FC2ブログ

暢気眼鏡の日々

京都市在住のイラストレーター、ナカガワ暢の日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

滑り込んで今年はお世話になりました。


PA187227.jpg

先日、お世話になっているデザイン会社の忘年会に行きました。
およそ40人でつつく鍋。
360度見渡す光景は、ビール注ぐヒト注がれるヒト、
立ち話が止まらないヒト、百戦錬磨鍋奉行、椎茸ばかり狙うヒト(私)、
みんな赤ら顔でワイワイ、これぞ、ザ・忘年会。
社員体験のない私は、ビール注ぎアイっこプレイが楽しくって、
ついついのみ過ぎてしまいました。ヌハハ。
スーパー戦士ぞろいの会社の皆さんはスピーチも粋で面白くて楽しくて。
一方、わたしは、スピーチにて日頃お世話になってる方の面白エピソードを暴露して
自分で言って自分でヒイヒイ大爆笑。
あかんやつです(苦笑)。そんな私も優しく包んでくれる、最高の忘年会。
〆の社長の、はにかみながらの社員のかたや私たちへの
愛ある言葉にこころがほっこリと温まった夜でした。

さて。
日々、にやにやSNSをサクッと更新するようになってから
見事に、ブログが途絶えてしまいました、軟派な私です。
いやいや、だからこそ、大晦日にサクッと更新しちゃおうぜ、
という魂胆が、さらに軟派だな。すみません。

ブログに綴りたかったことはいろいろあって、

祇園Rinkenさんでの個展のことや
京都新聞カレンダー2019のイラストを描かせていただいたことや
映画「輪違屋糸里」パンフレット裏表紙に私のイラストを載せていただけたことや
ほかにもいろいろ。

今日全ては書ききれぬので、
Rinkenさんでの忘れがたい思い出だけでも書きたいとおもいます。

Rinkenさんの個展では多くの方がお越し下さってうれしかったのですが
そのなかにAさん、私の大学時代のバイト先の店長が来てくれました。
割と厳しい店長さんだったけど、ナイスガイでキレモノ若店長だったAさんは
バイト先では結構モテて、バイト仲間のメヒョウちゃん(笑)が
目をギラギラネトネトさせていてびっくりした覚えがあります。
全く相手にされておりませんでしたが。
私がバイトをやめた後も個展に顔を出してくれたり一緒にごはん食べたり
いつも気にかけてくれてご夫婦で仲良くしてくれました。
この個展では久しぶりにお会いできて、しみじみと
「もう、中川は、だいじょうぶやなあ」と言ってくれて、
なんかじーんときました。
そんなAさんが「今日はいっとかなあかんことがあるんや」と
ちょっと真剣な顔で話を切り出しました。
私より少し上のAさんは、先日、会社を辞めて
ある島にご夫婦で引っ越して、島の林業を手伝いながら
自給自足の生活をして生きていく事に決めたそう。
年齢的にも、スタートするなら、一刻も早くと。
だから、もう個展はなかなか来れないな、と。

Aさんご夫婦は、自然が好きで
自分の歩みを大事にするおふたりで
でも、それは大変な決断と言うことはわかりました。
「リスタート、するわ」という言葉が耳に残りました。

いつかきっと、その島に行くね、と約束をして別れるとき。
私は唐突に、あることを思い出しました。
大学時代、新人イケメン店長のポケットに納まっていた
ポ-ル・スミスのカラフルでオシャレな財布。
わー。おしゃれだなあ、なんて思っていた財布。
いま、Aさんの使う財布はポール・スミスなんてこじゃれた財布ではない気がする。

「今、どんな財布使ってるんですか?」

Aさんが笑いながら出した財布は使い古されて茶色くなった
遠い昔に私が見た、その、ポール・スミスの財布そのものでした。

最高やん。

と思いました。

今年もまた、いろいろな方に本当にお世話になりました。
本当に本当にありがとうございました。
個展ではひげをつけたり、ベリーダンサーminoriちゃんとコラボしたり、たくさん遊んだりもしました。
人とつながることで自分だけでは生み出せない色々があることをあらためて実感した一年でした。
去年無事迎えることができたナカガワ暢画業10周年。
今年は11年目ということで身に余るお仕事も色々と頂きました。
でも、割といっぱいいっぱいギリギリセーフと、いう感じの一年だった気がします。
来年は私にとってもあらためて「リスタート」の一年として、よりお仕事にガッツリ向き合っていけたらと思います。
もっと、一つ一つに寄り添えたらな、と思います。
暢気さは忘れずにね。

