FC2ブログ

暢気眼鏡の日々

京都市在住のイラストレーター、ナカガワ暢の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

春のチラシ色々フェスティバル

10_2018040517430035e.jpg


  
萩原朔太郎「月に吠える」より

林あり
沼あり
蒼天あり
ひとの手にはおもみを感じ
しずかに純金の亀ねむる
この光る
寂しき自然のいたみにたへ
ひとの心霊(こころ)にまさぐりしづむ
亀は蒼天の深みにしづむ

大学時代に友人に教えてもらったとてもすきな詩です。
森の奥深くにある、深いアオ色に広がる沼、見上げると木々の間から見える蒼天。

さて。
ここ最近、ひたすらライブのフライヤーやCDデザインをつくる日日。
感性がそれぞれに豊かなひととの制作は時になかなか大変で、
フラッフラになることもしばしば。
例えるなら、憧れのひとと付き合えて幸せだけど、
いいかっこしたくて無理してヘロヘロ。
でもヘロヘロになっても、好き。幸せ。というかんじ。
なんてヘロヘロロ自慢?を生意気にもしている私ですが
個展に来てくれた人と仕事の話をしたりすると
当たり前の話なんだけど、みんな色々な思いをしながら
なにがしか抱えながら、働いて、生きているわけで。
こうして好きな仕事で充実した日々を送れていることに感謝だなあと
改めておもう日々です。

さて。
というわけで最近の仕事をゴゴッと出します。
ここ最近の仕事は、「色」にこだわった仕事が多かったです。

日吉くんの「蒼」
Exchange of Courtesies 〜師弟のようなライバルのような谷川賢作&日吉直行、2手と4手の一夜~
谷川賢作p 日吉直行p

4_20180405173741933.jpg
5_2018040517374348b.jpg

谷川賢作さん×日吉直行さんのDUO。
谷川賢作さんhttp://tanikawakensaku.com/
ピアノ×ピアノのバトル。
天からピアノの才能がもらった二人がどんな火花を散らすんだろう。
演奏にそんなドラマ性もあって、必見必聴だと思うな。

大前チズルさんの青。
ZeN ×3 Blue “善禅然青”
大前チズル(P) 中島教秀(Wb) 芳垣安洋(Ds) TeN(歌) 和サブロー(歌)

7_2018040517425685c.jpg
6_20180405174254c18.jpg

チズルさんのおかげでボーカルに中毒化。
和サブローさんもTeNさんも、色々な意味で最高の歌手です。
あっという間に引き込まれるうたのチカラ、演奏と見事にからみあう表現力。
ボーカルの良さはライブに不馴れなひとにも分かりやすいこと。
きっと素晴らしいので是非。
メンバーも実力派の凄腕ぞろいです。
敬愛してやまない粋なピアノ弾きのチズルさんにこうして仕事をいただけるのが、ただただ嬉しいです。
そして私もチズルさんのように好きな表現者と自然に交わっていきたいな。

再び日吉くんの「群青」。
Naoyuki Hiyoshi TRIO
日吉直行(piano)水谷浩章(bass)芳垣安洋(drums)

2_20180405173739ca7.jpg
3_20180405173740f75.jpg

ただ音に生きている日吉くんが選んだ珠玉のメンバーのライブ。
日吉君のイメージを会うたびにリスニングしていて水面を描きたくなり
あたまでどうすればわたしのおもう水面が描けるか構想を練って、ババッと描きました。
描いた時間は割りに短かったけど、なんか完成した途端、どっと疲れたな。

山村有佳里さんの「紫陽花色」。
山村有佳里 無伴奏コンサート

9_201804051742587de.jpg

精力的に色々なところへ赴き活躍するフルート奏者山村有佳里さんのソロコンサート。
聴く人を引きこむさまざまな音色を持ったフルートです。

朗読劇。赤と白と黒。
Art Dance 朗読劇 【身毒丸】

1_201804051737373a3.jpg

昔少しだけ芝居してたのでめちゃくちゃ懐かしかったお題目。
個展に来てくれた友人とテラヤマトークに盛り上がりました。
※テラヤマとは劇作家寺山修司のことです
会場も演者も素敵。
テラヤマワールドは特異な世界だけど
拒絶反応起こす人もいるかもしれないけれど
一度は体感してほしい世界です。
美しくはかない女性、美少年を描くことはとても楽しかったです。

佐津間純さんの「黒」
LIVE@PICNIC vol.7
佐津間 純 / g 小島のり子 / fl 澁谷盛良/ b

8_2018040517425757d.jpg

ギターとフルートとベースというのが
私には珍しい組み合わせで面白そう!
このチラシもなかなかに難産でした。
ジャズのフルートもいいよね。
近ければ行くのにな。

亀  

林あり 沼あり 蒼天あり
ひとの手にはおもみを感じ
しずかに純金の亀ねむる
(純金の亀てなんや)
この光る寂しき自然のいたみにたへ
ひとの心霊にまさぐりしづむ
(手の上におるんやろかこころにおるんやろか
沼にいちばんおるっぽいけど)
亀は蒼天の深みにしづむ
(蒼天の深み?え?え?)

