FC2ブログ

暢気眼鏡の日々

京都市在住のイラストレーター、ナカガワ暢の日記です。

スッピンオフスペシャル―警視庁捜査一課9係―

0621_12_2014062909204608c.jpg

「なんかすごいねん。
こないだドラマのプロデューサーさんから連絡あってね。
ボ、ボイスレターいうやつでね。
うちの絵をつかってくれるらしいねん。
ボイスレターってなんやろ。
ボ、ボイスのレターなんでしょね…」

そんな会話を信州JAZZ民の水谷さんとしたのはこないだのことでした。

■ ■ ■ ■ ■ ■

6.27.pm11:25-
いよいよ
警視庁捜査一課9係スピンオフスペシャル
「雨な二人」

が放送されました。

皆さんはご覧になりましたか。
深夜やし、見れなかった方もいはったと思います。

その方にはゴメンナサイまし。

めっちゃ
めーっちゃめっちゃ。
おもろかったです!!
やっぱりね。このふたりやもんね。

こまやかな小ネタの数々。
ひとつひとつの言葉、小道具が、
あとに意味を持ってくる、練りこまれた、ストーリー展開。
凸凹コンビの、憎いまでの丁々発止のやり取り。
ロードムービー調の、私の好みどんぴしゃの雰囲気。

一時間とは思えない濃さで、あっというまに終わった
ほんとうにおもしろい、味わい深い、凄くこだわって造られたのが
よくわかる、名作でした。

吹越さん、やっぱかっこいいです。アノ走り方、真似してみようか…。
田口さん。たまらん、キューとです。アノ、コーフンしたら手をもじゃもじゃさせる癖、うつりそうです。

と。もうテレビにかじりつきそうなほどに、
夢中で見て、はー。ええ作品やったと。
感慨にふけりつつ、ぼんやり眺めていた
最後の本編予告で。
毛逆立ち、ひっくり返りました。

「スピンオフ台本の表紙を待受に」

0629_4.jpg

!!!

とりあえず、9係webサイトへ。
うおー。9係webサイト下に、わ、私の描いた絵が!!

警視庁捜査一課9係webサイト

0629_3.jpg

「レア!なんと台本のイラストデザイン」
わー。
わたしにとっては、台本のイラスト描かせていただいてる私がレアで
ありがたい気持ちでいっぱいです…。

恐縮至極!!

な、なれど、うちの携帯では声がきけない、ダウンロードできない…
とりあえず、自分で撮影して、待受にしてみました。
だってうれしいんだもん。

0629_1.jpg

ダウンロードできる方、是非してみてくださいね。

本編は
2014年7月9日スタート 【毎週水曜】 よる9:00~よる9:54放送

おみのがしなく!!

0629_2.jpg

ちなみにこの翌日。

大阪までVTJなる格闘技の試合を
元修斗フライ級チャンピオン生駒さん(今の私には気の優しいたよれるあんちゃん)
のススメでみにいったのであるが、
それはまた別の話…。

yasha.jpg

さて。

ドキドキきのこフェスティバルに向けて、
ラストスパート頑張りますー。













スポンサーサイト
  1. 2014/06/29(日) 10:12:40|
  2. 警視庁捜査一課9係なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

信州JAZZ民presents藤井美智quartet

0621_20.jpg

夢のような話。

松本でのジャズ・ライブを主催するコンサート・プロモーター。
<信州JAZZ民>。http://shinsyu00jazz00min.wordpress.com/
―Jazzは曲を通じての感情の発露を聴き、ミュージシャンのテクニックを愉しむもの。
皆さんに広くJazzライブを愉しんで頂くために 関西を中心に活躍しているアーティストを招請し
収録した内容を全国に発信する―
(webサイトより暢の独断割愛引用)

そんな、素晴らしい団体において。
近い将来ネット販売する<Jazz study>ライブシリーズの
”ジャケット”部分の主デザインを依頼いただきまして。

ジャケットってねえ。いい響きですよねえ。
だいすきなんですよねえ。

さて。
そんなわけで行ってきました。
信州・長野・松本。
信州JAZZ民presents
「JazzStudy6」
・6月21日(土) @チクマ楽器
藤井美智tp・角田浩p・芝田奨b・齋藤洋平ds

まずはリハ中、腕ならし。
結構さらさら描けて内心ホッとしました。

0621_17_201406251004412c1.jpg

やっぱり、サイコウ!!
オーソドックスなジャズから軽めのものまでバラエティ豊かな選曲。
でも、もちろん「ありがち」なものなんてなくて
一曲一曲がぞくぞくするような、粋な仕上がり。
ひとりひとりの、独特の世界がぎゅっと一つになって
私たちを招き入れてくれます。ぐいぐい引き込まれてナカガワ。
スケッチブックもちながら、横揺れ。しかも満面の笑顔。
…怪しい。

