FC2ブログ

暢気眼鏡の日々

京都市在住のイラストレーター、ナカガワ暢の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

下鴨納涼古本まつり

a4hunatu2018-1.jpg

みなさま、残暑酷暑、お見舞い申し上げます!
祇園祭の鉾巡行を見た一日だけで
しっかり日焼けはして(油断大敵)もう夏は満喫しました、と。
以降、夏から逃げて逃げて逃げて、すっかり引きこもりのわたくしです。
引きこもって、とある仕事で個展並みに
せっせとイラストを描いたこの一ヶ月でした。
何を描いたか、いつご報告できるかな?
おたのしみに!

といいつつ昨日から始まりました
下鴨納涼古本まつり
私にとって、夏の欠かせないおまつり。
80万冊の本が糺の森に出現します。

P8151036.jpg


さて。

私は古本やさんたちの会話が好きです。
気取らない言葉にちょっと辛味が効いてたり面白みがあったり、
言葉を知る人たちの会話は豊かで心地よくてワクワクします。
一方で私のおしゃべりは無駄に長くて下手なのだけれど
皆さんの優しさに甘えてつい気づけばタラタラ話していたりします。


私、自宅の本棚の古本まつりで集めた本たちを見ると
みんな私好みやん~!最高の本しかないやんーって
ウットリしちゃうんですよね~。

と言ったらちょっと呆れた顔で笑われてしまいました。
我ながら恥ずかしいナルシスト発言だけど、事実。
好きな本しか買わないし、手元にあってほしい本しか買わない。
歳を重ねるたびに買った本を後悔することが減ってきました。
妥協はしないのに、本に惚れっぽいのか、
永久に私をメロメロにしてくれるような本とすぐ出逢ってしまいます。
自宅にて、少しずつ集めたそんな愛おしい本たちの背表紙を見ては嬉しくなるし、
パラパラ見ては同じ個所でキュンときて、優越感にひたってしまう。
巻末の古本やさんの札を見て、この本はあちらですか!と店のかたの顔を思い出し
そういえばこの本買ったときこんなことあったな~とニタついたりと、
本との出逢いも意外と覚えている。

古本まつりで運命のように出会った宝物たちは無論
ネットでポチリスタイルではまず辿り着けない本ばかりです。
そして振り返ってみたらこの宝物がなければ描けなかった絵も多いように思います。
今回の古本まつりではどんな本と出会えるかな。
期待に胸を膨らませながら。目の前のいとおしい本たちを眺めながら。
あしたいくつもりの古本まつりに今からワクワクが止まりません。

「第31回下鴨納涼古本まつり」
:2018年8月11日から16日
下鴨神社糺の森
〒606-0807 京都府京都市左京区下鴨泉川町59
10時~17時30分(最終日16日は16時にて閉場)
スポンサーサイト
  1. 2018/08/12(日) 15:42:26|
  2. 古本市なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋の古本まつり

10/28よりはじまった個展。
おかげさまで大変盛況で
いつも、うれし涙で、瞳が潤んでおります。

2017秋a4-1

京都古書研究会40周年記念
「第41回秋の古本まつり 古本供養と青空古本市」
開催日 :2017年11月1日から5日
場 所 :百萬遍知恩寺
京都市左京区田中門前町103
営業時間:10時~17時
(1日は9:15より古本供養あり)

あっという間でもうびっくりしとおしなのですが

もう明日から秋の古本まつり。

昨日の夕刊にも載っていた筈!
ああ、やばいわ、まだチェックしていない…。

今回の古本まつりの目玉はなんといっても

ぬり絵大会の絵が一堂に展示されること。

ナカガワ暢の絵に、色とりどりの色を付けて塗ってくれたぬり絵大会。
ずらーっと並んだ絵たちを見たとき、
私の描いた線が、一人ひとりの色によって新たな生命を宿していて、
一枚一枚が話しかけてくるようで、
どんな不思議な魔法より不思議で幸せな気持ちになり、
この絵たちと、ずっといっしょいいたい、とおもいました。

