FC2ブログ

暢気眼鏡の日々

京都市在住のイラストレーター、ナカガワ暢の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

京都ベリーダンス殺人事件

md_0526.jpg


このブログでよくでてくる、
わたしのBOSS「マスター」とは
私が初めて行ったバーMDcafeのマスターで。
MDcafeは私が初めて働いた職場で。
マスターいわく私は「初めて客でスカウトしたやつ」で。

そんなマスターがなくなり去年の12月12日に丸6年がたち、
私は追悼ライブ「UCHIWA」を開きました。

UCHIWA_2

過去のブログはコチラ↓↓
http://nonkimegane66.blog.fc2.com/blog-entry-31.html
http://nonkimegane66.blog.fc2.com/blog-entry-34.html

今も思い出すと心がアツくなるあの一夜。

この一夜に、来ることが叶わなかった、
MDメンバーがいました。

たくさんたくさんの夜を
カウンターを挟んですごしただいじなMDメンバーのひとり。
映画の話では凄く盛り上がり、
お勧めのライトスタッフと言う映画は
原作まで買っちゃいました(笑)

lightstaff.jpg

バーとは「宿木」。
宿り木にとまるひとたちは
肩書き、性別、年齢、国籍、思想…
そんなのわすれて、ただおなじカウンターに
とまる鳥として、物語に夜を明かすもの。
そんな鳥たちの紡いだ物語…馬鹿話のなかに
「MDcafeで映画を撮ろう」
なんて話もありました。
馬鹿話ナリに本気だったんだけれど、
マスターの緊急入院で、その話は、延期となり、
マスターの死で、その話は、夢物語になってしまったのでした。

馬鹿けてるからこそ本気なお話に
マスターと一緒になって夢中になっていた人。
このUCHIWAの一夜に、来ることが叶わなかった、MDメンバーのひとり。
実はそのひと。数々の名ドラマを作り上げ
今尚、さらに上を躍進する敏腕プロデューサーK氏。
だったんです。

Kさんからメールがあったのは
まだまだ寒い今年に入ってすぐのことでした。

「MDcafeへの気持ちをこめてドラマを作りたい」
とのメールに私は、頭にかなりいっぱいのquastionマーク。

Kさんが手がけてはるしごとのひとつとして
船越英一郎さん主演狩矢警部シリーズがあります。
特に京都人になじみ深い作品ですよね。
狩矢警部シリーズの最新作の構想を練る中で、
KさんのなかでUCHIWA LIVEをきっかけに
MDcafeが自然とリンクしていったそうです。

タイトルは
「京都ベリーダンス殺人事件」

京都…たす…ベリーダンス…たす…殺人事件…
………?!

荒唐無稽なんちゃうん!奇想天外なんとちゃうん!!
でもでもとってもワクワクしちゃうタイトル!!!

ベリーダンス殺人事件_blog

そして。
ワクワクドキドキ。夢見るような思いのなか。
クルーの皆さんと会い、
あれよあれよと頭にquestionのこるままに
物語は紡がれ、最高にdoramaticなドラマは
カタチを成していったのでした。

私はご覧の通り、
台本の表紙を描かせて頂きました。
せっかくだからと渾身のチカラを込め
この台本表紙イラストには
MDメンバーも多数登場させていただいちゃいました。

こちら、すでに、撮影は終わっております。

放映日は今のところ未定。
まだまだ先になりそうですが、
決まり次第、ブログにてお知らせします。

ホント、生きるって、何がおこるか分かりませんよね。

UCHIWAの宴がこんな素敵なdoramaを産むなんて。
マスターが糸引いてそうなのがちょっと癪に触りますが、
でもでも。やっぱり。チキショー!マスター!!むちゃくちゃ嬉しいヤン!!

もう少しこの話題続けたいけど。

ゆっくり。
語りたいと思います。

■ ■ ■ ■ ■ ■

ただいま、上七軒にて個展開催中。
昨日は在廊最終日ということもあり、
たくさんの方が来てくれました。
みなさん、あったかい方ばっかりで本当に幸せ。
私のことを心配してくれたり、いじってくれたり、
応援してくれたり、ちやほやオンパレード。
ありがとうございます。
うれしーんです。ホント。

そして。
ただいま、モウ来月の個展の準備中。
詳細、近日中にアップいたしますので、
ご予定合う方はお越しくださいね。


スポンサーサイト
  1. 2013/05/26(日) 11:19:36|
  2. 暢気な日々なのだ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

主に黄色いチラシたち

みなさま、こんにちは!

