか道に迷ってしまいましたが
もちろん、お店に伺いました。
マルティナさんは私の学生のころからの仲良し。
マルティナさんとは入れ違いになってしまい気仙沼では会えませんでしたが
気仙沼のスタッフの方とマルティナさんの話を
していると気仙沼に来ているという距離を忘れます。

7_20161208223527997.jpg

と、いきなり、お知らせをぶっこんじゃいますが。

■しあわせを編むクリスマス展&大下裕子イラスト展【京都】
12/19(月)~25(日)11:00~17:00
アートステージ567 京都市中京区夷川通烏丸西入巴町92(地下鉄丸太町駅
お問い合わせ:アートステージ567 tel. 075-256-3759

12_20161112110001987.jpg

ただいま、こちらの企画展に向けて
ナカガワ暢、お手伝い中です。
メインの展示は編み物手帖という
テキストについての展示ですが
編み物がわからない人でもたぶん大丈夫。
だってわたし、わかんないもん(笑)
ですのでよかったら是非お越し下さい。
素晴らしい展示になる予感でいっぱいです!

さて。

これでひととおり気仙沼でのどうしてもいきたいところはひととおり行ったので
登ってみたかった阿波山にトライ。

ここでも途中道に迷い、山を登っているはずが
人のおうちの庭にでてしまったりしつつ(すわ、不法侵入)。

ちょっとした平原に出てホっと一息ついてると視線を感じ。

29_20161124135113740.jpg

鹿。

見つめあう鹿と眼鏡女。

きっとお互い様なんでしょうが、びびりました。
でも、こういうとき写真をしっかり撮る自分もいました。

8_201612082305063b9.jpg

山頂、一歩手前での写真。。眺め、素晴らしかった。

本当はもっと登りたかったのですが
もうすぐ日も暮れそうだったのでおとなしく下山。

9_20161208230831896.jpg

凛とした空気の中で、自分と対話するいい機会になりました。

何をそのとき思い考えたかはもう覚えてないけれど、
あのときの空気は今もしっかり覚えています。

下山して、魚市場でシーフードパスタを食べ、
持参していた絵の仕事をちょっとこなし、バクスイ。

10_20161208231719c8b.jpg

もチョット続く、東北編。









  1. 2016/12/08(木) 23:17:58|
  2. 東北なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0