と実はちっともこの詩を理解できないのですが、
突っ込みだしたらとまらないのですが、
でも好きなのでした笑
詩って不思議。

相も変わらず久しぶりの更新が、とっちらかっていてスミマセン。
ではまた。

インスタグラムはじめました。
FBはよく投稿しているのですが
見ることができない方もチラホラ。
気ままに更新して行きますので
よければフォロー下さい。

https://www.instagram.com/nonkimegane6_6/


スポンサーサイト
  1. 2018/04/05(木) 18:58:07|
  2. チラシつくったのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Japonský folkový festival 2018

某日(少し前回のブログのつつきです)。
バロン吉元さんの画侠伝、想像以上に面白く、
確かな画力に昭和独特の香り、ほとばしるエネルギー。
頭からしっぽまでシッカリアンコの入った鯛焼きのような充実した内容。
で読み始めてしまった昭和柔侠伝。
バロンさんをご存知の方には、何を今さら!かも知れませんが、
画力の凄さ、センスのよさ、物語の重厚さ、面白さ。
すっかりバロンさんに魅了された私です。メロメロ。
たまらず仕事をエイヤッと切り上げて(…たつもりになって笑)ホイサッサと
襖絵制作中のバロンさんにサインしてもらいに高台寺、再訪。

15_20180308220104953.jpg

とても柔和でチャーミングな方でした。
そして、写真みると、顔が似ている気がしました。笑

そして寺田克也さんにも再会でき、少し歓談。
距離感も近づき、ホホッ浮かれてたら、が、しかし、
靴下、穴あきそうやでー
とご指摘いただきまして、見たら確かに危なくて、
穴があったら入りたかったけど穴があかなくて良かったです。
もー、恥ずかしいやら、いいネタもらったやら。

まあ、私の穴はともかくとして。

とても力ある作品群です、ぜひに。

◎ 春の特別展「バロン吉元/寺田克也 バッテラ展」

 期間:2018年3月9日(金)~5月6日(日)
 場所:高台寺 方丈・北書院

さて。

14_20180308220103dc3.jpg

実は3月3、4日とチェコ・プラハにて行われた
日本の祭りという催しのポスターデザインをさせていただきました。
この仕事の依頼を受けたのが年末。
実際制作にかかったのは新年早々。
新年から、こんなにもワクワクできる仕事にありつけて、
本当に嬉しかったです。
新年早々、やったるでーー!ってね。

831_2.jpg

依頼を下さったのは、一昨年、イタリアでの催しを企画されて、
私も参加させていただいたJFFさま(上の写真はそのときの写真です)。
今回のプラハで開催された催しの主催もしてらして。
縁がこうして続くことにただただ感謝です。

今年はチェコ建国100周年の節目。
またチェコはアルフォンソ・ミュシャの故郷。
100周年を祝い、またアール・ヌーヴォー、ミュシャをイメージして。
とのリクエストでした。

16_20180308221448146.jpg

ミュシャことムハは
(ミュシャはフランスでの呼び方でチェコではムハと言われているそう)
私がとても好きな画家です。
卓越した画力で描ききる、装飾的で躍動感ある絵の数々。
私にとってミュシャは、
とても同じようには描けない、でも、ずっと影響を受け続けたい、
遠い異国の、永遠のスタ-。

依頼を頂いて、喜んだあとに、不安になって笑。
真っ先に連絡をしたのが
私のサラ・ベルナール、ダンサーのminoriちゃん。
イメージをわかせるために
何枚か写真を撮らせてもらいました。
結局描いてるうちに女神は表情を変えていき、
また情報がかなり多かったので
小さくしか描けなかったのですが、
minoriちゃんの写真が手元にあるだけで
なんか不安は薄まり、やれる!っていう気になれました。

minoriちゃんいつもありがとう。

13_2018030822255337b.jpg

JFFさんも、私の的外れな質問等々にも
ほんとうに丁寧に付き合ってくださり、
まーーーーーったく意味がわからない
チェコ語の壁にも、割とすんなり挑むことが出来て
果てしないやりとりの中で
それはもちろん大変でしたが
充実したとても愉しいひとときで…
ポスターはできました。

で!

