FC2ブログ

暢気眼鏡の日々

京都市在住のイラストレーター、ナカガワ暢の日記です。

春の古書大即売会チラシできましたー

huruharu2013.jpg

私は色々鈍いほうなんですが、
暑いとか寒いとかも鈍感なほうで、
冬はやっぱり寒いなー
夏はやっぱり暑いなー
位にしか温暖の差を感知できない人間です。
でも、そんな鈍感力に優れた?私でも今日はカナリ寒かった!
昼過ぎから用事で2時間ほど自転車を走らせていたのですが、
さむいことさむいこと。
でも後半はちょっとカラダもあったまってきて
鼻歌歌いながらの極寒サイクリングを楽しみました。
鈍感力、たかいですね、私。

さて。
寒い寒いといいつつも、
来週はもう3月。
ハルはすぐそこまで来ています。
そして、昨日。
春の古書大即売会INみやこめっせのフライヤーが
刷り上りました。

CIMG3018.jpg

ナカガワ暢シリーズ第4弾です。
パチパチパチ。

CIMG3026.jpg

毎度のことながら、ああだこうだと
試し刷りの紙に埋もれながらできあがっていったわけですが…。

今回は、初の手書き彩色。
これがいちばん、やっかいでした。

フライヤーを作る際、
私の絵には、本当はPC彩色が向いています。
線画だけを手描きで描いて、彩色はPCでする。
コレが私の大体のパターンです。
PC彩色であれば
色みの変更もしやすいし、
原画を取り込む際の再現性のリスクもない。
色味もパキッと出て、遠めにも目立つ。

でも、手描きのほうがあったかいしなあ。
ということで、ちょっと覚悟をきめ、
手描きにしてしまったのでした…。

GENGA.jpg

CIMG2940.jpg


これが原画の写真。
わりに思ったような絵がかけたのですが、
想像以上にチラシへのデータにかえるのがたいへん。

最初は原画の風合いを出したいナーと思ってました。
でも、印刷媒体になると、想像以上に
本来よさであったはずの風合いが
暗い!汚い!もっさい!
何の負けるものかと
PCと格闘し、調整してもうまくいかない。

そして。
私は気持ちを切り替えることにしました。
アッサリ、PCに降伏。
この原画を使って、フライヤー用にPCで違う作品を作る。
そう思うことにしました。
どんな媒体に刷られても、引き伸ばされても、大丈夫!な作品を作る。

そう切り替えたら、とたんにいろいろ順調に回りだし、
結構大胆に色みの調整をして、
原画とはまた違う味わいの絵が出来上がっていました。
一時はどうなることかとハラハラしていたのでほっとひといき。
幸い、古書店の方が上手に時間配分してくださり、
十分な時間を使って、納得のいくフライヤーが作ることができて本当によかったです。

CIMG3024.jpg


と。
ほっと一息もつかの間。

今から、夏の下鴨納涼古本まつりのフライヤー用イラスト作り。

CIMG3021.jpg

その絵でウチワも作ってくださるそうな。
わあ。うれしい。

でも、この極寒の夜に
納涼祭りのチラシ…。

ブルブルッ。
スポンサーサイト



  1. 2013/02/24(日) 21:51:14|
  2. 古本市なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

オーガニックレストランSalute

CIMG2964.jpg

京都タワーの裏手にある、オープンしたてのお店、
オーガニックハウス・サルーテ
https://www.facebook.com/Salute.kyotojp
で、昨日、ランチを食べてきました。

この写真の手前にあるフライヤーはもちろん。
illustration&designナカガワ暢です。

こちらのお店、私が学生時分からお世話になっている
イタリアンDA MAEDA
http://dp47104697.lolipop.jp/damaedamain.html
の前田さんが手がけられています。
そういえば大学の卒業式の日に前田さんとこ、いったなー。
そういえば私のことミュージシャンの辻あやのさんと勘違いしてはったなー。
と、色々懐かしい。