いつも私のことを気にかけてくださってる方が
私の個展のことをブログで紹介してくださいました。
「曲芸できない曲芸師」みたいな格好のワタクシの写真が
ブログのトップにあがっております。
去年の夏の古本市のアルバイトのときの写真。
なんか照れますね
えへへ。下にURL貼っておきましたので、よかったら見てくださいネ。
あったか文章で綴ってくださってます。
いつも、おしゃれしとかな、あきませんねえ。
http://ameblo.jp/obbakonkon3/entry-11532302242.html


さて。
ここ最近いろいろチラシを作ったような。
いやいや、そんなこともないような。

ナカガワ暢のここ最近のお仕事の紹介&
ライブ告知といたしませう。

■ ■ ■ ■ ■ ■ 

5.19.sun.
MITCH ALL STARS
open17:30 start19:30 前売3500円
 @きらきらひかる

20130519MITCH

ニューオリンズ仕込の、ノリノリJAZZ。
実は今回、私も初めて聞きに行く予定なので今からワクワクです。

■ ■ ■ ■ ■ ■ 
あきらめないオヤジたち
Unforsaken Uncles <タイロン橋本vo,g、ヤヒロトモヒロperc>
6/7(金) 神戸 ジェームス・ブルースランド
6/8(土) 福井・越前 ラグタイムクラシックス
6/6(日) 京都 ライブレストラン音や

taiyahiro_0607-1.jpg
taironyahiro0608-1.jpg
taiyahiro_0607-2.jpg

このタイトルむっちゃすきやし、このライブもむっちゃたのしみ!
私はいまのところ6/7の神戸に行こうかなあと思っています。
それにしても最近、黄色をよく使ってしまいます。
私のなかではノリノリ=黄色なんかなあ。
ブツブツ…。

■ ■ ■ ■ ■ ■ 

7/16~7/23
ドラマー池長一美氏の関西ツアー。

ikenagatour2013_7.jpg
ikenagatour_ura.jpg

池長さんの”美しい”ドラムの雰囲気をイメージしてデザインしました。
こんなにいっぱいのプロフィールを入れ込んだの、初めて。
でも、いい勉強になりました。


0723endroll.jpg

最終日の高田英子さんが別に依頼をして下さって。
高田英子さんhttp://hideko-jazz.com/
JAZZの絵描きたち。
のタイトルにちょっとおっかなびっくり作り上げました。
はやく英子さんのVOCAL、聞いてみたいなあ。

■ ■ ■ ■ ■ ■ 

若手ピアニスト日吉直行氏(http://naoyuki0730.jugem.jp/)のCD。
bass手島甫、drums伊波大輔。

hiyoshi_cd.jpg

心に染み渡る、とてもいい音を奏でる、期待の新人さんです。
因みに日吉氏は一日に5回くらい
信号をわたれないおばあちゃんをおぶってあげてるに違いない
と思わせるような、優しいーかんじのあんちゃんです。



■ ■ ■ ■ ■ ■

いまもおしごと、チョコチョコ色々。
おだて上手なやさしいお客さんに囲まれて
浮かれたり、びびったりしながら、
楽しく、じだばたしております。



  1. 2013/05/18(土) 02:33:44|
  2. ライヴ情報なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

疲れたら憩(やす)むがよい,でもヤスミスギタラ駄目よ

nonki_o.jpg


「…―― 疲れたら憩(やす)むがよい、彼等もまた、遠くへはゆくまい ――
ロシアのある文学者が云ったというこの言葉を、彼は昔から好きだった。…」

尾崎一雄著 『暢気眼鏡』より

このことば、調べたところ、ツルゲーネフが云ったそうで、
引用しながら誰が言ったか調べない尾崎一雄さんは
やっぱり暢気な人やナアと思います。
この本は今はなき私のBOSS(マスターと呼んでます)の愛読書で、
「ナカガワ暢」の名前の由来のひとつでもあります。
そして私もこのことば結構すきなんです
(この小説自体はじつはそんなにすき!と言うわけでもないんですが…)。

で。
仕事&個展の準備で忙しい毎日。
気ばっかりあせったり、空回りも増えていた折、
出先でかかっていたTVドラマから
このツルゲーネフの名言が、流れてきました。
もうかれこれ5年ぶりのこのことばとの再会。
マスターがいうてくれてるんかな。
と、あったかいきもちになったのでした。