3/3、4と無事にプラハにて盛大に開催されました!
日本人とプラハの方たち総勢150人の催し。
残念ながら私はプラハまで行くことはできませんでしたが
今回のお祭りの参加者であり、私のあこがれの女性
琉球舞踊の木村清美さんが忙しい中
ポスターの写真を送ってきてくれたーー!

17_20180308225025873.jpg

イタリアで、たくさん笑いあった
笑顔がひまわりのような、木村清美さん。
ありがとうございます!
いつか清美さん、描きたいな。

14_20180308225346c14.jpg

プラハにて。
私の描いた絵が。ポスターが。
あったこと。

わすれません!
ああ、うれしい!!

18_2018030822502723c.jpg

JFFのみなさま、参加者の皆さま、
おつかれさまでした!!

19_20180308231006cfe.jpg

原画、只今個展にて飾っていますので
是非みにきてくださいね。

  1. 2018/03/08(木) 23:06:10|
  2. チラシつくったのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご案内ご案内

続くといって。
続けないことも多い私のブログ。

いえいえ、続き、きっとすぐ書きます!

というわけで。


■ナカガワ暢個展 其の九
「梅と六人の女」

3_20170208190927240.jpg


2/20~3/25
(初日2/20は14時閉店となります)
於 上七軒北野天満宮・喫茶梅
上京区真盛町696 075-463-3070

ナカガワは毎週土曜10時より在廊しています。

諸事情により初日は14時閉店になりました。
お越しいただく予定でいてくださった皆様、
本当に申し訳ありません!

■2月10日~12日 古書会館de古本まつり

古書de
開催日 :2017年2/10(金)~2/12(日)
場 所 :京都古書会館3階
604-0882京都市中京区高倉通夷川上る
京都府古書籍商業協同組合内
営業時間:10時~17時
お問い合わせ 古本まつり事務局080-6141-7925
 
屋内古本まつりはゆっくり選べてありがたや!

■The Unforsaken <タイロン橋本vo,g & ヤヒロトモヒロ>
3/21~3/26 西日本ツアー 
Unforsaken2017_1-1.jpg
Unforsaken2017_1-2.jpg

The Unforsaken <タイロン橋本vo,g & ヤヒロトモヒロ>
3/21~3/26 西日本ツアー 
うねるリズムから回転する世界へ、ようこそしなやかな音楽空間へ
ツアー詳細:http://tomohiro.yahiro-blog.main.jp/?eid=1432561 

スティービーワンダーか!ッて突っ込みたくなるよな、タイロンさん。
音の強さとか幅とか、ほんと、すごいヤヒロさん。
ワールドワイドなふたりの音は
どんなひとでも、ぶっ飛びの快感に引き込んでくれます。

■『CANOPU ENSEMBLE ~春の音楽会~』
―星の欠片で星を作るように、音のモチーフを拾い集めて音楽を作る―

canopu2017-1.jpg
canopu2017-2.jpg


CANOPUの音楽もまた、心ざわつかせる、
吸引力ある、素晴らしい音楽です。
彼らの音と戯れるように音をつむいでいく感じがまた
いいんだなあ。

【2017.03.04(土)】『CANOPU ENSEMBLE ~春の音楽会~』
出演|piano 日吉直行 / vocal 白石翠 / guitar 野津昌太郎 / bass 白石宣政 / percussion ユカポン
会場|城下公会堂
(〒700-0814 岡山県岡山市北区天神町10−16 城下ビル 1F)
時間|open19:00 start19:30
料金|予約¥3000 当日¥3500 学生¥1000(drink別)

【2017.03.05(日)】『CANOPU ENSEMBLE ~春の音楽会~』
出演|piano 日吉直行 / vocal 白石翠 / sax 大石俊太郎 / bass clarinet 八巻志帆 / guitar 野津昌太郎 / bass 白石宣政 / percussion ユカポン
会場|青谷音楽堂
(〒657-0823 兵庫県神戸市灘区天城通8丁目5-19)
時間|open15:30 start16:00
料金|予約¥3000 当日¥3500 学生¥1000(drink別)

というわけでお知らせでした。

お江戸の話はまた近日中にアップしますね。
  1. 2017/02/08(水) 19:28:47|
  2. チラシつくったのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅と六人の女 其の九

■今年もします、上七軒に梅の香、舞うころ。

ナカガワ暢個展 其の九
「梅と六人の女」

17_20170126102246924.jpg

2/20~3/25
於 上七軒北野天満宮・喫茶梅
7:30~16:00
上京区真盛町696 075-463-3070

ナカガワは毎週土曜10時より在廊しています!

