FC2ブログ

暢気眼鏡の日々

京都市在住のイラストレーター、ナカガワ暢の日記です。

梅と六人の女 其の⑩ 閉幕

11_20180408005903633.jpg

喫茶梅の扉が開き、お客さんが入ってくる。
梅のお母さんがおしぼりと水を置く。
「珈琲で」
お客さんの目線がふと壁で止まる。
お母さんが
「いま、この子が個展をしてますねん」
と案内してくださり、へへ、と私が
お客さんに案内を渡す。

こんなやりとりを何百回と、してきたのだろう。

無事、梅と六人の女 其の⑩
今日で終えることができました。

12_20180408005345a25.jpg


お越し下さった皆様、
応援下さった皆様、
本当にありがとうございました。

去年ナカガワ暢10周年の節目で
梅と六人の女(略してウメトロ笑)も今年で10年目。
梅さんでの思い出は、まるまるナカガワ暢の歴史です。

15_20180408014004dc8.jpg
(10年前の個展案内)

喫茶梅は、花街・上七軒で50年ちかくしている歴史ある喫茶店。
はじめの何年かは、梅さんでの個展は
光栄である一方で、緊張もしました。
でも毎年ごとに梅さんとの仲が深まり、
常連さんとも顔なじみになり、
今ではまるで家族のように接してくれて
いまは、どこにもかえがたい居心地のいい空間です。
ことしは、ふらりと立ち寄られたイスラエルから来た夫婦が絵を買ってくださったり、
梅さんを通じてたくさんの方と出会い
その出会いが色々なふうに転がっていき
ここでは書き切れない、いろんな世界を見せてもらっています。

16_201804080127499c3.jpg

また、ギャラリーとは違い、梅さんは喫茶店なので
私を応援しに駆けつけてくださった方に
飲食をしていただかなくてはいけなかったり、
他のお客さんがいる場所に絵を観にいくことができず
時間をとらせてしまったりと気を使わせてしまったりで、
申し訳ない、と思ったりもします。
でも、わがままとわかりつつも。
気配りをしたりさせたり、
近況を報告したりしてもらったり
お菓子を頂いたり一緒に食べたり
そこにお母さんも入ってきたり
雨降ったり、梅が咲かなかったり、桜が早く咲きすぎたりが
本当に楽しい日々でした。
在廊の毎日がちいさなドラマで溢れていました。

今年のウメトロは例年に比べて長かった上、
天神の日(毎月25日)が2月も3月も日曜でスタッフ参加
大賑わいでへろへろになったり(絵のお買い上げもありました!)、
北野をどりが私のラッキーナンバー第66回だったり、
なんだか色々スペシャルだった気がします。

来年も開催したいと思うので
花街・上七軒の春の小さなウメトロ騒動に
是非来年も、来年こそ、ご参加して下さい。

喫茶梅様、本当にこんな私を10年ありがとうございました。
どうか来年も宜しくお願いします。

13_20180408005347c1d.jpg

次号 特捜9。


スポンサーサイト



  1. 2018/04/08(日) 01:51:03|
  2. 個展なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

個展「暢気眼鏡」 6,7日目そして最終日

さて。

11月5日に終わった個展の話を
ゆっくり書き過ぎて。

このペースだと年明けるなあと
半ば冗談で思っていたら、
ほんとうに年が明けそうです。

ということで。
個展の話。
今回やたらナカガワ暢自身の
写真が多くてごめんなさい。
自分でみてもちょっと気持ち悪い笑

個展6日目
日本で唯一のきのこライター堀博美さん現る。

43_20171231093009ede.jpg

彼女のぶれない生き方に
いつも、刺激をもらっています。
いただきもののあじゃりもちを差し上げたら
お礼に?きのこ観察@奄美にて人食い沼に
食われかけた話などを聞きました。
面白いきのこ話。
珍菌 まかふしぎなきのこたち
最新刊、おすすめです。

この日の夜はいつも
応援して下さってる方たちのパーティーへ。
そしてびっくり。
私の10周年を祝うパーティーでした。
おもえば、私自身をこんなに祝ってもらうパーティーなんて
大学卒業以来。
ケーキまで用意して頂き。
感謝とか信じられない思いで
後半、涙腺決壊。