で、今回。そんな長ーい付き合いの
前田さんにはじめて、イラストレーターとして
新店舗の案内フライヤーというお仕事をいただいちゃったのでした。

なんだか昔ながらの付き合いの方に改めて
仕事の依頼をされるってチョット照れくさく、
でも、成長した自分を見てほしい思いもあり。
結果、とっても喜んでいただき、
ほっとしています。

さて。
オーガニックハウス・サルーテ。
マ、マクロビオティック調理法とやら
(この言葉がいまだに覚えられない)で
丁寧に丁寧に、無農薬無化学肥料の農法で採れた
素材の味を生かした料理。
堪能してきました。


CIMG2971.jpg

こちらが

ベジ菜定食 950円

野菜いっぱい!なかなか一食でこんなに野菜採れません。
そして味はほっこりあったかい、懐かしい味です。

CIMG2975.jpg

saluteutuwa.jpg

器、カワイイ。

デザートも、美味しい!!
乳製品を使わない
マ、マクロ何とかのローフードスイーツ。

CIMG2979.jpg

甘さが優しい。
丁寧な味。

珈琲も
こくもつコーヒー
というノンカフェイン珈琲で
素朴で、ほっとする味。
私の眼鏡もおもわず、ほっこり。


CIMG2985.jpg

京都駅の近くで美味しいランチ、食べたいナーと思ったら。
ぜひ立ち寄りくださいね。

「ナカガワ暢のブログ見ましたー」と一声かけてくれはったら、
ナカガワの面白話が聞けるかもしれない?!


オーガニックレストラン サルーテ
営業時間 11;30-14;00 ランチタイム  14;00-17;00 カフェタイム
TEL 075-341-3737

MAP.jpg




  1. 2013/02/17(日) 02:32:36|
  2. チラシつくったのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

机上の絵空事の買いもの袋

その晩遅くなってから我が家に火事があり、近所の家まで焼けてしまった。
警察では漏電だといったが嘘だった。ほんとは俺が机の引き出しにかくしておいた
一匹の蛍が原因だったのだ。

寺山修二・映画「田園に死す」より

CIMG2955.jpg

私はいま、「机上の絵」を描いています。
古本市の買いもの袋に使われる絵なのだけれど、
古書店の方とたくさんお話して、アドバイスをいただいて、
ただいま奮闘中。

で。ふと私の狭い部屋に所狭しと貼られているチラシを
眺めていると、この寺山修二記念館のチラシの文が飛び込んできたわけなのです。
机の中にかくしておいた一匹の蛍。
いつ読んでも、心がざわつく、寺山修二節。
このチラシの文を読んでいると
「テーブルの荒野」という詩集も出しているらしく、
寺山修二は「机」をこのんで題材にしてはったみたい。

たしかに、「机」って、イイ。

私の毎日は、机にへばりついている毎日。
いつしか、机が自分の一部になっている。

「机上の空論」という、言葉があるけれど、
たとえば、「机上の空論」を描いてみるとしたら、
素敵な素敵な絵が生まれるような気がする。
むむ?!となると、机上の空論は、
机上の空論で無くなってしまうかしら?
なんて、これでは、机上の空論についての机上の空論ですね(笑)

CIMG2961.jpg

というわけで?!
古本市の買いもの袋が
いままでのビアズリーのイラストから
私の絵へ、リニューアル。
わたしにとっても今まででイチバン
大きな仕事、といえるかもしれません。
わくわくのどきどきです。

ただいま制作中ですので、絵はお見せできませんが、
ここでこのたび使用している
画材をお見せしましょう。

CIMG2958.jpg

ふふふ。
ただいま、私にとって断突!イチバン!お気に入りの画材!
つけペン、made in ITALY。

これはうちがウェディングボードを描かせて頂いたCちゃんが
新婚旅行にて買ってきてくれた、おみやげ。
今回は、私の絵のいたらなさをこのペンが救ってくれるだろうと?!
使ってみました。
ベネチアングラスの美しいガラス細工。握った具合もいいし、描きやすいし。
あとは、ボキリとやっちまわないように注意しなくては。
ほんとほんと注意しなくては。
オンナ赤塚不二夫、女バカボンみたいないでたちが私の家着。
女バカボンがベネチアングラスのペンで描いてるなんて
チャンチャラおかしいのですが、
なんだか、不思議とやる気も倍増しちゃったりします。

そんなこんなでただいま、
古書店のかたがたと力を合わせて、
買いもの袋のデザイン、考えています。

長く、かわいがっていただけるような、机上の絵。
きっと描きますので
皆様楽しみにしていてくださいね。

CIMG2962.jpg














  1. 2013/02/13(水) 14:26:30|
  2. 古本市なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

個展が延期になりましたっ!!

