FC2ブログ

暢気眼鏡の日々

京都市在住のイラストレーター、ナカガワ暢の日記です。

桜舞う日の出来事

桜_2

こんにちは!
京都は春うらら。
うっすらピンクの桜がはんなり咲いています。

昨日、不思議な出来事がいろいろありました。

まず。
真昼間の出来事ですが、
大渋滞の4車線のど真ん中を走りぬける
髪の長い女性を見てしまいました。
ドラマの最終回とかでよく見る、
最愛の人にあうためにタクシーを
走らせ、でも渋滞で、
思わず、タクシーを降りて、
駆けてゆく…。
そんなワンシーンだったのでしょうか。

そして。
これは不思議な話じゃなくて
感動した話なのですが、
大渋滞の中(京都は観光シーズンなので)、
救急車がやってきました。
なかなか動かない救急車。
空しく鳴り響くサイレン…。
と。
向こうの方からゆっくりゆっくり
救急車の道が開けられていき、
それはまるでモーゼの十戒の海がまっ二つに
わかれるシーンのよう。
そうして分かれた道を救急車がすーっと走っていきました。
感動してチョット目頭が熱くなりました。

モップにそっくりのわんちゃんにも会いました。
モップにそっくりってわかってほしくて
思わずネット調べ。
そういう犬種のわんちゃんだそうで
下の写真はネットで見つけた同じ種類のワンちゃん。

moppu.jpg

手塚治虫のそっくりさんにも会ったなあ。
ちょこんと立ってるベレー帽のへた(っていうのかな)が
愛らしいそっくりさんでした。

あと。
自転車で走ってたら
ちゃりんと音がして
Uターンして下を見ると、
5円が落ちていまして
ほいで
昨夜はライブにいったんやけど
とってもいいひとと友達(女性ね)になれまして。
その出会いが5円POWERかは?ですが…。

そんな、ささいな、
そして、ちょっと珍しい出来事が
たくさんあった一日でした。

家に引きこもってばかりは駄目ですね。

でもここ何日か家に引きこもって
やっとわたしのwebサイト一部更新しました。
去年からの活動、いろいろアップしてるので
よかったら見てやってください。

ナカガワ暢/今までの仕事/チラシ編
http://nonkimegane6-6.com/leafletss.html

ナカガワ暢/今までの仕事/CDジャケット編
http://nonkimegane6-6.com/cds.html

ナカガワ暢/今までの仕事/ライブドローイング編
http://nonkimegane6-6.com/drawings.html

明後日からは
東北へのたびへ。
次回をお楽しみにー。

スポンサーサイト



  1. 2013/03/31(日) 19:17:30|
  2. 暢気な日々なのだ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハルはせっかち

CIMG3104.jpg


みなさーん!
もう、ハルですね。
分厚いコートは用済みです。

毎年思うことなのですが、
おハルさんてせっかちやと思います。
先月まで
梅はまだ咲かんなあ。
まだつぼみやなあ。
といっていたのに、
このたった一ヶ月で
梅はさっさと咲いて散って、
桃も咲いて散ろうとしてて、
今まさにサクラが待ってましたとばかりに
咲こうとしている。
そない、せっかちに咲いて散って咲いて散って
せんでもいいやん、
こっちは、三寒四温にひきまわされて、
ぼんやりしてる間に、
さっさと、ピンクリレーも終盤です。

と。
自分の暢気さを棚に上げて、ぼやいてみました。
ぼやきたくもなるんです。
当たっちゃったんです!
いいほうじゃなくて悪いほうの大当たりっ。

前回、珈琲中毒と豪語した後、
えらいことになりまして。
食あたりなのか、なんなのか、
理由がよくわからないのですが、
ただひたすら食べたものを戻してしまう
地獄に見舞われてしまったのです。
といっても地獄の苦しみは1日ほど、
2,3日で回復していき、でも今でも
大好きなコーヒーは一日1杯がやっと(飲むんかい!)
食いしん坊の私が人生においても珍しく、小食な日々です。
でも…。