44_20171231093011ed3.jpg

7日目。
私の原点MDcafeのメンバーが三人来てくれました。
ひとりは、なんと私の絵を購入下さり。
なんだかとても照れてしまったりして。
ひとりは私の個展でしかあわなくなったMDの常連。
絵を描く方なのでその都度、緊張。
ひとりは、私のこの眼鏡を買った眼鏡やさん。
おそらくははじめて個展にきてくれて。
授業参観のような気持ちになりました。

最終日。
昼過ぎに祝いでもらったシャンパンを開け、
そのときに居合わせたみんなとともに飲む。
柔らかい日差しの中、それはたいそううまかった。

45_20171231094326de8.jpg

いまやわたしのもうひとりの「兄」のような存在の
元世界フライ級チャンピオンの生駒純司さんより
名店「花もも」の祝いのそばももらいました。
粋な計らい。

盛況のうちに個展はぶじに幕を閉じ。
こころから敬愛するイラストレーターであり現代美術作家の
城戸みゆきさんに搬出を手伝ってもらう。

速やかに搬出を終えて城戸さんとプチ打ち上げ。

47_20171231095259ce4.jpg

わたしは先日発売されたアルバム川村結花さん
「ハレルヤ」の乾杯のうたをはじめて聞いたとき涙が出た。
10周年の私のうたやと思ってしまった。
あまりに素晴らしいうたなので個展では
ハレルヤのジャケットイラストとともに
この歌詞をかざった。

城戸さんもこのうたを気に入ってくれて
打ち上げでは、お互いをたたえあおうね、と決めて。
お互いを、ニマニマしながらたたえあって
酒飲んで、たたえあって、ハンバーグ食べて
これ以上なく幸せに夜は更けていった。



その後知ったことだけど
川村結花さんはこのうたを
ライブに来てくださるお客様にむけて歌ったのだそう。

いつも見守って下さる、応援して下さるみなさまに。
こんなうたを送ることの出来る川村結花さんは
なんて素敵なんだと思う。

46_20171231094327d8f.jpg

わたしは、こんな素敵な歌を作ることは出来ないけれど。

この個展では、ブログでは書ききれない多くの方にお越し頂き、
また、この10年でも、たくさんのたくさんの方の力添えで
ここまで歩むことが出来ました。
本当に本当にありがとうございました。

この10年。
イラストレーターの卵と自称していた私が
いつしか、そう言わなくなっていったのは
私のイラストを信じてくれるひとが
いてくれたからでした。
ひとりじゃないってすてきなことね。

振り返るこの10年は、私の宝物です。

明日から新年。

あたらしい一日の始まりです。

11年目もこれからも。
あのひとやこのひとと
大切なものを積み上げていきたい。

ナカガワ暢。
暢気に歩んでまいりますので
なにとぞよろしくお願いします。






  1. 2017/12/31(日) 10:19:23|
  2. 個展なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

個展「暢気眼鏡」 4,5日目 両親と珈琲

CRCP405311_4_ol.jpg


私の親は割と親バカである。
私も私で、ちょっと自慢できる仕事が入ったりするとすぐに親に自慢する。
最近の出来事でいうと川村結花さんのアルバムデザインをさせていただいたことを自慢した。
「川村結花さん言わはるな、SMAPさんの代表曲夜空ノムコウを
作曲しはった方のアルバム、デザインしたんやで」
流行に疎い両親は夜空ノムコウはわからなかったらしいけど、とても喜んでくれた。
で、そののち、個展に父の友人夫婦がきてくれた。
「聞いたよー。凄いね。SMAPさんの最後のアルバムデザインしたんやて?!」
ひっくりかえりそうになったやな。
どう聞き違えたら、そうなりまんねん。
親バカやのうて、それじゃ、バ…。
いやいや、両親の無償の愛が身に染みる今日この頃です。
※私の近辺のかた、うちの家族、私のブログは読まないので、
この記事は家庭円満のために内緒でよろしく。
ただ!川村結花さんの!アルバムをデザインできたこと、光栄に思ってます。