さて。
近況報告をしたいなあ。
と思いつつ、なんだか、いっぱいありすぎて。

なので、徒然なるままに。


4hands0512.jpg

昨夜は琵琶湖ホールまで私がパンフレットデザイン等お手伝いした
佐山雅弘さん×小島良喜さんのfourhandsコンサートにいってきました。
おふたりとも日本を代表するピアニストです。

ながーいフルコンサートピアノが舞台ど真ん中に2台。
そして、佐山雅弘さんはきりっとキメた正装。
小島良喜さんは、ん?部屋着?みたいなラフな服装。

そんなおふたりが対峙して座り、そして巻き起こる嵐。

時に笑いもあり、胸をつんざくバラードもあり、
ホント素晴らしいコンサート。
超絶技巧の奇跡のとき。満面の笑顔で演奏するふたり。
そして暗闇の中、満面の笑みでスケッチブックになにやら描くオンナ。
うーん。わたし、怖いなあ。
でも、おもわず、一緒に笑顔になってしまう気持ちのいいライブでした。

4hands.jpg

琵琶湖ホールに程近い
大津の素晴らしいホール奏美ホールの方たち(いつも応援してくださってるんです)とも
久しぶりに会えて、とてもうれしい一日でした。


★★★★★★

ちょっとさかのぼって、4/30には
神戸まで塩次伸二メモリアルライブへ。
私のわがままなおねがいも優しく受け止めてくれた
今は亡きブルースギターの巨匠塩次伸二さんの追悼ライブへいきました。

8823 田中晴之(g,vo)×山田晴三(b)×堀尾哲二(ds)×酒井ちふみ(v)
永井ホトケ隆(g,vo)

ベースマン山田晴三さんは、人柄と言い、その音楽性といい
私がだいすきなミュージシャンなのですが、ほかの方は、ほぼはじめて。
でも、すんごく楽しくってノリまくってしまいました。
最近jazz三昧でしたが、ブルースもええなあ。また行こう!!

実はこのライブに行くきっかけになったのは
「あきらめないオヤジたち」という、6/7にある
タイムマシンレコード企画のライブの会場でもあったから
(また後日詳細はアップしますね)。
なので、タイムマシンレコード代表五島氏と行ったわけですが、
五島さん、私より大興奮で
私の真横でなんと、ブルースを熱唱!
ころりとしたカラダ、ユッサユッサ揺らして
腹から声だして、私の真横で歌うわけです。
遠くにステージ、真横に座るヴォーカル(お客さんやけど)。
このシチュエーション、どないなっとんねん?!
8223jb.jpg

と、いいつつ、そんな五島氏に、私、大受けして、
パシャパシャ写真とってました(ご覧の通り、ぶれまくりですが…)。
こんなおもろい人と仕事できて、よかったよかった。

そんなこんなでなんだか、絵を描き、ライブに行く毎日。
ほかにもあんなことーこんなことーあったし、
もっといろいろ書きたいこともあるのだけれど
書き出したらきりがないのでまた、別の機会に(笑)

そうそう。
暢気眼鏡って、私小説なんですね。つまり、エッセイみたいなかんじなのですが、
このツルゲーネフのことばのあとを久しぶりに読みすすめていったら
尾崎さん、ヤスミスギタ!!シマッタ!と、強ーく後悔してはりました。
なんだか、たまには休めよ、と言ってもらったあとで
でも、休みすぎるなよ、と釘をさされたような、気持ちになってしまいました。

死して尚、おせっかいやなあ、マスター…。

  1. 2013/05/13(月) 15:22:15|
  2. お絵かきなのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

個展が始まりました。

umetoro2013.jpg

みなさん。こんにちは!
GWもあっという間に終わりましたね。
私はもっぱら家に引きこもってお絵かきでしたが…。

さて。
個展が4/29から無事始まりました。

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

ナカガワ暢個展「梅と六人の女/vol.5」
場所:北野天満宮東門前 上七軒・喫茶梅
営業時間:am7:30~pm3:00 日曜定休
4/29~5/31

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

そして。
早速、皆様に謝らなくてはならないことがあります。

上に載せたフライヤーの絵。
古本市会場にも置かせて頂き、
気に入って頂けた方も多かったのですが、
昨日、個展会場の喫茶梅にお越しくださったお客様が
買ってくださり、お嫁に行ってしまい、
会場で見れなくなってしまいました…。
本当はフライヤーに使った絵ですし
個展会期中は置いておくべきなのですが、
お買い上げくださることに舞い上がってしまい
「もって帰るね」と言われ、つい…。

この絵を楽しみに来られる方!
ほんとうにごめんなさい!
封筒付のこの絵のポストカードを
5/11土曜日より用意します。
「フライヤーの絵のポストカードください」
とお店で言ってくださればお渡ししますので
どうか、お許しください!

