FC2ブログ

暢気眼鏡の日々

京都市在住のイラストレーター、ナカガワ暢の日記です。

眼鏡女北上其の四気仙沼編

ごめんなさい。
こんなにおそくなってしまって。

もう早くも東北の旅から一ヶ月。
気仙沼編です。

■ ■ ■ ■ ■ ■

石巻でいつも手厚くもてなしてくださる青木さんと別れ、
気仙沼へ。

今まで2度きたことはあるんだけれど、
いつもどたばたと帰ってしまうので
泊りがけで 行くのは初めて。

まずはミーハーナカガワ暢。
ハリウッドスター渡辺謙さんの経営されてるお店、K-PORTへ。

0830_1.jpg

お昼間はとても混みあってるそうですが、
私は閉店近くに伺ったので、とってものんびりすごすことができました。

0830_2.jpg

やっぱり海の幸でしょう!!

お隣の魚屋さんから仕入れた、美味しい海の幸。いただきました!
おいしかった!

0830_3.jpg

店の随所に謙さん(とよばせてもらいます)の思いが。
よめるかな。
わたしも「趣味・気仙沼」になりそうです。

0830_4.jpg

これは「手書きツイッター」
世界中どこにいてもかならず謙さんはお店にファックスを送られるそうです。
なんてすごいひとなんだろう。

0830_5.jpg

素晴らしい眺めを愛でつつ、きのこに思いをはせてみたり(笑)

0830_13.jpg

とてもやさしいスタッフの方に無理やり古本まつりのうちわを渡してみたり。
苦笑してはる?あつかましいてすんまへん。

0830_6.jpg

こころもおなかも満たされて。宿へ。

0830_7.jpg

一匹羊の私。
まようことまようこと。
ここさっき通ったけか?こっちかいな。

どこを歩いても、津波の爪あとがまざまざと残っていて。

翌朝。

案の定1時間ほど道にしっかり迷って。
海へ。

0830_9.jpg

てくてく歩いていると秋刀魚漁業のおじさんが話しかけてくださり
なんと。船の上へ。
え、描いてもいいですか?
いいよー。

ということで、きもちのいい快晴の海のうえでまさかのお絵かき。

0830_17.jpg

そして名前に惹かれ、海のミュージアムへ。

0830_8.jpg

ここがまた。
すばらしかった。
津波による惨状から今に至るまでの
気仙沼の人たち自身の声を聴くことのできる場所です。

入ると壁におおきな映像が映し出されていました。
手前にはパソコン。
気仙沼への思い、メッセージを打つと
気仙沼の映像のうえにメッセージが浮かび上がります。

0830_12.jpg

「皆さんの笑顔に勇気をもらいました。
同じ日本人としてあなたたちを誇りにおもいます」
byナカガワ暢

0830_14.jpg

胸を打つ、文章の数々。
ビデオクリップ。

号泣している私に、横にいた子供はちょっとびびっておりました(笑)

■ ■ ■ ■ ■ ■

そして。やっと。

この旅の目的であったKFSマルティナさんのお店へ。
(やっとですね、ごめんなさい)

ちゃんとOさんの原画置いてきましたよ!
(こちらの回)

こころから、であえてよかったと思える、尊敬するひと。
マルティナさん。
そんなマルティナさんが気仙沼を思い、作った会社「梅村マルティナ気仙沼FSアトリエ株式会社」。
この絵は絆セットという商品のために描かれました。

そう、絆。

おおきなかなしみ。
失ったものは帰ってきません。

でも、こうやって。

マルティナさん。
渡辺謙さん。
現地の皆さん。

おもい、そしてかたちにする、ひとたちがいる。

わたしにできることは、
いまは、もっとちいさく、正直の所、
どうすればいいのか、よくわからない。
でも、おもいはいっしょだから。

わたしのできることを、しようとおもいます。





スポンサーサイト



  1. 2014/08/30(土) 06:44:01|
  2. 東北なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014下鴨納涼古本まつり

第27回下鴨納涼古本まつり
会期 平成26年8月12日(火)~16日(土)
営業 午前10時~午後5時30分 (最終日は午後4時終了)
会場 下鴨神社境内 糺の森
(会場直通電話 080-6141-7925(会期中のみ))
http://koshoken.seesaa.net/


0814_3.jpg

古本まつりと9係の団扇を両手に浮かれる
ナカガワです。
今日も行ってきました。
古本まつり。

朝は雨が降っててね。
でも以前お仕事をさせていただいたことのある
映画監督林海象氏が雨の中きてくださって嬉しかったり。
(最新作の弥勒、面白いです、さすがモノクロ映画の天才)

0814_1.jpg

こんな天気喜ぶのはきのこだけだなあとおもってたら
生えてたり(ヒラタケ?)