今回、○○賞とかもございまして。
ナカガワ暢賞も、あったりします。

でも、力の入った、すごい作品があまりに多くて迷いに迷い、
完成度と言う点ではあまりに皆完成度が高く、選ぶことが出来ず、
可能性を感じる、これからの伸びに期待したい一枚を選びました。

PA031384.jpg

なので、今回受賞を逃した方もどうか、お気になさらないでください。
ナカガワ暢が賞を差し上げたい、工夫、思いのこもった、愛おしい作品は、本当に本当にいっぱいあったんです。

それぞれの作品がアイデア、工夫、遊びに満ちていて。
うれしく、勉強にもなり。
下鴨納涼古本まつりの会場で描いてくれた
皆さんのことを思い出し、キュンとなったり、
持ち帰り描いてくださった方たちに関しては
どこで描いたのかなー台所かなー
と想像をたくましくし。
水彩、クレヨン、色鉛筆、マジックと
色々な画材を駆使して描かれたぬり絵に興味シンシンで
どんなにみても見飽きないものでした。

この絵はどのように飾られているのか、
今から楽しみでなりません。

私は初日の朝にちらり伺うつもりです。

ぬり絵大会にご参加いただいたみなさま、
ほんとうにありがとうございました。

一生の宝物になりました。


  1. 2017/10/31(火) 08:36:24|
  2. 古本市なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

古本とぬり絵大会、夏の思いで

古書他_0007

いろいろと用事とか遊びとか仕事が重なり
目が回るような慌しさだったお盆が終わり、
ようやくナカガワ暢の『夏は引きこもるに限る』が
実践されようとしています。
何度作ってもへたくそなMY冷やし中華も
うーん、このべちゃっと感がいとおしいことよ、と
ようやく戻ってきた日常と、ホッとして食べております。
といいつつ、明日は大阪にライブに行くけど。

さて。

今年の下鴨納涼古本まつりは
今迄で一番熱い夏でした。

だって、だって、ぬり絵大会があったから。

5種類のぬり絵を古書店の方と
相談を重ね作成。
ついつい線を描きこみたくなる私を
ぬり絵の線は細かくてはダメと制して下さるSさん。
気づいた私。
『手を抜かずに線を抜く!』
この言葉を気に入りすぎて
他でも言ってはみたものの反応いまいち。
悔しいからブログに載せておきます。

わたしなりに色々と考えて、
5枚の絵を描き、多少の準備のお手伝いしつつ。

でも、さほどは混み合わないだろうと思っていたのですが…。

始まってみるとなかなかの盛況。
少なくとも私には想定外の繁盛ップリ。

P8131495_2.jpg

隣の児童書コーナーのお姉さんたちに助けてもらいつつ、
紙を配ったり、色鉛筆の芯を削ったり。
子ども達の絵を見て感想を言ったり。
子をあやすお母さん、お父さんに感動したり。
友人達も駆けつけてくれたり
(そして、余裕ゼロ状態の私を悟り、すっと帰ってしまわれたり…ごめんなさいいい)

日ごろ引きこもって、ぶつぶつ独り言、言いつつ絵を描いて
イチニチを終えていく私にとって、それは感動に溢れた時間でした。

自分のイラストにいろんな形で色がほどこされていくことがなんとも嬉しい。
けっこうな人数の方があの暑い中、親子で(時にカップルで!)ぬり絵を完成させていく。
色をぬる、絵を描くって言う行為が『たのしい』んだなあって。
日ごろ生業にしていると時に忘れそうになる感覚を
教えてもらったり。
子どもやお母さんお父さんとお話していたら
風がすっと入ってきて。ああ、風が気持ちいいですね。
と、また他愛ない話をしたり。