■Bert SEAGER TRIO TOUR 2017

柔らかく詩的な音の連なり、重なり。

20_2017012610225143f.jpg
21_20170126102252065.jpg

繊細な音をドラムで表現する池長さん。
そのイメージとなんかちがうんやけど、
とにかくおもしろい方なので
一緒にフライヤー作るのはいつも楽しいです。

■VOCAL NIGHT
若手ヴォーカリストたちが歌って歌って歌う夜。
第6回 VOCAL NIGHT
マイア / pod'z / 山口真衣花 / Mayumi★ / 番匠谷紗衣 / 内川樺月  サポートパーカッション Dr,foo
GUEST 山口レイヤ ft.Mayuko(key)
開場16:15  開演 17:00  前売 ¥2500  (飲食代金別途要)
協力 :UDM ウルトラ ダンス マーケット,ORC200ヴォーカルクインコンテスト

18_20170126102248b37.jpg
19_20170126102250609.jpg

エイエイオ!と楽しく描きました。

と、最近作ったものとか個展の案内でした!

  1. 2017/01/26(木) 10:34:25|
  2. チラシつくったのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

このチラシ、あのCD。


■第40回記念秋の古本まつり-古本供養と青空古本市-

2016秋a4-1

「第40回記念秋の古本まつり-古本供養と青空古本市-」
開催日 :2016年10月29日~11月3日
場 所 :百萬遍知恩寺境内
〒606-8225 京都府京都市左京区田中門前町103
営業時間:10時~17時(但し10月29日は古本供養終了後開店)

毎年恒例カレンダーも配布されます。

calender2017.jpg

京都古書研究会さんの絵を描いたりデザインしたりしながら
季節をかんじる、私です。
ありがたいことやなあ。しみじみ感謝です。

http://koshoken.seesaa.net/

■それぞれの猫展
hagaki2016-1.jpg

それぞれのネコ展
2016年10月22日(土)~30日(日)(会期中無休)
11:00~18:30(最終日は17:00まで)

アートステージ567
604-0863
京都市中京区夷川通烏丸西入巴町92
(地下鉄・丸太町⑥出口・歩1分)
tel./fax:075-256-3759
URL: http://567.gr.jp/

今年も参加しています。

■原田伸郎さんライブ

伸1015-1

「原田伸郎 65th Birthday Live」
開催日時 2016年10月15(土)
開演・会場 開演:17:30 / 開場:16:30
場所 京都 「ライブハウス都雅都雅」
チケット 前売:4,000円 / 当日:4,500円
全席自由席(別途2オーダー)

ノブロウさんのチラシ作れるなんて!感激でした。

■ STELLA LEE JONES / ESCAPE FROM REALITY

FRONT_omote.jpg

STELLA LEE JONES / ESCAPE FROM REALITY
ステラリージョーンズ/エスケイプフロムリアリティ
税抜2800円(税+本体3024円)
DIZZINESS RECORDS SLJ-002
2016.11.16一斉発売予定
10/16吉祥寺シルバーエレファント
レコ発記念ライブにて先行販売

こういう絵を私が描くのは意外な人もいるみたいで。
でも私は描いていてこういう絵!描きたかった!と思う自分に気づいたり。
メンバーの皆さんとたくさんやり取りを重ねてできたCDです(ちょっと涙目)。

■警視庁捜査一課9係 -season11- 2016 DVD-BOX

実は実は実は、特典DVDパッケージに私の絵を使って下さってます。
うふふ。ぐふふ。
画像をアップしたいところですが、買ってくださった方、お楽しみ下さい♪


■ ■ ■ ■ ■ ■

秋の夜長。
NINA SIMONEなんて聞いてます。

昔働いていたおみせ、MDカフェで知った歌手。
男のような野太い声なのにどこか軽妙。

イタリアで知り合ったカップルが新婚旅行でこないだ
京都へやってきました。
その方も音楽好きでわたしがNINAが好きと知って
おみやげにCD持ってきてくれたんです。
さすがイタリア人。
することがおしゃれ♪

イタリア経由の彼女の歌声は、なんかちょっとだけ
ラティーナな気がしました。

scan_0001_20161004193843085.jpg
  1. 2016/10/07(金) 00:42:31|
  2. チラシつくったのだ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。