CIMG3110.jpg

何とかごはんも食べれるようになって、大体回復したのが昨日3月25日。
北野天満宮の天神さんの日です。
ああ。せっかくだし、私が個展する予定の喫茶梅のお母さんの見舞いにも行きたいし、
よし。いくぞ。

で。
真っ先にいったのは
喫茶梅のお母さんの元!
ではなく、上七軒屈指の美味しいうどんや、ふた葉さん。
だって、ここのけいらんうどん(あんに溶いた卵が絡んで上にしょうががポテリ)
ほんまにおいしいんです。
うちのお腹のなかでふた葉のけいらんは
「おつかれ、暢!」とやさしくいってくれました。たぶん…。
相席になったすてきなマダムとずるずる、うどんをすすりながら、
たのしくおしゃべり。
「北野をどり、はじまったんやねえ」
「そうですねえ」
「何してはるかたなん?」
「イラストレーターです」
「○△×」「○△×」…
たべて、しゃべって、たべて、しゃべって。
相席もたのしいものです。

CIMG3083.jpg

そして、お腹も満たされたところで
いざ、梅のお母さんのところへ。

私の大好きな梅のお母さんは、
先月末、足の手術をしました。
http://nonkimegane66.blog.fc2.com/blog-entry-43.html
それはそれは痛かったそうで
見たくなかったのですが
傷跡も見せてもらい。
これは、痛いにちがいない…、
という、傷跡で、怖がりの私は身が縮む思いでした。
でもお母さんは、笑顔。
がんばってリハビリに励まれており、
今月末に退院するそうです。

CIMG3085.jpg


長くお世話になっているお母さんなので、
お母さんの都合に合わせた日にちに
延期になっている個展をしようと思っています。

楽しみにしていてくださった方。
ほんとうにごめんなさい。
今年は、かなり変則な喫茶梅での個展になってしまいました。
私も、どう絵を飾ることになるのかわからなくなってしまってます(笑)。
今年の梅さんの個展に関しましては
梅のお母さんの足を一番大事にこじんまりさせていただこうかな、と考えています。
会期中はなるべく、ヘルプでウエイトレスもするつもり!
詳細決まり次第、アップしますが、
その折は無理せず、お近くお寄りの際にお越しくださいね。

CIMG3093.jpg


また、
6月中旬頃、私の昔ながらの仲良しギャラリーRICOさんでの個展が決まりました。
こちらは、私の周りを巻き込んでオモシロくしようと悪巧みしております。
こちらも、詳細固まり次第アップしますのでお楽しみに!

ギャラリーrico
http://www.machiya-rico.net/

P1000816.jpg







  1. 2013/03/26(火) 17:05:18|
  2. お絵かきなのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

珈琲中毒

もう3月も終わり。
なんだか浦島太郎のような気分です。
春ってなんだか晴れがましくて
あんまり得意でないのですが、
このハルの予感にソワソワする感じは、
結構すきです。


osaka0320.jpg

さて。
今晩、こんな素敵なライブがあります。
といっても私はどうしてもはずせない予定が入っていて
いけないのですが…。

このフライヤーは
会場である喫茶陽さんの雰囲気を
大事にして作りました。

美味しい洋食も楽しめる、レトロで雰囲気のある喫茶店、陽さん。
そして、毎週土曜(今宵は例外に水曜だけど)に、ジャズライブがあるんですね。
その雰囲気がまた、なんともいえず、素敵。
いろんな表情を見せる、名店、です。
んー。ライブいけないのがとっても残念。
喫茶陽さん。ぜひ行ってみてくださいね。
暢お勧め空間です。
http://www.cafe-yoh.com/

ところで喫茶店といえば珈琲。
私、珈琲が好きです。
毎日欠かさず飲んでいます。
というのも私、
家にエスプレッソマシンがあるんです。

CIMG3057.jpg

これはかつての職場
MDカフェ閉店時にいただいたもの。
今は亡きマスターは
「珈琲、のもか」
が最後の言葉だったくらい、珈琲が好きだった人で
いつしか、珈琲嫌いだった私も毎日飲むようになっていました。