0814_2.jpg

昼からは晴れてきて。
嬉しすぎてチョット買いすぎてしまった。
これは一部。
アンパンマンは優しい古書店主様からの愛です。

0814_5.jpg

やっぱりいいなあ。
糺の森の古本まつりは。

0814_6.jpg

16日まで。
ぜひ80万冊の本のなかに迷い込んでみてください。
  1. 2014/08/14(木) 14:34:16|
  2. 古本市なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

眼鏡女北上其の参石巻編

というわけで。
話は戻りまして。北上眼鏡女バナシ。

日本という自然災害の多い地に住む限り
わたしたちもまた「被災者」にいつなるやもしれない。
ということ。

■ ■ ■ ■ ■ ■

0811_1.jpg


石巻。
当然!行ってきました。
朝早くについてしまったのでしばし石巻のお散歩。

20140811_2.jpg

緑があおあおとして、目にここちよく。
羽黒山神社まで。

0811_3.jpg

お稲荷さんの朝の会話は多分こんな感じ。
めっちゃあついなあー、ほんまかなわんわー。
あ…。石巻のお稲荷さんは関西弁では話しませんねえ。
といっても東北の夏はやっぱりまだまだ涼しい。

0811_4.jpg

「何か面白いことないか」ののぼりがピンク映画館のなかに。

■ ■ ■ ■ ■ ■

0811_7.jpg

そして仲良しのカットスクエア青木さんへ。
(この絵は青木さんの名刺に使ったイラスト)


何か力になれればと義捐金を持って
石巻を訪れたのが2年前。
その折偶然立ち寄ったこの散髪屋さん家族に魅せられたのが
毎年恒例の東北旅行のはじまり。
いまではなんだか行くたびにもてなしていただき、
名刺の仕事いただいたり、
わんこそば並みに次から次へと焼いてくださる牛タンに、
必死に喰らいついたこともありました(笑)

ん?どっちがどっち?
あべこべになっている?
これでいいのか?!ナカガワ暢?!とおもいつつ。
これでいいのだ!!とおもいつつ(ド厚かましい)。

今回ははじめて青木さんのお母さまにもお会いすることが出来て
顔をツルツルにしてもらいました。
旅でいささか疲れ気味だったので本当に気持ちよくって。
もうちょっとでよだれたらして寝るところでした。あはは。

で。
お話もちょっとしました。
震災のときの話も。
震災以降の話も。

今回はしないことにします。

私を含めて、震災の被害を受けてない人たちが、
被災地を訪れ、写真に収め、話を聴き、ネットに流し。
そういうことに対する、戸惑いもあったんだろうな、といまさらながらおもっています。
絵描きなら絵にかくべきなんだけどね。
もっとこれからは描くようにします。

もちろんそういう情報のすべてを否定はしません。
ただ、こういう側面をもっと意識しなくちゃと自分自身に思います。

「がれき」はもともと誰かの生活のなかにあったもので。
でもわたしは、「がれき」としかみれていなかった。


広大な、あまりに広大な被害をこうむった、大震災の爪あとの前に
現地の人たちにとって、「復興」という言葉は現実味がなくて。

今も仮設で生活する方も多く。
仮設は生活する場所としてはいろいろと大変な面もあるようだけれど
年配の方は新しく家を建てる気力もなく。

また被害にあった場所の整備もなかなか進まず
かつそこに住んでいる人たちの意見が通りにくい
新しい整備計画に歯がゆい思いをなさることもあるようで。

でもそんな静かな厳しい戦いのなかでゆっくりゆっくり前へ進んでいっている、
たくましい、ひとたち。

話をする中で青木さんのお母さんに聞かれました。
「南海トラフ巨大地震が起きたときのためになんか用意してる?」
「………」

日本という自然災害の多い地に住む限り
わたしたちもまた「被災者」にいつなるやもしれない。
ということ。

東日本大震災の悲劇から、今まなばなくちゃいけないことがあるんやなあと。
いまさらながらに、おもったり。

石巻名物笹カマをパクパク食べながら、いろいろ考えたわたしでありました。

えー。

では。石巻編最後に。

ファンファーレロマンギルドのみなさんの
カットスクエアアオキさんでの演奏模様(2013年)をまたまたアップします。
素晴らしい演奏を有り難う!