0621_16.jpg

知れば知るほど魅了される、美智さんの音、人柄。

20140621_1.jpg

充実したライブにきづけば結構たくさん描いてました。

0621_18.jpg

打ち上げでも、ミュージシャンの方々に好評でホッ。
FBにアップしてくださったり。

0621_15.jpg

さあ。
このドローイングがどのようになるのか、
楽しみにしててくださいね。
…どうなるんやろなあ。


■ ■ ■ ■ ■ ■

さて。このバンドメンバー。
芝田さんが大阪。ほかみなさん、京都。
ということでミュージシャン様のおくるまに乗っけていただきました。

美味しすぎる。楽しすぎる。

私の知りうる限り。
ミュージシャンの方って、本当いい方ばかりなんですよねえ。

往き道は写真、ほとんど撮れなかったのですが、帰り道は、
林やパー子並みにパシャパシャ。
信州JAZZ民水谷さん(感謝×66)に色々とご案内いただき。
そんな、わたしの、はしゃぎぶりをどうぞお写真でお楽しみください。


0621_12.jpg

安曇野ちひろ美術館にて。
…「6」ないんかーい…。(「6」おたくナカガワの心の叫び)

0621_11.jpg

不思議な音が鳴る。興味津々。角田さんと齋藤さん。そして興味なさそうなとおりすがりのひと。

20140621_2.jpg

「6」にテンション上る、ナカガワ。美智さんに撮っていただく。

DSCN2041.jpg

大王わさび農場にて。本わさびソフトクリーム。旅番組ツアーになりつつある。

0621_5_201406251042266ce.jpg

黒澤明「夢」のエンディングが撮られた場所。
映画での記憶とまったく一緒でびっくり。

0621_6_201406251046122dd.jpg

齋藤さん、あぶない!!

0621_3.jpg

安曇野ちひろ美術館門前で記念撮影。

信州JAZZ民のみなさん。
美智さん。
齋藤さん。
角田さん。
芝田さん。

色々とありがとうございました!
もうたのしくて始終、笑いっぱなしで。
サイコウのツアーでした。

音が人を繋いでいく。
なんてすばらしいことなんだろう。


次回は
金澤 英明(b)
高橋 佑成(p)
寺久保 エレナ(as)
類家 心平(tp)
石若 駿(dr)

8月30日(土) 
長野・松本  ホテル・ブエナビスタB1(ミュートス) 18:00開場/18:30開演
前3500円/当4000円/学2000円

0621_66.jpg

私も参加します♪

  1. 2014/06/25(水) 11:01:29|
  2. ライブなのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■お知らせ■ ドキドキキノコフェスティバル2014そして製本講座

●今年も参加します。
ドキドキきのこフェスティバル2014
2014年7月2日(水)→7月7日(月)
阪神百貨店 梅田本店 8階催場
<最終日は午後6時まで>
20140612_2_2014062018291806c.jpg

そして今回のきのこフェスでもさっそく活用!
ぜひ一緒に学びましょうー。
● 製本ワークショップ  vol.2 《角背ノート》

20140612_3_2014062018292071e.jpg

7月12日(土)13:30~
於:アートステージ567
京都市中京区夷川通烏丸西入巴町92
(地下鉄・丸太町⑥出口・歩1分)
tel./fax:075-256-3759
講師:中尾あむ
参加費:4800円(材料費込)定員8名(準備の都合上事前にご予約下さい。)

洋綴じ・和綴じ等、製本を学ぶシリーズ、第二弾のワークショップです。
角背とは、ほんの背が平らな本のことです。なかは無地のノート、表紙には布と紙を使いオリジナルの一冊を作ります。
中尾あむ/『本のアトリエAMU』主宰 2013年フランス国際製本ビエンナーレ学校部門1位。

================

さて。まずはカタチからと。
暢定番のマッシュルームカット、してきましたー。
きもちいいいな。

20140620_1.jpg

  1. 2014/06/20(金) 18:44:21|
  2. きのこなのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青柳さんと矢沢さん―雨な二人―

DSCN1959.jpg

こないだ6月7日のこと。

テレビを見ていたら
「おかしな刑事11」が放送されていてびっくり。

言わずと知れた、伊東四朗さんと羽田美智子さんとの
名コンビ刑事シリーズです。
こちらのドラマも私が台本表紙のイラストを描かせていただいて。
伊東四朗さん、大好きな役者さんなんです。
伊東さんが凄いなあと思ったのは震災後まもなくのこと。
仕事場への通勤途中、自動販売機に貼られたポスター。
「大丈夫、みんなタフマンだ」
仁王立ちのタフマンは伊東四朗さん。
なんだか切なかった心があったかくなったのを覚えています。
タフマンは、伊東さんやからこそ、私の心をうったんです。
それからこっそりタフマンは私のヒーローです(笑)