10_2017111511454358a.jpg

さて。
10月31日
サックスの登敬三さんが祝いのシャンパンを持ってきてくれる。
私が最初に描いたライブドローイングは登さんだった。
マスターが入院して私ひとりでMDのカウンターに入ったとき最初のお客さんが登さんだった。
マスターの出棺のとき、強いサックスで送ってくれたのは登さんだった。
あのころ何も常識の知らぬ私は山ほど登さんに甘えて、
時に助言をくれたり、静かに力になってくれた。
思い出しても震えるほどに感謝している。久しぶりに会えて、かぶさるようにハグをして、沢山お話をした。

11月1日
この日は秋の古本まつりの初日
とてもたのしみにしていたぬり絵大会の
掲示もあるということでアサイチに行ってきた。
少しあさからバタバタした。
15_20171207120302000.jpg

両親来たる。
搬入前日、大阪の実家から巨大自画像を運んでくれたので
一週間ほどのうちに二回も京都に来させてしまった。
で、私の自画像を持ってきてくれたとき、父がエスプレッソマシンを持ってきてくれた。

CIMG3051_2017120711273457c.jpg

父に渡しっぱなしになっていたMDカフェのマスターの遺品のエスプレッソマシンである。
100年以上ほぼデザインが変わっていない、イタリアからやってきた超超本格派のエスプレッソマシン。
買えば軽く10万を越える品。
玄人のしつらえすぎて扱い方がけっこう面倒。
ゆえに結局、私がマスターに入れてもらったことはなく。
そんなマシンなので私が譲り受けたものの、使い方がよくわからず。
結局、機械いじりのプロで、珈琲好きな父に渡していた。

を、唐突に持ってきた父である。

使い方、難しくないぞ、ネットに使い方の動画転がってるから、見て、使え。
と父。
こういうマシンで珈琲入れる生活しろよ、一生モンやぞ。と。

弱っていたパッキンなども整備してくれていた。
鉄加工のできる父はタンパーという珈琲の粉を押さえつける専門道具まで作ってくれていた。
世界でひとつのタンパーである。

PC071853.jpg

珈琲が大好きな父。でもって、エスプレッソ「マシン」
本当は自分が使いたくて使いたくてたまらないんだろうな、と優しさにじんとくる。

そして、マスターの最後の言葉は
「珈琲、のもか」
だったという事実。
自分本位なこじつけとわかりつつ、10周年祝いがマスターから届いたような気にもなった。

最近は、だいたい毎日、エスプレッソマシンで珈琲を入れている。
手で豆を挽いて、マシンをオンにしてゆっくりポンプを下ろす。
なかなか安定した味がでないし、レバーがやたら重い。
でも、なんだかとても美味しい。苦味の中に、あじわいがある、とでもいうような。

この機械でミルクフォームも作れるのだが、そちらも悪戦苦闘中。

エスプレッソマシンも、タンパーも、一生使う。
ゆっくり、味わうことにする。
で、このマシンが似合う自分になるよう、精進します。

ありがとう。ありがとう。

追伸
12/11、今回のハレルヤのプロヂューサーであるダージリンさんの、東京でのレコ初ライブ行ってきます。
川村結花さんも出演されます。
最近、長く長く携わってきたはずの「MUSIC」への思いがなんだか
今までと違う感じで熱くなってきています。
そんな思いもあって、一層に楽しみなライブです。

12月11日(月)
Darjeeling 1st Album
「8芯二葉~WinterBlend」リリースライブ

会場:代官山 晴れたら空に豆まいて

出演:Darjeeling(Dr.kyOn、佐橋佳幸)
ゲスト:直枝政広(カーネーション)、三沢またろう、田中邦和、川村結花 他

時間:18:30開場 19:30開演
料金:前売5,500円 当日6,000円

イープラス発売中
御予約・お問合せ:晴れたら空に豆まいて
TEL:03-5456-8880
Darjeeling HP:http://www.crownrecord.co.jp/artist/darjeeling/whats.html

では、また。
  1. 2017/12/07(木) 12:47:47|
  2. 個展なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

個展「暢気眼鏡」 3日目 Nocco姫登場!