  1. 2014/08/11(月) 12:52:00|
  2. 石巻なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

第27回下鴨納涼古本まつり開催日時8月12日~の変更

京都古書研究会ブログ
http://koshoken.seesaa.net/article/403442939.html
より以下そのまま抜粋します。

恒例の第27回下鴨納涼古本まつりは、世界文化遺産の下鴨神社境内糺の森(馬場)で開催致します。
 台風11号の影響で会場の設営準備が、9・10日できなくなりました。
11日からの開催が困難になり、12日から開催となりました。
よって、開催日時が8月11日~16日ではなく、8月12日~16日となりました。
お客様の皆様には楽しみにしていただき、ご予定を立てていただいていると思いますところ、
誠に申し訳ございませんが、ご了承くださいませ。

開催日時変更
第27回下鴨納涼古本まつり
*開催期間 8月12日(火)~16日(土)
      午前10時より午後5時30分
      16日最終日は午後4時まで

*会場直通電話 080-6141-7925

■ ■ ■ ■ ■ ■

京都の年三回の古本まつりはそれぞれ根強い人気があり、
全国からお客様がこられるといっても過言ではありません。
下鴨納涼古本まつりは
世界遺産糺の森で開かれるということもあり、
もちろん大人気。
特に初日は掘り出し物があるので
たくさんの方がこられます。

ああ。胸が痛みます。
予定を組んで古本まつりを楽しみにしておられた方。
準備万端さあ挑もうとしておられた古書店の方。

台風の去ったあとに。
お楽しみは待っている。
とおもうことにしましょう。

台風のあとの設営準備も本当に大変だとおもいます。
でもお越しくださる皆様をおもい、がんバラはるのやとおもいます。

せめてものエールとして。
集印帖の各店舗のみなさんのユニークだったり
熱かったり、必死のパッチのコメントを下記に貼り付けます。

皆さんぜひぜひ来てくださいね!!!

集印帖-1


集印帖-2

  1. 2014/08/10(日) 09:23:23|
  2. 古本市なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

眼鏡女北上其の弐福島編

0808_4.jpg

みなさんは福島へ行ったことがありますか。
私は今回がはじめて。
といってもわずかの滞在時間だったけど、
福島県立美術館へ立ち寄ってきました。
この美術館の所蔵品の作家たちが
いちいち気になるひとばかりだったから。

たとえばアンドリュー・ワイエス
クリスティーナ

「クリスティーナ」
※この絵はMOMA(ニューヨーク近代美術館)所蔵
私は高校のときからこの作家が好きでこの絵のコピーを
実家の私の部屋にずっと貼っていました。

たとえばベン・シャーン
img_2.jpg

ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸』より
※この絵もココにはないです
もともとこういうシンプルで力のある絵が私は好きで
彼にとって絵は、社会に訴えようとすることばでもあり
そんな生き方も尊敬していて。
この絵本も私の部屋にずっと飾っています。

ほかにも日本人も含めて好きな作家がいっぱい。
あ。コレは私、絶対胸キュンする。
と思い、福島県立美術館へ行ってきたのでした。

■ ■ ■ ■ ■ ■

駅からテクテク歩いて。
やっぱり道に迷っていたら、こんな看板、みつけました。
この看板を見てうれしくなるのは関西人だけやろなあ。
「いいのや」さん、すんませんー。
とってもいい感じなので、パシャリさせていただきました。

0808_1.jpg

さらにてくてく歩き。

0808_2.jpg

公園には放射能測定器。
0.175μSV/h
ずいぶんましになってはいるの…かな。
あつい日だったこともあり、道ゆく人もまばら。

それでも工事現場の方たちなどに聞いて
なんとか美術館にたどり着きました。

0808_6.jpg

福島県立図書館と並列して建っていて、びっくりするくらい広々。
いい美術館の予感…。
外装も内装も素敵で、期待は高まります。

0808_7.jpg

ちょっと喫茶店で水分補給してそしてようやく常設展へ入場。

  開館30周年記念:コレクション名作選
  《こちらをクリック!》

30周年ということで所蔵作品をたくさん出してくれていたのかな。
だとしたら本当にいいタイミングで行くことができました。

私、美術の知識、じつはあんまりなくて。
絵描きさんほか、知ってるヒト知らないヒト半分半分。
でも、どの絵も、面白かったり、切なかったり、美しかったり。
もちろんもともとここの作品が素晴らしいということもあるのだろうけど、
本当に私の好きなタイプが見事にシンクロしていてて。

わー。海にきのこはえてるよー。

このガマガエル、でっぷりのっそりかわいー。

うおー。なあんかこの絵、無性に切ないナー。

平日ということもありほとんど貸しきり状態。
5回くらい回遊魚のようにくるくる回って観てまわり。

魅力あふれる絵画たちとたっぷりどっぷり
いちゃつくことができました。

0808_5.jpg

嬉しかったこと。

3.11以降、福島はずっと過酷な状況のなかにあって。
そんな福島をおもい、でも、何も動けずにいるおおくのなかの一人の私。
いま、なにができたわけでなく。
これからなにができるかはわからないけれど。