そして羽田美智子さん。

ああ。
また9係の夏がやってきた…。とわくわくわくわく…。
羽田さんへのアツイおもいはひとまず別の機会にしまして。

■ ■ ■ ■ ■ ■


警視庁捜査一課9係
season9スピンオフSP
「雨な二人」(タイトル変わったみたいです、なるほど、このタイトルがピッタリ)
2014年6月27日(金)  よる11:25~深夜0:25放送


hutari_mini.jpg

ああ。もう。
「スピンオフ、吹越さんと田口さんとのふたりですることになったよー」
と連絡をいただいて、おもわず小躍りしてしまった私。

だってだって。
このふたりのやりとり。好きで好きでたまらないひとは
きっとたっくさんいると思います。

尾行がばれそうになったらホモカップルになりすまし、抱き合うふたり。

「オマエヤザワ、オレアオヤギ、二人、トモダチ」身振り手振りでの台詞。
コンビだからこそ、もともと芸人さんだったからこその小ネタが、いちいち、サイコウ!のふたり。

これはもう。ああもう。もうもう。
是非みてくださいね。
サイコウの、メモリアルシーズン警視庁捜査一課9係、9年目の幕開けです!
(といってなぜか6スタジオの写真…深い意味はありません)

stufio6.jpg

吹越満さん。
わが高校時代の、憧れの人でした。
当時無我夢中で見た、ドラマ「殴る女」で主役をされていて
吹越さんは一流企業を退職してボクサーとなった変わり者。
笑うなかれ。わたしのなかでは、ボクサーといえば
アリでなく、ロッキーでなく、吹越さんなのであります。
サイコウの按配で吹越さんは、カッコ悪く、だからこそ、カッコよく。

そんな方と。実際に去年、撮影現場でお会いして。
私、ファンでよかった。と思いました。
私の、ネッチリとまとわりつくような熱視線に
舌打ちすることもなく!(それはないか)
もう想像以上に素敵な方で。
あー。うー。
撮影現場でのミーハーブツブツは、
滑りやすい口?のため、書きません。へへ。
ごめんやっしゃ。

田口浩正さん。
私、三谷幸喜さんの芝居、ドラマ、映画。
周防正行監督の映画。
好きなんですね。
そして結構な頻度で田口さん出ておられるんです。

田口さんを最初にお見かけしたのは、
「王様のレストラン」かな。
いや、「シコふんじゃった。」かも。

汗を噴出しながら、よくわからん料理作ったり、
シコふんじゃったり。
田口さんにはたくさん笑わせてもらいました。
古畑任三郎の田口さんはたしか
すっごくいやな数学者の役だったなー。
でも田口さんがされるとなんだか後味?がよいのです。

そんな田口さんにもあえて嬉しかった!
絵の感想もちょっと言ってくださったりね。
思い出しても顔がにやけてしまいます。
へ、へ、へ。

…ああ。
少しでも告知のお手伝いになればと。
書きだしたらえらく長くなってしまいました。

警視庁捜査一課9係本編は
2014年7月スタート 【毎週水曜】 よる9:00~よる9:54放送
http://www.tv-asahi.co.jp/9gakari/

ほかいろいろのお話ブログの合間に
9係話(いや、勝手な、ミーハー話ばかり)したいなあと思っています。
よかったら見てやってください。

あ。うちのブログはともかく。
9係はお見逃しなく!!

tereasa.jpg





  1. 2014/06/19(木) 00:17:11|
  2. 警視庁捜査一課9係なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ウメシュ

こないだ、ワタクシ、誕生日でした。

誕生日でキャッキャいう歳ではもうとうにないのですが(笑)
朝からなんだか申し訳ないほど
色々な方からお誕生日おめでとうのお言葉いただいて。
夜は夜で。
まさかのひと(私の誕生日を知ってるはずないと思ってたんです)が
ホールのケーキ用意してくれていて。
でもバス降りるときに落としてもたねんとのこと。
のぞくと箱ん中、盛大にクラッシュ。
買ってきてくれた二人が箱の中を覗く図。激写。

20140612_2.jpg

で。
あの、気恥ずかしいけど、結構ジーンってきちゃう
HappyBirthdayToYou~♪を唄ってもらい。
なんかちょっと、ウルッとしてしまう私。
切り分けるのん下手な私は
最初から崩れてるのでちょっとホッとして。
でも、やっぱりドンくさくて、みんなに
あーだこーだ言われながら取り分けて。