来年もどうぞ宜しくお願いします。

ナカガワ暢





スポンサーサイト
  1. 2018/12/31(月) 13:00:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

特捜9最終回

夢を見てたよにあっという間。
それが今クールの特捜9でした。

12_20180613003020e4f.jpg

去年の渡瀬さんの死。
私ですら頬を思い切りぶたれたようなショックを受けて。
つまりそれだけ、人の心の奥深くまで沁み込む
魅力を持った唯一無二の偉大な人で。
渡瀬さんの死は、はたから見ても、
痛々しいほどに9係のキャストの皆さん、
スタッフの皆さんを深い悲しみに突き落としました。

そんななかでやり遂げた去年。

渡瀬さんのいつも言っていた言葉。
「一人でも欠けたら9係ではない…」

もう次はないかもしれない。

一年前。私は思いました。

だから続投の話を聞いたときは
少女漫画ヨロシク視界に花が咲きました。
ちょっと泣きそうでした。
「特捜9(ナイン)」というタイトルを
聞いたときはちょっと笑ってしまいました。
金丸さん(プロデューサー)は
結構いいタイトルと思うんだよ、といいました。
そして金丸さんはこのとき
このメンバーでこのドラマをまた撮れることは、奇跡だと思う
とポツリと言っていて
ここに漕ぎ着けるまでたくさんの苦労があったんやろうな、
奇跡を起こしてくれてありがとう、と思いました。

一話目の台本(準備稿)を読んだときは、深沢正樹さんの脚本に震えました。
そこには9係から特捜9へと変わるドラマが
鮮やかに描かれていて深沢さんの
真骨頂を見た(読んだ?)気がしました。

わたしはその内容をふまえ、
桜舞う中、再び集結する9係メンバー。
新たに加わる 宗方班長そして新藤刑事。
小宮山さんの持つスマホの向こうに加納係長。
そんなイラストを描きました。

そして私のイラストの表紙で届けられた第一話の台本は
スタッフみんなで推敲を重ねられ、さらに素晴らしいものになっていました。

飄々としているのに重みのある寺尾さん。
空気が読めないキャラのようで
驚くほどに礼儀正しく謙虚な山田さん。

12年一丸となって作り上げたチームに
驚くほど自然に溶け込んでくれました。
その背景にあったであろうプレッシャーを思うと、
もう、ただただ、感謝しかありません。
そして、おふたりの役者としての
凄さに舌をまきます。

そして。9係のメンバー。
キャストの方も、スタッフの方も。
気迫、すら感じられる、毎回の面白さ。

このメンバーでドラマを撮れることが、奇跡だと思う

そんな思いがひしひしと感じられて。

同時にみんなが全力で加納係長を
生かしている、ようで。

この必死さは
ここで加納係長は、渡瀬さんは生き続ける
と言っているようで。

私は今期の特捜9で、
なんていうんだろう、
最大級の愛の体現を見ているような気がしました。

さて。
ありがたいことにそんな特捜9は
高視聴率にも恵まれて評判も好調。
そして最終話が明日です。

11_20180613003018e19.jpg


なんと。
最終話の、めちゃくちゃいいシーンの
撮影にわたしは立ち会うことができました。

テイクのたびに泣いてしまいました。
最近涙もろいな、私と、
周りを見たら、周りも泣いていました笑。

それは、あたたかい、だいじなひとを
ハグしたくなるような、シーンでした。

9係は1度解散し、
そして新たなかたちで
再び特捜9として集結する。

最終話の物語は
そのまま事実と重なります。

そして、そこには係長もいます。

ぜひ、見届けて下さい。

打ち上げでね、
ある人がいいました。

たとえオンエアがなくなったって。
毎年このメンバーで集まって
このドラマを撮りたいと。

係長が苦笑いをしている気がしました。

  1. 2018/06/13(水) 00:34:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年もありがとうございました!