絵の仕事がまとまらんとき、
一息つきたいとき、珈琲を飲む。
エスプレッソマシンは私の大事な相棒的存在。
大体家では、机とエスプレッソマシンの間を徘徊しています(笑)

そうそう。
こんな上等なエスプレッソマシンもマスターの実家に
いるんだけど、この子は上等すぎて手に余り、
今はディスプレイのひとつになってしまっています。
もったいない。けど、なーんかかっこいいからいいか。

CIMG3051.jpg

エスプレッソばかり飲んでいると
ふつうの珈琲ものみたくなる、珈琲中毒な私。
近いうち、喫茶陽さんで珈琲、飲むことにしよう。
今、読みかけの本を鞄に入れて。

CIMG3056.jpg



  1. 2013/03/20(水) 18:57:04|
  2. チラシつくったのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2013.3.11

救命


今日は2013年3月11日。
あの日からまる2年。

つい最近、こんな本と出会いました。
「チーム・バチスタの栄光」などで
大活躍の海堂尊さんが監修された
「東日本大震災、医師たちの奮闘-救命-」
震災の混乱の中、闘った医師たちのルポルタージュです。

読んでよかった。

結びにこんな言葉がありました。

ある高名な医師が米国から帰国後、
日本のシステムはなっていないと口を極めて罵るので
どうして日本に戻ってきたのかと尋ねた。
するとこう言ったそうである。

「日本は、官は最低最悪だが、‘民(たみ)‘がいい」


-------------------------------------------

去年の年末に
京都古書研究会・S書院のKさんが、
私のデザインした京都古書研究会・古本市配布用カレンダーをどっさり持ってきてくれました。
私が石巻で出会ったひとに送ってはどうかしらと。

当たり前だけど、作成費だってそんなに安いものではない。
だけど、私が石巻の方と仲良くしているのを知り、持ってきてくれたんです。

そして、即、送りました。
ちゃっかり、私のイラストレーターのチラシ名刺もいっしょにして。

そしたら、1月中ごろ。
石巻で仲良くなった青木さんからメール。
「名刺、作ってよ」
私にお仕事を下さったのです。
それから青木さんと私のたーくさんのメールのやり取り。
どうやら向こうではお客さんやら奥さんやらと
名刺のデザイン会議をしてくださってるらしく、
データつきのメールをおくるたび、
色々リクエストとか提案が帰ってくる。
「名刺を配れば、石巻でも暢ちゃんの仕事が来るかもよ!」
とはるか石巻で『被災者』であるはずの青木さんが
私の営業をしてくれてはるのです。

CIMG3041.jpg


自分のチラシ名刺を同封しといて今更やけど。
いかん。なんか、あべこべになっている。
私が支援されてどないすんねん…。

と、青木さんご夫婦の優しさに
胸いっぱいになっているとき、
私が大好きなサックスプレーヤー登敬三氏が
東北ツアーで石巻に立ち寄ることを
知ってしまったのです。

CC08F014.jpg


私はいつも、軽率なんですね。

「よし、ノボリサンにデリバリー頼もう」
と軽い気持ちですぐに登さんに電話したんです。
なんか映画『ブルーインザフェイス』のマドンナみたいに
Music Delivary(音楽をお届け)できたら、粋なプレゼントだなあって。
(ってほとんどご存じないですよね…)

ところがそこからが大変。
のぼりさん一人で…と謙虚に考えていたら、
ファンファーレ・ロマンギャルドなる大所帯(このツアーだったんですね)が
https://www.facebook.com/romangarde#!/romangarde
青木さんの店でミニミニライブを敢行してくださることになったんです。

予想外の展開に私もびっくり。
青木さんはたぶんもっとびっくり。
どんな音楽?どんだけ場所とるん?
きっと青木さん、色々考えさせてしまったと思います。

でも、そんなどたばたのなかで、
音楽は無事、届けられ、
「楽しい演奏でした。
生は迫力あるなあ。いい思い出になりました!
ありがとうね」
と青木さんからお礼のメールをいただいたのでした。
私のめちゃくちゃな性格を知っているのに
いつもやさしく受け止めてくれる登さん、ありがとう!
ファンファーレ・ロマンギャルドさん、ありがとう、ほんと、ありがとうございます。
京都おかえりの際は絶対行きます!