私好みの本をプレゼントしてもらえたりして。

その夜。可愛い絵本作家さんからお借りした本を読み終え。
とてもいい小説で、彼女と感動を共有できたこともうれしくて。

そんな。 HappyBirthDayでした。

またひとつ、歳をとってしまった私は翌日。
来年の私のためにはじめてウメシュを作りました。
美味しくできたらいいな。

皆さんの誕生日も、素敵な一日でありますように。

20140612_5.jpg


  1. 2014/06/13(金) 00:08:26|
  2. 暢気な日々なのだ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

沙門空海唐の国にて鬼と宴す

20140601_6.jpg

沙門空海唐の国にて鬼と宴す
全4巻
昨夜読了。

――生も死も、ひとつものぞ。生まれ、生き、死ぬ―この三つそろうて初めて
生きるということができあがっている。生まれることも、死ぬということも、
生きるということの違うかたちの現われにすぎぬ――

前夜に聞いた獏さんの朗読とふたたび、活字で出会う。
あたまのなかでKyの奏でる調べが流れ、獏さんのこえで物語は終焉へと向かう。
私の描いた獏さん。Ky。空海。
もまた。あたまのなかでくるくるまわる。

20140601_2.jpg

高野山開創1200年(平成27年)プレイベント
空海・生命(いのち)の海 夢枕獏+Ky [キィ] 朗読コンサート
@高野山金剛峯寺奥殿
はおととい5月31日のできごと。

当日スタッフとして、私も参加しました。

高野山金剛峯寺。

ずんずん山奥へ。
ずんずん山頂へ。
電車での車窓。道中。新緑が、目にまぶしく。
わけいってもわけいってもあおいやま。
圧倒的な力でこっちに迫ってきて、ただただ見とれるばかり。

20140601_3.jpg


高野山では
私のイラスト(正確にはコンサートのポスター…)がいたるところに貼られていて大興奮。
写真をパシャパシャ。
なれど、興奮しすぎてほとんどがピンボケ。
わたし、アホです、ハイ。

20140601_7.jpg

高野山を軽くお散歩して。
いざ。会場の金剛峯寺奥殿へ。
さすがの金剛峯寺。
さまざまな絵師たちが描いた襖絵のかずかず。
もっとみたいよおうと、心でさけびつつ、受付の女Aに変身。
きっと高野山再訪してじっくりと見たいとおもいます。

20140601_4.jpg

いざチケットの受付。
何度もしてるのにやっぱり慣れないチケットの受付。
ものすごーく有能かつ親切な高野山の寺務員さんのフォローで何とか。

この日はじつは【堅精(りっせい)】という
1200年前にお大師様が明神様を高野山に勧請された特別な日。

20140601_5.jpg

行道お見送りをして、いざ、コンサートが始まりました。
受付をササーっと片付けて(ここだけ動きが早い…)会場へ。

20140601_8.jpg

…はい、ナカガワ、アホです。ピンボケ野郎とおよび下さい。
きっと、興奮の余り手が震えたのよ…。

本当に素晴らしかった。
獏さんのことばのひとつひとつがまるで、音楽のように感覚的にこころに入ってくる。
Kyの音色が獏さんのことばとともにことばにできない「意味」を持って、迫ってくる。
まるで時代も国も飛び越えて。唐で空海と共に宴をしているような錯覚にさえ、なる。
そして、物語の始まりの頃暮れ始めた陽は
このすばらしい異界に魅了され翻弄されるうちに、どっぷりと暮れ、
美しい青い光に庭はいつの間にか妖艶に照らされていました。

20140601_12.jpg


そのよるの打ち上げという名の宴もまた、ほんとうにたのしく。

獏さんをきっかけに知れば知るほど。
その画力、奔放さをただただ尊敬していた
イラストレーター寺田克也さんと会うことも出来(ハナヂモノデス)。

おつかれにもかかわらず色々と気遣いしてくれる
麻紀ちゃんの気遣いに胸を打たれ(ツメノアカホシイ)。

すばらしい小説家。
すばらしい楽士。
すばらしいお客さま。
すばらしい高野山。
すばらしいスタッフの方々(without non)。

すべてがそろったからこその奇跡のような一夜ができて。
そこにわたしがいれたこと。本当に光栄に感じました。

■ ■ ■ ■ ■ ■ 


20140601_9.jpg

次の日。京都で用事があるので早く高野山でなくちゃいけないのに。
獏さんが行ったほうがいいよ!と推してくれた奥の院へ4時半起きで行き。

20140601_10.jpg

若いお坊さんと共に高野山を下山し。

20140601_11.jpg

なれど、寝過ごして、けっきょく遅刻して京都入りした、
どこまでもアホなナカガワなのでした。

ともあれ
「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」

ど傑作です。是非読んでくださいな。
ね。空海さん。

illust.jpg
  1. 2014/06/02(月) 19:37:36|
  2. ライブなのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2