因みにもう1点、お嫁に行った絵があるのですが、
それは向かいの紅梅庵さん(とても美味しいです♪)に
飾って頂いています。
こちらはオモテからも見れますので、
是非梅さんお立ち寄りの際はあわせて見てやってください。
なるべく早く差し替えの新作を用意したいと奮闘中。
こんなときこそいい絵が生まれるかも!
常に変化する個展?!しております(笑)

喫茶梅さんでの5回目の個展。
上七軒というまちに可愛がってもらえて幸せデス。
花街の雰囲気も楽しみにいらしてくださいね。


最近、なんだかとっても忙しい、近況報告は
次回、お伝えできたらナと思います。

たとえばこんなフライヤー作ったり。
わたしもぜーんぶ、あきらめないぞ!

taiyahiro_0607-1.jpg


  1. 2013/05/09(木) 13:53:52|
  2. お絵かきなのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KYOTO ANTIQUARIAN BOOK FAIR

みなさんこんにちは!

♪朝から晩まで バタバタ
イタズラ成功 ケタケタ
大事な時には クタクタ
パペピプ ペポパポ パタリロ♪

なんて歌を歌いながら
個展の準備やらで、引きこもり生活満喫していたら
ちょっとブログの更新が遅れておりました。

そんなパペピプペポパポ話は
また別の日に書きたいと思いまして、
今日5/1は、春の古書大即売会in みやこめっせについて。 

haruhuru_ns2013.jpg

まずは。
京都新聞26日夕刊にまたまた掲載されました!
うれしくって、仲良しのオバチャンに自慢したら
「フーン…。」でおわり。
新聞掲載もこれで4回目ということもあり
感動の押し売り、不発…。
でもでも、やっぱりうれしいです。
因みにお隣枠の眼鏡屋さんが私の御用達のお店でびっくり。
だからというわけでもないですが
私の眼鏡とあわせて撮ってみました。

haruhuru2013kanban.jpg

で。
今日は、初日です。
アサイチにウッキウキで行ってきました。

入り口には、ウチの子とは思えへん、堂々とした佇まいの看板。
やっぱり嬉しい。
しばしにやけ顔でウチの子を見守る。

でもでも。
今日一番の楽しみは
なんといってもレジ袋。

4種類の色味の違うレジ袋のデビュー、初日。
そのなかの一枚の色味がこの藤色。
一番大きいサイズの袋です。
reji5.jpg

後は
紺色とセルリアンブルーとチェリーピンク。
それぞれ、綺麗な色に仕上げてくださっていて
もうシアワセシアワセ。
これが無事出来上がったのも打ち合わせに打ち合わせを重ね
根気強く付き合ってくださった古書店の方がいてくださったから。
感謝の気持ちでいっぱいです。
どうかどうか。
お客さんに気に入っていただけますように。

はやく、レジ袋を使ってみたくて
ぱっと本を選んでレジへ。

「あ。今、撮らせて!」とぱしゃり。

reji1.jpg

会計処の脇で
レジ袋を持ち帰る…、あ、いや、お買い上げした古本を
持ち帰るお客さんたちをしばし眺めてご満悦。
お客さんの手元ばかりをみてニヤニヤしてるわけです。

reji3.jpg

と。場内アナウンスで私の紹介。
「デザインはナカガワノンさんで…」
ぎゃゃん!び、びっくりしますやん!
といっても誰も私を知るはずもなく、
でも嬉しくて、ひとりで顔真っ赤にして、
もじもじニマニマしていた私は、
単なる変なヤツになってました。

もうこんなハッピーな日は
美味しいランチをたべちゃいましょっと、
私だいすき、みやこめっせからすぐのcafe NOMAさんでランチ。
調子に乗って、いい天気だからと
スタッフの方が止めるのも聞かずお外の席にてランチ。
結果、やっぱり寒くて鼻水たらしながら
でも心はホクホクで
パニーニサンドほおばってました。

実のところ、
私は自分の絵にはあんまし自信ないんです。
でも、こういうひとときがあるから、
前に進めるんやなと思います。
私を、私の絵を信じてくださる
京都古書研究会のみなさんや、
あの人やこの人に感謝感謝なのであります。

よしこれからも
♪メチャリロに
あばれまくるんだ パタリロ…じゃなくて暢♪ だーっ!


noma0501.jpg







  1. 2013/05/01(水) 21:17:49|
  2. 古本市なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。