と。
なんだか。
まったく私自身はなーんもしてなくって、
なんだか、むしろ、「漁夫の利」的なチャッカリ感が
我ながらかなりお恥ずかしい…。
いまのままでは、周りの人に迷惑かけまくって、
気のいい、石巻のアオキさんを巻き込んで
いろいろとしているだけではないか。
と、チョット自己嫌悪もありますが、
すみません。へこたれません。
『ヒ(非か否)・被災者』として、ゆっくり、
3.11が日本に残した爪あとを忘れず、
でも、3.11が引き合わせてくれた縁には感謝して
時に迷走しながらも、歩んでいきたいなあと思っているんです。

話が前後してしまうけど、
前述の本を読み終えて
「津波というより茶色をした巨大な壁」
「医者も被災者なんだと不眠不休で働いていた医者がつぶやいた。彼は妻を津波で失っていた。」
いろんなことばが今更ながらあたまのなかをぐるぐるしています。
この本は2011.8.30に刊行された本。
こんな文章もありました。
「これからの戦いは困難を極めるに違いない。そうした戦いを
さらに熾烈なものにするのが、被災しなかった人々の無関心と鈍感さなのだ」

私になにができるのか。
私になにができたのか。

わからない。

いま、私はもう支援をしたいとかはおもっていません。
ただ、ちょくちょく、石巻へは行くつもりです。
出会う人たちのきもちがあったかいから。
ちかいうちに青木さんに名刺を渡しにいきます。

たのしみだなあ。


石巻

追伸:
救命という本に興味もった方、
読んでみたいなあ、でも買うのはなあという方。
お貸しします。

----------------------------------
追記(2013.3.15)

こんなすばらしい演奏をしてくださったみたいです。
もう最高!!
ありがとう!!




  1. 2013/03/11(月) 18:30:26|
  2. 石巻なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

去年のことなんだけどね。

まだまだ京都は寒い日が続いています。
雪が降ったりやんだり。
底冷えで足元は靴下三重でやっとあたたまり、
お腹には腹巻。室内なのにマフラーつけっぱなし。
だけど私はここ何日か
下鴨納涼古本まつりのイラスト制作。
うちわを持つ人やらアロハのにいちゃんとか描いてます。
なんかそんな私が可笑しい今日この頃です。

さて。
ウェブの世界では日々いろんな情報が発信されていて、
私が携わった催しとかがアップされてたりすると
勝手に図に乗ったり照れたりしています。

2012.12/8 UCHIWAライブ
mdnights.jpg

私を育ててくれたマスターの追悼ライブを去年企画したのですが
(以前ブログにも書きましたっ→ http://nonkimegane66.blog.fc2.com/blog-entry-34.html )

こちらを撮影してくれたカメラマンNAZOCHUさんが
写真をアップしてくれはりました。
http://www.nazochu.com/121208-1.html

因みにこの日私が着ているスーツは亡くなったマスターのものです。
躍動感あふれるとっても素敵な写真群。
ありがとう!NAZOCHUさんっ!

もうひとつは
2012.12.26.ああ素晴らしき音楽祭@神戸チキンジョージ

20121226_a.jpg

このライブの模様がアップされていました。
しょっぱなに私のイラスト。
これも、う、うれしい。



今年は絵の行事が色々目白押し。
今年を乗り越えれば新しい自分が待っているような気がします。
絵の行事。
詳細決まり次第お知らせしていきますね。


  1. 2013/03/04(月) 18:33:52|
  2. ライブなのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0