この一年、本当にあっという間でした。
でも充実した一年でもあり、
お世話になったかたたちもたくさんいて。
恵まれているなあと、ただただ感謝のナカガワ暢です。

今年最後のブログ何を書こうかと迷いまして。

一年を軽く振り返ってみる事にしました。

1月
・月刊Meets at home様ページに絵を描かせてもらえた!

23_201612311300566cf.jpg

Meetsさんにこの一年絵を掲載していただきました。
誰もが知っているMeetsさんに絵を載せていただけること嬉しかったし、
取材もたのしかったです!

at home vox


・福島三春に旅へ
今年はいろいろ旅しました。
三春へは、カッコいいし、おもしろいし、何より超絶絵がうまい寺田克也氏の
トークショーへ。

32_201612311300588e6.jpg

35_20161231130100c6b.jpg

夢枕獏さんのおかげで寺田克也さんとも縁ができ、
もっと絵がうまくなりたい熱が湧き上がったのでありました。
三春だるま絵付けも堪能。

41_20161231131003d25.jpg

あと正月にアップした兄の後姿が怖いと何人かに言われました。
この後姿に似合わず、妹思いのいい兄ちゃんです。

4_20161231131005663.jpg

■2月
・個展 梅と六人の女 其の八 @北野天満宮 上七軒喫茶梅

毎年恒例のわたしの個展です。
喫茶梅の常連さんも優しくてまるで家族のような。
来年は2/20から。

この写真は梅さんでのお菓子女子会記念写真。

22_20161231132150b62.jpg


■3月

・警視庁捜査一課9係 お祓いに初参加
キャスト・スタッフの皆様と東京大泉撮影所でお払いしてきました。
この日はわたしが大好きな吹越満さんは男子トイレの中でポスター撮りをしていました。
仕上がった写真はトイレの中の写真なのにかっこよかったです。
そういえば、青柳はトイレがらみが多いな。

・東女と京女@拾得

25_20161231131704fe4.jpg

29_20161231131845b49.jpg

33_20161231131705991.jpg

最高にかっこよかったエンタテイメント!
これからも一緒に仕事がしたいし、描いていきたい人たち。
(最近たまーにベリーダンスするの?とかいわれます。しまへんがな)
身近に一流の表現者がいるってしあわせだ、わたし。

■ 4月
・屋台ラーメン楽しむ舞妓さん

P5050304_20161231133319dc1.jpg

わたしの中でもチョットお気に入りの一枚なんですが
この絵をかざって下さっていたラーメン屋さん「一神堂」が一時閉店(涙)
でも本店東龍などでも私の絵を使っていただいています。
女性でも食べやすいこってりが胃にもたれない美味しいラーメンです。


東龍


・人生初めてのお茶屋遊び

32_201612311340123a8.jpg

舞いも美しく、憧れのトラトラもできて。
Mさん感謝でした。

■5月

・春の古書大即売会@みやこめっせ

33_201612311350497d2.jpg

線であまり表現せず色で表現してみたり字も手描きに
してみたりといろいろ冒険してみました。
来年はどうなるかな?
いま目下制作中です。乞うご期待!ドッキドキ!

・9係9話漫画イラスト担当&エキストラ出演

漫画を描くのが想像以上に大変でいい勉強になりました。
これ以降、漫画を読むとき自然と眉間にしわがよるのです。
エキストラ出演に関してはみんなが見たよ!と言ってくださってうれしかったです。

ドラマに漫画としていたるところに私の絵が出て、私自身まで出て。
異常、じゃなくて貴重な経験をさせていただきました。
脚本家の岡崎さんとも仲良くなれて。
知れば知るほどキャストの方もスタッフの方も最高。
9係、最高。

Cjwa48_VAAAn-xs_20161231135552260.jpg

P5110319_20161231140001dc3.jpg

P6010332_20161231140002c99.jpg

写真の最後の一枚は仲良し仲間と9係9話をオンタイムで一緒に見たあと、
殺人現場を目撃したときの表情をしてもらったもの。
それぞれなんかズレてる感じが大好きな一枚です。

■6月
・イタリア・サンジェミニへ

13_201612311403410cc.jpg

イタリア屈指の水の産地サンジェミニの「文化のまつり」という催しに参加してきました。
こののぼりがサンジェミニじゅうにたなびいていて。
それが私の絵なもんだからうれしかったなあ。