色々な瞬間が、今ふりかえるととても貴重で
ずっとずっと忘れたくない、いい思い出がまた一つ増えました。

皆さんの力作ぬり絵たちは秋の古本まつりで飾られる予定です。
是非、見に来てくださいね。
わたしはぬり絵隊長の特権で、一足先に
皆さんの絵を鑑賞中。
ああ、たまらなく、いとおしい。

2017秋a4-1
2017秋a4-2

京都古書研究会40周年記念
「第41回秋の古本まつり 古本供養と青空古本市」
2017年11月1日から5日
百萬遍知恩寺
京都市左京区田中門前町103
10時~17時
初日は9:15より古本供養あり


そうそう、ぬり絵大会では素敵なお母さんがいっぱいで。
子をあやしたり、一緒に絵を描くさまは、美しいと、おもいました。

Lippi.jpg

  1. 2017/08/21(月) 19:11:32|
  2. 古本市なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

下鴨納涼古本まつり 明日から!

28_20170810102141cc1.jpg

昨日新聞載ったぞー!

毎度のことながらやはりうれしいです。

今年はナカガワ暢がお手伝いさせていただきました、
子どもぬり絵大会も開催されます。

私は

11日 13時より
13、16日 12時より

います。

一緒に描いてくれる仲間が
いるときは仲間に一生懸命うちわを振る。

誰も一緒に描いてくれないときは
ガチでぬり絵を描くつもりです。

どんなものが出来上がるかな。

こうやって塗ったら良いんだよ、とか
アドバイスもらったりして。
いや、でも、ここがさ、とか
私も言い返したりして。

お絵かきに年齢なんて関係ないので
意見交換も楽しみです。

3森で読書

5枚ぬり絵があって、
私のなかではこれが一番難易度が高いかな。

お子さんにはちょっと難しいかもしれませんが!
こども画伯さんたちとの共作、たのしみにしています♪


※諸般の事情により日にち等変更することもありますのでご了承下さい。
  1. 2017/08/10(木) 10:29:49|
  2. 古本市なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

下鴨納涼古本まつり

a4hunatu2017-1.jpg

京都古書研究会40周年記念
第30回下鴨納涼古本まつり
2017年8月11日~8月16日
下鴨神社糺の森
〒606-0807 京都府京都市左京区下鴨泉川町59
10時~17時30分
(最終日16日は16時にて閉場)

27_201708050854500d3.jpg


小説&映画『夜は短し歩けよ乙女』の舞台にもなった
下鴨納涼古本まつり!
いよいよ11日からです。

ちなみに映画のイラストは中村佑介さんの作品です。
先日、中村さんが「イラストレーターはイタコのようなもの」
とおっしゃっていて、しびれました。
そうそう、依頼して下さった方の求めるものを
どんだけ汲み取り描き切れるか。
私が心から尊敬するイラストレーターさんです。
一流のイタコ、目指します!白目!

さて下鴨納涼古本まつり。今年は40周年を記念して。
なんと。

3森で読書
子どもぬり絵大会

が開催されます!
ぬり絵のパターンは全5種類。
今までのチラシのイラストをもとにした
オリジナルのイラストたちです。

自分のイラストがぬり絵になる日が来るなんて。
感無量です。

私は11日は13時より。
まずは行く予定です。

huru.jpg

森の中でぬり絵、楽しみましょう。

小さな絵描きさんとの出会いが今から楽しみでなりません。

集印帖2017-1

本部に置いてある会場案内図を持って
古本まつり、是非満喫して下さいね。
ことしも特製うちわも、配布しています。

P8151050.jpg

そうそう。

あしたは
日曜ワイド朝10時から
テレ朝『おかしな弁護士』

ちょっとサブカル臭もする、眼鏡コンビの大活躍。
おかしな刑事チームの新たな挑戦。お見逃しなく。

  1. 2017/08/05(土) 09:22:06|
  2. 古本市なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。