あるセレブのモーニング。

16_2017112310294566e.jpg

嘘。
貧乏絵描きが、奇跡的に
リッチになった夢のタナボタ・モーニング。

・山田牧場の手づくりモッツァレラチーズ。
上品で、優しい味、生まれて初めての味で感動!
仲良し姉御より入手。ウッシッシ。レアなアイテムもゲット。
山田牧場 https://www.no-fu-yamadabokujyou.com/
・丹後のOさんから頂いた絶品パン。
・去年イタリアで買ったきのこ味のオリーブオイル
・伊藤五美さんの白い器
※堺町画廊で個展しはるそう http://sakaimachi-garow.com/blog/?p=3376
 繊細な器が美しい、本人はどちらかと言うと黒い←余計
・MDカフェにあったエスプレッソマシンで入れたエスプレッソ。
・個展でいただいた花←まだあるのよー!土に植え替えたものはゾクゾク新芽でてる!

まあ、このトリミングをあと5センチ拡大させたら
永谷園の麻婆春雨他、庶民アイテムがいっぱい入ってきてしまうんですが
この写真、奇跡的に叶姉妹のインスタに匹敵するファビュラスな感じやと(今はまっている)と、
嬉しくなってしまった私でした。
って、ファビュラスってなんやろう。


17_20171123104003ab8.jpg

さて個展3日目。着物を着ていきました。
思いの外上手に着れませんで、
お越しいただいた方の苦笑が目に焼きついています。
そしてリベンジを決意して再度着た日も、全く上手く着れませんでした。
でもめげまへん…。
※あ、写真は、選りすぐりの、まだ、ましな写真を掲載。テヘペロ。

18_201711231046487de.jpg

この日はベリーダンサーMinoriちゃんが来てくれました。

19_2017112310485472f.jpg

ああ、かわいい。

で、急遽面白い展開に。
今回描き下ろしたNocco姫とminoriちゃんが一緒に踊ってくれることに!なりました。

20_20171123105609499.jpg

La matière《ラ マティエール》
SawakoAma 帰国ツアー大阪vol.4


多彩なゲストによるBellyDance、Tribal Fusion、フラメンコ
中東音楽、スパニッシュ、和からのアプローチに加え、
ステージバックには Chuling Chang による「Neo Orientalism」他
Art×Music×Danceが溶け込みます。
日時
2017年12月16日(土)
18時15分open 19時start
料金
ADV 5500円《1ドリンク別》 DOOR 6500円《1ドリンク別》

で、minoriちゃんが舞う演目は…

タンゴオリエンタルフュージョン
テーマのイメージ《ベルベット赤、黒》
ベルベットがもつ奥深い魅力は重なりあうことでさらに魅力を発揮。
minoriちゃんと弦の関係性がそうであるように。

もう一曲は
自身がモデルになったNocco姫 とシンクロニシティをお楽しみいただきます
この日この時にしか出会えない minoriさんに出逢えるかもしれない。

と以上、コピペでした。

21_2017112315205395b.jpg


どうなるんでしょう。
もう、本当にワクワクしています。
動画ではなく一枚のイラストなので
使いにくいんじゃじゃないかなとか心配しつつ、
楽しみで楽しみでなりません。
まさか私の描いたイラストが舞台にあがる日がくるなんて。
うちが猫背であーだこーだと産み出したイラストが
まったく想像もつかなかった展開に、動きつつあって。
minoriちゃんに感謝。もう、ホント感謝。
とてもゴージャスなイベントのようなので、是非、ご一緒に。
たった一度の、スペシャルな夜です。
当日は、わたしは、ひょんな話のながれから、物販までする事になりました。
キューに、フーテンの寅さん並みに、物売り暢さんになってますなあ。
うちは、じつんところ、生まれは大阪。
ばらまいたるでェ、Nocco姫クリアファイル。
欲しい人はお早めにね。当日会場にこれなくて
お求めになりたい方はお気軽にお問い合わせ下さい。
さっさと売り切っちゃいまっせー。

そうそう、急遽参加?に伴い、プロフィール写真を求められ、
自分の写真は恥ずかしいなあと今回描きおろした自画像を使うことにしました。

PB011638.jpg

改めて使用されているのをみると、むしろ、恥ずかしい(笑)

あ、個展での自画像対決?の話もまたしよう。
幸いなことに私のライバルは永遠に私、なんですよねえ。
ひゃひゃ。

と、今回はここまで。
まだ個展3日目かーい!
と自分に突っ込むナカガワ暢でした。

次回は何日かドドーッと進めようかな。

では。

明日からフクオカ。
フクオカきのこ大祭に参加してきます!
胞子活動、バリバリやってくるデー。
http://kinokotaisai.net/merchants-list/item/49-413.html

illust_color.jpg

イラストの仕事も、結構来ていて、
でも、やる気満々。
色々楽しんでいきます!