19_20161231140613789.jpg

9_20161231140615656.jpg

行ったのはイタリア・サンジェミニとローマ。

日本とはまったく違う360度すべてに
カラダがもうとにかくワクワクして何もかもが刺激的で。

こんな感動を私も発信したいい!と思いました。

■7月
・どきどききのこフェスティバル@阪神梅田
そう、わたしはきのこと縁が深い女。

69_20161231141235990.jpg

いろいろな方が来て下さりありがたかったです。

今回はわたしが大好きな絵描きさん大竹茂夫さんも参加していて。
冬虫夏草のコレクションをみんなで見て。

74_201612311412371ad.jpg

いつもにまして打ち上げもおもしろかったなあ。
ライターの堀さんもわたし大好きなので
これまた至福のときでした。

■8月
下鴨納涼古本まつり

49_201612311421307a3.jpg

暑いんですけどねえ。
そんななか、運命の本を探すのがやっぱり楽しいです。
で、やっぱりお世話になってる皆さんに会えるのが嬉しい。

■9月
・信州ジャズ民 藤井学トリオ

34_20161231142714395.jpg

信州までいつもライブの絵を描きにいきます。

うわさには聞いていた藤井さんのドラム、やっぱりかっこよかった!

CD発売はもう間近。
今回より私が全てのデザインをしています。

https://www.facebook.com/shinsyujazzmin.info/

是非お買い求め下さいね。とてもお買い得です。

■10月
それぞれのネコ展

35_20161231143424e0c.jpg

こちらもたくさんの方にお越しいただき、うれしかったです!

36_20161231143640318.jpg

この絵をツリーの形ってわからない人もチラホラいたな。
この絵のような方向性で、描きこむわけでなく、でもチョッとおもしろい絵、も
描いていきたいと思います。

■11月 

・秋の古本まつり@知恩寺

2016秋a4-1

この絵はイタリアがえりでチカラ入り過ぎちゃいました。
いろいろと講演会などなさっていたのに
いそがしくてちっともいけなかったのがチョッと残念です。

・輪違屋糸里

37_2016123114420291d.jpg

おかげさまでグッズ販売の収益の一部で
撮影現場にいろいろと差し入れしたり
余ったお金は製作をしている
銀幕維新の会におわたしすることができました!
ありがとうございました。

映画に関してはもうチョッと目処が立ってから
可能な範囲でまた書いたりしようと思います。

■12月

30_2016123109131969f.jpg


・しあわせを編むクリスマス展 企画等

自分の絵を展示するでなく企画協力するというのは
初めての経験も多く、おろおろし通しでしたが
貴重な経験がいろいろできました。

■ ■ ■ ■ ■ ■

ここに描ききれなかったいろいろ。
まだまだあります。
今年も本当にいい一年でした。

私に絵を描かせてくれるひとがいるから
私はこうして何とか絵を描いて生きられています。

ありがたいことです。

来年もいろいろお話をいただいていて
どきどきワクワク。
どうぞ来年もよろしくお願いします。

みなさまがよい歳を迎えられますように。

          ナカガワ暢








  1. 2016/12/31(土) 15:00:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あなたをおもい そしていのる

20140311_me.jpg

みなさん。こんにちは!
きのうも今日も、ちょっと寒いけれど、
いいお天気ですね。

そう。きのうは3月11日。
あの日です。

きのうは、マルティナさんといっしょに
京都市役所前で編み物をしていました。
マルティナさん
震災以降、
「毛糸にふれればみんなしあわせ」
という思いから気仙沼に
住民票まで写し、会社を立ち上げられたかたです。

20140311_720866_mini.jpg
(マルティナさんのブログより)


つい先日、京都新聞、NHKテレビ放送でも
とりあげられたそうで
京都新聞
すっかり人気者のマルティナさん。
いっしょにいても声かけられる方が多くて驚きました。

マルティナさんとは長いお付き合い。
だけどつい最近、再会したんです。
過去ブログ

そんなマルティナさんと、素敵な仲間たちと
2014.3.11。
日差しが気持ちよく、でも、こころがときにきりきり痛む
この日、この時間。
いっしょにすごすことができました。