P1040012.jpg


みなさん。
こんにちは!
さむいさむい毎日ですが、もうじき春ですね。
今日も自転車をこいでいると白い梅のつぼみがぷっくり。
まだちいちゃかったけど、あと、2週間もすれば
ちらほら咲いているんでしょうね。
なんだかどたばたしていたら、あっという間に
そんな時期になってしまいました。

さて。
すみません!!!
1年ぶりの個展、「梅と六人の女」が
1ヶ月程延期になりました。
中にはすでに2月中に来てくださると
連絡をいただいてた方もいて、
ほんとうにごめんなさい。

え?さては絵が間に合わなかったんだな?
イ、イヤイヤイヤイヤ、そ、そんなことはありません(ドキドキ)。
喫茶・梅の「お母さん」がひざの手術で
2月26日から1ヶ月ほど、入院することになったのです。


CIMG2951_2.jpg

私はこの5年間。
喫茶梅さんで毎年、この時期に個展をしています。
歴史ある花街・上七軒の西端、北野天満宮の東門前で
40年もの間、喫茶店をしてはる梅さん。
この時期は梅花祭でいつも多くのかたでにぎわっています。

CIMG2954_2.jpg

いつ行っても、梅さんでは、ほっこりとしつつ、凛とした空気が流れ、
喫茶店て、おとなの社交場なんやなあと、思ってしまいます。
ひととひととのつながりの中で、やっていいこと、あかんこと。
直接説教されたわけではなく、
梅さんで個展をするたびに梅のお母さんや娘さんのMさんや
常連の皆さんのたたずまいで自然といろんなことを教わった気がします。

CIMG2953_2.jpg

一昨年くらいからか梅のお母さんの足は私にも痛々しく見えました。
何十年とゆっくり休むこともなく
お店をつづけてきたお母さんの足が悲鳴をあげはじめていました。
ここ最近は、その痛みは、増すばかりみたいで、とうとう、
ひざの手術をすることにしはったのでした。
お母さんは2月25日梅花祭の日には店を開け、翌日から
ひざのための療養に入ります。

娘さんの力を借りてはいるものの、
日曜だけお休みを頂き、
朝から夕方までお店をあけてきはった毎日。
本当に美味しい丁寧な味のする珈琲。
生き生きとしたおかあさんの笑顔を見に、
お話をききにやってくる常連さん。

私は梅のお母さんほど「頑張る女性」を見たことがありません。
いや…。みんなみんながんばってるんやけど、
梅のお母さんほど、ストイックに頑張る女性を知りません。

私の心から尊敬する人の一人、梅のお母さん。

突然の個展の延期には
私も、正直、面食らいましたが、
私をいつも心から応援してくれはる梅さん。
ひざの手術も不安やろうと
自分の個展の心配より梅のお母さんの膝の痛みが
無事にとれればいいと、個展の延期はなんとかなります!
と即答してしまいました。

実は6月・10月にも個展の話があり、
いろいろと大変な予感もするのですが、
なんとかなるやろなんとかしたるわいな。

お母さんの膝がよくなってほしい。
と心から願っておるのでした。

梅のお母さんの膝の様子次第で
個展の新たな詳細を決め、UPします。

もしもすでに予定を組まれていた方がいはったら本当にゴメンナサイ。
でも、時期が変わった分、中身も変えていこうと思いますので
いつもと違う暢と出会えるかもしれません。

どうぞご期待ください。

うめ1
  1. 2013/02/06(水) 15:36:50|
  2. お絵かきなのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2