次号、フクオカ話と、個展の話。
の予定!
  1. 2017/11/23(木) 11:34:10|
  2. 個展なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

個展「暢気眼鏡」2日目-マジか!台風再来-

8_20171115113924017.jpg

楽しく終えた、左京ワンダーランド11.12@糺の森
のろのろ撤去作業していたらあっという間に日は暮れて
闇の中で、荷物をまとめていたら
突如、耳元にブオン!と虫の接近音。
チェイ!と払ったのでした。
そしたらその夜から耳が腫れて、どうやら刺されてたみたい。(気づけよ!)
耳だから、鏡を駆使しても、どんだけ腫れているかよくわからない。
痛くはないけど、熱いよーかゆいよー。蜂だったらどうしよー。
気の小さい私は、実は心配していたのですが、
どうやらたいした事なかったみたいで、
今現在、ぽこりと膨れているものの、
かゆさも熱さもなくなって
どうやら大丈夫みたいです。
よかったよかった。

以上、耳がかゆい話。

9_201711151145309fe.jpg

で、個展2日目の話。

2日目。マジか!台風再来。
10月に二週連続台風到来なんてことは記憶にない。
朝から大雨。
思えば一週前の台風直下の夜。
私は今はない、MDカフェという店の絵を描いていた。
10年前働いていたお店で、訳もわからず息苦しかった大学時代に、ひょんな事から働くことになった、
沢山の出逢いと想い出のつまったお店。
その店は、マスターの急逝から私が幕を閉じることになった。

MDカフェの絵は、描こうと決めていた。
この絵を描いてると困ったことに無性に泣けてくる。
マスターを思い出しては泣き、今年6月末に亡くなった常連のFさんを思い出しては泣き。
でもまあ、悲しいというだけじゃなくて、久しぶりにいろんなことを思い出して、
MDカフェを閉じてからの色々も思いだしたりしてね。
台風の雨音の強まりが、私の涙を加速させ。外では聞いたことのない風のうねり。雨音。
私の心の高ぶりに、嵐が呼応しているよう。
私メソメソ涙を流し、外は、ゴゴーッと、吹き荒れる。
嵐はその激しさを増してゆく。
私:メソメソ、外:ゴゴー!バキバキ、ドバシャ!ギャギャギャ!ッガガガガガ!
私:…
「いくらなんでもな!そないに泣かへんわ!」と嵐に突っ込んで(本当の話)
そしたら猛烈に笑えてきて、何だかすっきりして、眠りに落ちた夜でした。

10_2017111511454358a.jpg


で、嵐の個展2日目。
大雨のなか、お客さんは多かった。今年CDを出されたシャンソン歌手の奥様と旦那様夫妻が来てくれたし、
ずっとほほえんで優しい目線をくれる背広のお兄さんは、東京のライブでお会いしたことのあるお兄さんだった
(最初は何かのセールスかと思ってしまった)。
Oさんはいつも通りの自家製ポップ付の花を携え。
長野・松本から小浜からもいろんなひとが駆けつけてくれた。

11_20171115114956ae8.jpg
12_2017111511495901e.jpg

夜には雨も止み、この日は会場を借りてMDカフェの常連たちが集まり、
今年6月に亡くなったFさんを偲ぶ会をした。

13_20171115120052c06.jpg


でも最高齢女子のイボ問題やらでほとんどFさんの話題あがらず、
でも沢山話して沢山笑ってすこしだけ泣いた夜だった。
Fさんがそこにいるような気がした夜だった。

15_20171115120653cef.jpg

photo by F @ MDcafe

  1. 2017/11/15(水) 12:11:40|
  2. 個展なのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