20140311_720867_mini.jpg

あの日の未曾有の大地震は大きな爪あとを残し、
原発事故はいまだつづいています。

わすれないこと。
そして、いまをこんなに豊かに生きられることに 感謝すること。
同じ空の下で、あの日から、壮絶なたたかいを強いられ、
いまなお、たたかいつづけるひとたちを、おもい、いのること。

ぺちゃくちゃおしゃべりしながらも、
そんなおもいはひとつに。

あ。わたしをしってるひとは
上の「あみものをしていました」の一文に
ひっくりかえったかも?!
ええ。わたし。不器用です。
編みものなんてできまへん。

でも、2014.3.11。
はじめのいっぽ。
編み物をポカポカ陽気の市役所前で
マルティナさんに教わりました。

KC3H0026.jpg

編み進めれるんやろか。
ちょっと心配です。でも編むの、とってもたのしかったです。
マルティナさん。優しく教えてくれてありがとう。 

わたしナカガワ暢は、これからも
石巻や気仙沼に毎年行こうと思います。

へっぽこイラストレーターがひょろっと伺うだけで
「復興支援」になる、なんて、おもいません。

でも。それがわたしなりの、あなたをおもい、いのること。

さいごに。
マルティナさんといっしょに動いているプロジェクト
(また案内しますね)の仲間、OさんとMさんがくれた個展祝いにくださった
すてきなはなの写真。
DSCN0625.jpg

そして。去年。
いきなりのおねだりにもかかわらず
石巻の散髪屋さんで粋な演奏をしてくれたファンファーレ・ロマンギャルドのみなさん
の映像も、も一回アップしようかな。



2014.3.11.でした。


  1. 2014/03/12(水) 09:39:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

笑の大学

私は「物語」が、大好きです。
笑いの大学小

映画・舞台・小説…。
数え切れないほどたくさんの物語に心奪われてきました。

そんな私の大好きな物語の1つ。
三谷幸喜氏作・舞台版「笑の大学」を紹介したいなと思います。

<物語> 戦時体制時代。笑ったことがない厳格な検閲官(西村雅彦)は
、上演不許可の判を押し続けていた。
喜劇座付き作家(近藤芳正)にも「このままでは上演不許可だ」と言い渡す。
台本から笑いを排除しようとする検閲官と笑いを忍ばせようとする作家の戦いが始まった…。



私はこの物語を高校の頃、兄が録画していたビデオでみました。
何度も何度も笑い、そして、最後には、感動してオイオイ泣きました。
一部屋でくり広げられる2人芝居が
私の心をわしづかみにして、その後
数え切れないくらいこの舞台を(ビデオでだけど)観ました。

検閲官は喜劇作家に何度も何度も書き直しを命じる。
そして喜劇作家はそのたびに書き直しをし、
かつ、前回より必ず、おもしろい台本に仕上げてくるのです。
喜劇作家は仲間内では、検閲官の言いなりになりやがってと
ひどい仕打ちも受けます。
それでも彼はただひたすら、おもろいものを描き、ただ戦うのです。

三谷幸喜氏もTVドラマの脚本を作るうえでたくさんの制約があったと
どこかで読みました。でも彼はその制約をうけて尚、物語をさらに面白く
造り上げていったんじゃないか。この座付き作家・椿のように。

私はこの舞台を観てから、架空の人物である(モデルになった方はいるそうだけど)
椿の心意気に心酔するようになりました。

依頼を受けて絵を描く私は、依頼してくださる方と絵の方向性が
一致しないことも多々あります。
そんな時。
自分らしさを貫きつつ、依頼してくださる方の求めるものを描く。
コレが私の目指す、仕事スタイルです。
もちろん、あくまで、私の目指す仕事スタイルであって、
人に流されない、唯我独尊的表現者もかっこいいとは思うんですよ。
でも私は椿さんみたいになりたいなと思います。
おっと。無論、私に絵を頼んでくれはる方には感謝感激アメアラレで
検閲官と一緒にしてるわけではないのです。
ただ、この「椿さん」はわたしが迷うとき、
ヒントを与えてくれる私の中にいる大事なヒーローなのです。

あー。願わくば、この舞台を実際に見てみたいものだ。
でも、舞台やライブはなまもの。
観にいけなかった、というこの悔しさも
良さの1つなんですよね。
コマッタコトニ。

img_277677_19122658_0.jpg


  1. 2013/01/19(土) 13:00:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。