私は、その福島で心から好きだと思える場所を見つけることが出来ました。
本当にうれしい。

また行こうとやっぱりおもってしまうわけで。

できたらこれを見に行きたいな。
東日本大震災復興支援・特別展「飛騨の円空-千光寺とその周辺の足跡」
来年1月27日~4月5日。

この絵はこの美術館の作品選図録の表紙につかわれているもの。

ベン・シャーン「一遍の詩の最初の言葉」。

0808_9.jpg

そして福島のために何かできることはないかとおもうのです。


  1. 2014/08/08(金) 23:12:59|
  2. 東北なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

眼鏡女北上其の壱東京編

ただいま。

0802_1.jpg

昨日の朝帰ってきました。

東京。
ドラマ警視庁捜査一課9係の撮影現場に
厚かましくもおじゃまし。9係ワールドに魅了され。

福島。
福島県立美術館へ行き
私の好みにコレでもかというほどドンピシャで
大コーフン。

石巻。
いつもお世話になっているカットスクエア青木さんに
手厚くもてなされ、震災後の貴重な話を伺い。
公私共に特に忙しくされてるさなかの私の訪問にもかかわらず。
笑顔で迎えてくださるあたたかさに感動し。

気仙沼。
秋刀魚漁業の方と仲良くなって船を案内してもらい。
震災のドキュメンタリーを観て号泣し。
マルティナさんのお店にOさんの絵を届け。

もう。ほんとうに。
「充実」の旅でした。

いろいろな世界に生きる輝く人たちと
実際にあい、話し、想う。

この感動があたらしいうちに
書き留めておきたいのだけれど。

チョット時間かかるかもしれません。

さあ。
まずは。

東京編デス。

0907_5.jpg


ずいぶん前に観たある、ドラマの一場面。
トップスターの記者会見のシーンでの台詞。

「スターとは応援してくれるひとりひとりが照らす光を集めて輝く星だと思っています」

確かこんなことを言っていて。
考えれば当たり前のことなのかもしれないけど、
私は妙に感動したことを覚えています。

今年もおじゃまできた9係の撮影現場。
去年はフルキャストの皆さんの撮影の際に見学させていただきました。
丁々発止でテンポよく進む現場に魅了された昨年。
時に笑いがおきつつも、いい緊張感が常にあり、
チャーリーとチョコレート工場の工場を見学してるような?!
生まれてはじめてのワクワクでした。
ん?たとえが失礼かな?…すみません。

0802_3.jpg
(※9係のスタジオは6スタジオではありません、6見たら撮る変な癖)

そして今年。
今年は今年ですごく重要なシーンの
撮影現場を見学してきました。エヘ。

緊迫感溢れる、あるシーンの撮影。
現場は撮影が進むにつれヒリヒリするような緊張モード。
役者の方々と、監督をはじめスタッフの方々とのさすがの連結プレイで、
濃厚なシーンが出来上がっていきます。
例えるなら…。イヤ例えなくてもいいか。いえ例えさせてください!
屋内撮影だったんですが、その緊張感といったら。
フレンチコネクションのカーチェイス並の緊張感でした(笑)
(←映画オタクのあいだでは有名なシーン。…。フツウ、わかりませんよね…)

9係の特徴はメインキャスト渡瀬さんをはじめ、「スター」である豪華キャストの皆さん。
それがね。
心奪われ、光を注いでしまう、スターとしての演技力、華はもちろんだけど。
ひとりの人間としても尊敬できる、
優しさ、真摯さ、気配りのできるかたたちばかりで。
このひとたちの、これからもファンでありたい。ささやかな光でも照らし続けたい。
そうおもえる方たちばかりでした。

0802_2.jpg

そうそう。
撮影現場にしいたけ煎餅もっていきましたよ~。
おいしいたけせんべい(宝珠山きのこ生産組合)。
ブームにならないかなあ(笑)
あ。これはステルスマーケティングじゃないです。
ほんとうに美味しいですから。
食べたことのない味です。
え?ステルスマーケティングってなに?
警視庁捜査一課9係season8(去年放映分)第一話を見たら、わかりますワヨ!!

というわけで。
警視庁捜査一課9係、ぜひぜひご覧くださいね。
テレ朝系列水曜日9時より
警視庁捜査一課9係

では次号
福島県立美術館編。

■追記■

羽田美智子さんのブログで渡瀬さんのお誕生日イラストについて台本について
紹介いただきました!
http://ameblo.jp/hada-michiko/entry-11905683496.html


  1. 2014/08/02(土) 07:54:58|
  2. 警視庁捜査一課9係なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0